妊娠・出産・育児まかせなサイト ピジョンインフォ

zaregoto 育児編
blog.pigeon.info/zaregoto/

子育て等に関する戯言。ちょっぴりオタ風味。
ようこそ、ゲストさん  | Pigeon.info BLOG TOP | ログイン
お気に入り画像
長女・りーたんは2005年8月誕生。次女・ゆーたん(旧称:子分)は2008年7月誕生。現在家族4人で週休二日実施中。
by hyo
 ブログ内検索
 
 過去記事一覧
 ・ 2020年終わり…
 ・ 新型なんちゃ…
 ・ 半年ぶりにす…
 ・ すっかり季刊…
 ・ 平成最後の
 カレンダー表示
 2022年 01月 
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
 
 ・ 2022年03月(0)
 ・ 2022年02月(0)
 ●2022年01月(0)
 ・ 2021年12月(0)
 ・ 2021年11月(0)
病院選びから始まり
  | 出産・赤ちゃん誕生 | 2006-06-15 01:28 |

分娩施設わずか3千カ所、産科医は8千人に減 学会調査(朝日新聞)と
産婦人科医いない、施設ない…自治体の8割「出産ゼロ」 04年、道が初調査(北海道新聞)
て記事を読んでつらつらと脈絡なくまとめずに思うことを。

ゅんさんちとかミチキティさんちの話とか、100km離れた大きな町の産婦人科に始発電車にのって通っていた知り合いのことを思い出したり。

記事にも書いてあるけど少子化だからこそ出産施設と出産後のフォローをする小児科って重要視されるのにそっちも数が減ってどうするよ。間違いなく悪循環だよなぁ。数が減って質が上がるならまだしも(よくないけどね)、質も下がるのは勘弁してほしいです。

私はさして深く考えず実家の近所にある産婦人科を選びました。(平日日中だけだけど)小児科も併設されているし。絶賛する程でもなければ、さしたる不満もなく。

出産前、義母が「××病院は良くないって。○○病院は店のお得意さんが元婦長をしていて云々」と通っていた××病院でなく同じ区内の大手総合民間病院の○○病院を勧めていたのを思い出し。

もしこの先二人目ということになったら、またそっちを勧められるのかぁとちょっと憂鬱 orz。○○病院の評判は悪くないし、知り合いも何人かそこで出産しているのだけど、引っ越したから遠いのですよ。多分、実家と今の(今度の)住居が近いから、という理由で××病院になりそうな気がする。あ、今はりーたんだけを可愛がりたいのと仕事と資金計画のこともあるし、あと2~3年は空けるつもりです(誰に言っていますか)。なので今考えても杞憂にすぎないのですけどね。

そういえば、アカチャンホンポとかベビザラス、ジャスコでベビ連れを大量に見ていると本当に少子化(北海道は特に)なのかと疑いたくなりますが、多分そうなんでしょうね。小学校のクラス数が減っているという話も聞くし。

知人達が少子化問題と結婚問題を取り上げて論じるのを端で見てきて結構考えさせられることもあります。その一方でりーたんの親としては、小難しいことはすっ飛ばして、りーたんを安心できる環境で育てたい、というのがあって。その環境の中には病院施設や相談施設も含めてます。だから質だけは決して下がらないでほしいな、と思う次第。

いや、まぁ、医療機関の質に関して言及する以上、私のスキルにういても自省しなきゃいけない点は様々あるのは重々承知デスヨ。そして、私が、りーたんにとって有害な親にならないように気をつけねばいけないんだよなぁ。

と、最初の出だしから全く関係のないところでこの話は終わりデス。



by hyo | トラックバック(0) | コメント(5) |
トラックバックURL :
http://blog.pigeon.info/tb.cgi/zaregoto/047769
コメント
hyo さんより
これまたコメントつけづらい記事にたくさんありがとうございます(ぺこり。

だやんさん>
いわゆる二極化なんでしょうかねー。私の周りにも二人、3人兄弟は結構多いです。
確かに近年の物騒な事件を見るにつけ、この先に不安を感じざる得ないですよね。そういう理由で「産まない」という選択肢を選ぶのもありだと思ってます。数年前まで私もそういう考えでしたし(^^;。

ミチキティさん>
ダンナと、りーたんに弟妹は欲しいよね、と話しております。私もダンナも二人兄弟(姉妹)なのでいるのが標準というか(^^;。
本当はもっと早く子供を産めば体力的には楽だったのでしょうけどねー子供を受け入れる気持ちになるまで時間がかかりすぎました(笑。

アキポンさん>
里帰り出産の方も含めて、途中でかかりつけを転院となると不安ですよね。知り合いの方、いい病院に出会えるといいですね。
小児科や産婦人科、少ないから集中しちゃってるんでしょうかね。公園や買い物に出かけたら必ず子連れに遭遇してます。

なーさん>
私の小学校時代、40人1学年5クラスとかザラでした。今は2,3クラスしかないそうで。空き教室多そうだなぁ(笑。

実は低収入でも出産、子育ては何とかなっちゃうのではなかろうかと。出産一時金・児童手当の制度、リサイクルショップや公共施設(子育てサロンとか)を利用すればお金自体はそんなにかからない。3人子持ちの同僚によれば「二人目を産んだからといって養育費が単純に2倍になるわけじゃない」そうで。
「お金が・・・」というのは、夫婦の娯楽教養費を養育費に回したくないのもあるのではなかろうかと。

