妊娠・出産・育児まかせなサイト ピジョンインフォ

うみんちゅ日々成長中
blog.pigeon.info/uminchu/

息子うみんちゅとの楽しい毎日&甲羅自身の日常を徒然なるままに綴っています。
ようこそ、ゲストさん  | Pigeon.info BLOG TOP | ログイン
お気に入り画像
我が家の息子【うみんちゅ】   6歳になりました☆                          
やっぱりポケモンとスティッチに大ハマリ中~                                                最近はゲームが大好き♪お父さんがやっているモンスターハンターを横で見て熱く応援中!                                                                                                                                                ■↑の画像は1年前の5歳の誕生日のもの♪■
by 甲羅
 ブログ内検索
 
 過去記事一覧
 ・ 5周年♪
 ・ は ぴ ば ♪
 ・ 元気です(^…
 ・ じゃがピリカ…
 ・ 修了式
 カレンダー表示
 2019年 10月 
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
 
 ・ 2019年12月(0)
 ・ 2019年11月(0)
 ●2019年10月(0)
 ・ 2019年09月(0)
 ・ 2019年08月(0)
 カテゴリ
 ・ おもちゃ・知育玩具(4)
 ・ 祖父・祖母・親戚(1)
 ・ 絵本(1)
 ・ ママ・母親(1)
 ・ 保育園・幼稚園(11)
 ・ 子どもの成長(45)
 ・ 手作り(12)
 ・ 幼児食(77)
 ・ 家族(8)
 ・ 生活(1)
 ・ 料理・おべんとう(29)
 ・ 病気・ケガ(15)
 ・ 離乳食(8)
 ・ イベント(25)
 ・ 高齢出産(2)
 ・ キッズファッション(14)
 ・ キッズ(1)
 ・ しつけ・教育(6)
 ・ お出かけ(144)
 ・ 子どもの遊び(24)
 ・ 育児アイテム(27)
 ・ 育児(16)
 ・ その他(295)
前の10件  
夏休み2週目
  | 病気・ケガ | 2009-07-28 21:15 |

終業式の翌々日から、うみんちゅが溶連菌にかかってしまい、夏休み最初の週は丸々おウチにこもっていました。
なので、楽しみにしていた園のプールも仕方なくお休み・・・。
と言っても、3日間予定されていたプールの初日は雨の為中止だったので、お休みしたのは2日だけども。
出席日数には関係ない自由参加という形ではあったけど、うみんちゅも行く気になっていたし残念だったな~。

さてさて【溶連菌感染症】・・・うみんちゅは今回が初の感染でした。
私も病名は知っていたし、どんな病気かも知っていた。けどこれまでかかった事が無かったうみんちゅ。
最初は発熱からでした。昼から出た熱が夕方には徐々に上がり、最高で38.7℃まで。
朝には下がって37度台を行ったり来たり。で、また夜には熱が上がる。
うみんちゅに聞いても、喉は痛くないと言うし、咳もなし。
でも熱が引かないので、連休明けの火曜日に小児科にて受診。

症状を話したり、熱の推移のメモを見せたりして、最初先生も「何だろうねえ?」と言っていたけど、喉を見て「お!」って(笑)
検査の為、喉の粘膜を採って10分以内には結果が出ると言うので、そのまま診察室で待つ。
先生の「お!」はハズレる事なく、やはり溶連菌に感染しているという結果でした。

うみんちゅの今回の場合は、「もしかするとこのまま(気付かないまま)治っていたかも」って先生が言う位で、そう重症ではないようでした。
抗生物質を1週間飲んで、1ヵ月後位に念の為尿検査をしましょうと言う事でした。
だいたい、10日から2週間抗生物質を飲み続ける事が多いようですが、1週間飲めば大丈夫って言われました。やっぱ軽かったのかねえ?

感染する病気なので、数日間外出は控える。もし外出する場合はマスク着用。
もちろん、外出して菌を撒き散らす迷惑行為をしちゃいけない事ぐらいわかっているので、外出は自粛しましたよ。
その後、自宅でのうみんちゅは元気そのもの。
受診後、咳が出だして、時々咳き込んではいましたが、踊るわ歌うわいつも以上に元気。
私も注意して様子を見ていたけど、発疹も出ず、イチゴ舌(舌に赤いブツブツができる)にもならず・・・溶連菌感染症のわかりやすい症状で出たのは喉の腫れと高熱のみでした。
発疹が出なかったと言う事は、手足の皮もむけないのかな?