「産めよ増やせよ」でなく、少子・超高齢化を前提とした対策もしっかり考えて欲しいところでありますよ。
at 2006-06-16 23:48 削除
なー さんより
一人っ子の母です~。
少子化問題、結婚やら経済やら地域やら・・・いろいろと論ぜられていますが、「間違いなくコレのせいだ!」っていうのはないよね^^;
ウダウダと100%答えのないことに時間を費やすくらいなら、まず間違いないであろう「保育所・託児所の充実」とか「産婦人科・小児科の充実」とか「不妊治療への保険適用拡大」とかしようよー!って思うワタクシですm( _ _ )m

人様のブログで語らせてもらうのもナンですが・・・「金銭的ユトリ」のせいで「産まない」っていうのが、個人的に一番嫌な理由なんですよね・・・。
じゃあお金を出すから子育てしなさい・産みなさい。となった時、果たして本当に産むのかしら!?
しかも経済的な充実度って人それぞれだし。
「子供3人ほしくって~3人とも海外留学させたくって~」なんて考えだったら、そりゃあイクラあっても足りないわけでしょ?
もちろん、切実に「低収入のせい」の人もいるんだろうけど・・・。
なんだか問題が擦りかえられているような気がするんですよ。。。^^;

産む人、産まない人。いろんな人がいていいじゃんねえ!?

人様のブログコメントで、熱くなりやすい私・・・。
長々と失礼致しましたm( _ _ )m

(小学校のクラス、私が知っているところは30人前半ってザラでしたよ!
班も4~5人くらいなの☆
で、1学年2クラスくらいなの☆☆)
at 2006-06-16 01:07 削除
アキポン さんより
産婦人科、ホント少なくなってきてますよね。知り合いの方の奥さんも、一人目を出産した総合病院の産婦人科が閉鎖されるので、二人目の赤ちゃん(妊娠中)のための産婦人科を探していると聞きました。大きな病院でさえ、そんななのですから、小さな個人病院なんてもっと危機的状況でしょうか。
でも、産婦人科や小児科に行くと、どこが少子化?と思うくらい、いつもいっぱいなんですよね。不思議~。
at 2006-06-15 23:42 削除
ミチキティ さんより
病院の質が低いと安心してかかれませんよね。私もこの前の検診では本当にガッカリしたので、同じ意見です。質が低い病院へは行きたくないし、でも病院は少ない・・・。
小児科ひとつにしてもこんなに考えなきゃならないなんて。
改善されなきゃほんと、少子化は進む一方!悪循環ですね。
hyoさん、2人目の時のこと、考えてるんですね。病院は近いほうがいいですよね、私も評判はそんなによくなかったけど、私の実家と、私の家から近い病院を選びました。
at 2006-06-15 20:52 削除
だやん さんより
私の周りも一人っ子は少ないです
たいがい2人か3人子供がいます
私の周りの狭い世界だけ見てると少子化を感じません…
この前、少子化問題を論じた時に出た結論は「さまざまな理由で産まない人・産めない人が増えた」ということです
ウチの妹も「産まない人」(まだ結婚もしてないけどね、世の中見てると子供を産んで育てる事に不安を感じるので産まないそうです)
政府も少子化問題語るなら子育てしやすい、女性が不満・不安を感じない世の中にしないと…
at 2006-06-15 09:07 削除
名前 :  削除用パスワード : 
URL : 
 お気に入りブログ
 ・ あー ひー ゆー 's dialy
 ・ はとまめ日記
 ・ ズボラーのブログ
 ・ サドルメン's チルドレン♪
 ・ ゆちKONG★あつKING★しほPONG
 ・ つれづれにっき
 ・ ぴょ☆ぴょ
 ・ はれときどきくもり
 ・ たいくんとママの日記
 ・ niraikanai-de-thidakankan
 ・ 今日の出来事
 ・ トロトロ気まぐれ育児日記
 ・ ひねもすのたり のたりかな
 ・ 育児ぱぱの奮闘記(第2章)
 ・ *はんぶんこ*
 ・ スペシャルラブ
 ・ まだまだ育児奮闘中!
 カテゴリ
 ・ 小学校(2)
 ・ 日記(3)
 ・ 子どもとお泊り(6)
 ・ おもちゃ・知育玩具(9)
 ・ ひとりでできた(9)
 ・ 祖父・祖母・親戚(16)
 ・ パパ・父親(2)
 ・ 絵本(14)
 ・ ママ・母親(86)
 ・ 保育園・幼稚園(30)
 ・ 母乳・授乳(15)
 ・ 子どもの成長(130)
 ・ 手作り(4)
 ・ 家族(24)
 ・ 生活(706)
 ・ 料理・おべんとう(42)
 ・ 病気・ケガ(89)
 ・ 離乳食(27)
 ・ イベント(63)
 ・ キッズ(1)
 ・ しつけ・教育(50)
 ・ お出かけ(127)
 ・ 子どもの遊び(12)
 ・ 赤ちゃん・ベビー(58)
 ・ 育児アイテム(32)
 ・ 育児(8)
 ・ 出産・赤ちゃん誕生(6)
 ・ 妊婦・マタニティ(35)
 ・ その他(25)
利用規約 |  ブログの開設 |  個人情報の取り扱いについて |  ピジョンインフォについて |  妊娠・出産・育児情報サイト ピジョンインフォ
問い合わせ |  ピジョン株式会社
Copyright(c) PIGEON Corporation All Rights Reserved.