乳幼児がかかる病気としてはポピュラーな溶連菌感染症。
うみんちゅは5歳を目前にしてのデビューとなりました。

さて。画像ですが・・・我が家のプチトマト♪
夏休みに入る前に、各自自宅へ持ち帰るように幼稚園から言われて、大きく大きく育ったプチトマトの鉢をかかえて自宅に持って帰りました~。
毎日水を忘れずあげていたら、次々と実が赤くなり、結構カワイイもんだなあと♪
ちなみにワタクシ、植物を枯らす名人でしてね(^^;)
観葉植物も、切り花も、アレンジされたお花ですら長持ちさせられない不思議な力を持ってマス。

でも今回のプチトマトはたくましく生き延びてくれていて嬉しい♪
画像1枚目が最初についた実の一群。持ち帰った直後の写真。
もう赤く熟したので全部食べてしまいました。

画像二枚目が二つ目の実のかたまり達。
中心の大きな茎に近い部分から順番に赤く色づいて行きます。
こちらももう既に完食~。
あと一かたまり、まだ青い小さな実がついているけど・・・熟すかな?
トマト全般が苦手な私でも、愛着がわいたと言うか何と言うか・・・結構美味しく食べられています。
うみんちゅは相変わらず見てるだけで食べようとしないけどね(笑)

そしてこの夏一番のお楽しみっ♪
今週末にかけて、うみんちゅと二人旅に出かけて来ます。
今月頭の福岡帰省で久々に乗ったから、飛行機の乗り方は大体わかった!(えー
飛行機でのうみんちゅとの二人旅は初めてなので迷子にならないよう頑張りマス!

小児科で出された薬も全部飲み終わったし、先生から旅行に行ってもヨシとの許可はもらっているし(と言うか受診した時相談したら「全く問題ナシ」と言われた)、旅を満喫して来たいと思います。



by 甲羅 | トラックバック(0) | コメント(2) |
検査結果と受診
  | 病気・ケガ | 2008-11-27 03:42 |

今月の頭に受けていた『心エコー検査』の結果を聞くと共に担当医の診察を受けて来ました。

担当医は小児科でも曜日によって診察科目が違ったり、不在の日もあったりするので、うみんちゅの場合診察は必ず水曜日という事になっています。
・・・それをウッカリ忘れてて、火曜日に予約入れようとして電話口で一瞬焦った私(^^;)

ともあれ事前に予約は入れておいたので、受付を済ませて予約の時間に行って、待つ事30分余。
ん?ちゃんと30分刻みの時間で予約入れてるのになかなか呼ばれない?
とか思っていたんだけど、その30分が過ぎた頃にようやく呼ばれて診察室へ。
  (どうやら、予約外の緊急外来が入ったっぽかった)

まず、心エコー検査の結果から。
●前回の時よりも、心室にあいている穴は更に小さくなっている。
  (周囲の組織が穴を囲むような形になって徐々に穴が小さくなる場合が往々にしてある)
●あいている穴の大きさはわずかな大きさで【小】のレベル
●血流の漏れによって心臓に負担がかかっていると心臓が大きくなる場合があるが、それは見られないので心臓への負担は無い模様。
●穴が今後塞がる可能性はもう無いと思っていたら・・・可能性はまだあるそうで、ちょっとだけ期待♪
●日常生活上で、この心疾患に関して特に気にする事や注意する点は無し。

という事で、前回受診時も軽症で心配は無いと言われて帰って来ましたが、今回も更に『心配は何も無い』との事でほっと一安心でした。
先日の心エコー検査が終わった時に、検査技師と医師の『よくここまでくっついてくれたね~』と言う会話が(すぐ真横から)聞こえて来たので、前回よりも穴が小さくなり、良い方向に向かっているらしいのは薄々わかっていたんだけどね。

あっという間に診察・問診が終わってしまいそうだったので、自宅でメモして持参していた【質問したいいくつかの事】を担当医に急いで質問!
やっぱりメモして行くって大事かも。メモしとけば聞き忘れも無いしね。
担当医も『はい。何でしょう?』って全部ちゃんと聞いて答えてくれました~。

まず一番気になっていた事
●来春からの幼稚園入園にあたり、運動制限を含めて園生活での注意事項は何も無いとの事。
  担当医が『一筆書いておきましょうね』と、幼稚園に提出する用に書類を書いて下さいました。
【幼児用(3歳以上)心臓病管理指導表】というのが用意されていて、それの該当欄に○をつけたり文章で書いたりしてくれるものなんだけどね。ほぅ~!すぐ書けるようにこういうものも準備されているんだな~なんて思いつつありがたく受け取りました。(病院なんだから当たり前でしょ!)

 軽い運動・中等度の運動・強い運動と段階が分かれていて、それぞれ『ジャングルジム』とか『追いかけ鬼』とかどんな内容の運動かまで具体的に記載されています。
 で、うみんちゅは【強い運動】可に○をつけていただいたので、安心です。

●【細菌性心内膜炎】
  聞き慣れない病名・・・と言うか、うみんちゅの心疾患が見つかるまでは私も全く知らなかった。
色々あるんだけど、例えば歯科で抜歯をしたり奥の深い部分を治療したりした場合に、心疾患があると上記の病気にかかる可能性がある・・・訳です。
なので、必要がある場合には事前に投薬を受けたりしなければならないらしくて。
あと数年のうちに、うみんちゅも乳歯が抜ける年齢になるな~と思っていて、これについても以前から気になっていて。
でも、うみんちゅの場合だと投薬の必要も、医師に事前に相談する必要も無いでしょうという事で、これに関してはもう今後気にしなくて良いと言われました。
 (以前は『こういう注意も必要ですから』ってこの病気に関するプリントをもらっていたんだけどね)

質問事項は他にもあったけど全部に回答をいただき・・・これで気になっていた事・心配事は全部解決しました~♪

12月に入ったら、入園予定の幼稚園の親子面談や、健康診断・制服採寸などの予定が入っています。検査と診察も終わった事だし、あとは入園に向けて春を待つだけ~。
 (いや待て!もし幼稚園準備グッズで袋モノを縫ったりする必要があればミシンを購入せねばっ!)

あ。次回の検査は・・・『小学校に上がる前か、入学してから夏休みかそこらへんでいいでしょう~』ってあいまいな感じで言われました。
あの・・・先生!?なんか『もう来なくてもいいんだけどね~』って雰囲気で言った?言ったよね?
同席していた旦那にも私にもそう思えたんですけど(苦笑)
とりあえず、経過観察は続くようですが、かなり検査の間隔があいても平気で、あくまでも『一応診ておこうね』って感じのようでした。
と言う事で、次回は2年後位かな?
忘れずに予約を入れなくちゃ~!(携帯のスケジュールに今から2年後をメモっとこ)

さて。11月の頭に心エコー検査を受けに行った日は、病院行きをゴネたうみんちゅでしたが、今回は何故かノリノリで、終始ゴキゲンさん。
帰宅してからも、『病院、たっのしかったぁ~!』とニコニコ笑顔でした・・・何故に!?



うみんちゅに、この【心室中隔欠損症】が見つかった新生児の頃は、5ミリ以上の穴があいていたんだけど、ここまで小さくなって親としてとても嬉しいです。
欲を言えば、完全に塞がって欲しいと。そう思ってはいます。
が、当初早期の手術が必要かもと言われ、その後手術はせずにここまで来て、うみんちゅも元気に成長している事には本当に感謝しています。
私自身の身体よりも、やっぱり我が子の事が一番心配です。大切なのは我が子です。
これからも、私のブログタイトルのようにうみんちゅには【日々成長】して行って欲しいと切に願います。



by 甲羅 | トラックバック(0) | コメント(3) |
心エコー検査
  | 病気・ケガ | 2008-11-05 02:50 |

ここ数年で二度に渡る引越しがあったりした為、紹介状を書いてもらったものの結局病院を変わる事無く、元から診てもらっていた専門病院に舞い戻っての検査となりました。
本当は去年受けるはずだった心エコー検査だったけど、担当医師から『今年はやらなくていいかな』って言われたりして、約3年ぶりかな?心エコー検査は。

以前からこのブログを読んで下さっている方は既にご存知かと思うけど、一応また書きます。
うみんちゅは【心室中隔欠損症】という先天性の心臓病が生後間も無く発覚して、軽症ではありますが現在も『経過観察』と言う形でこうして1年~2年に一度検査を受けています。

これだけ元気に走り回り、身体も順調に成長して、日常の生活上は全く問題無い・・・とは言え、やはり経過観察は大切だと思っています。
今回も念の為に旦那にも休みを取ってもらい家族全員で病院へ。

前回は、シロップの催眠剤を飲んで眠ってからの検査だったけど、今回からは催眠剤ナシ。
うみんちゅ、じっと出来るかな?おとなしく寝て検査受けられるかな?
・・・来春から幼稚園に通うお兄ちゃんだもんね!出来る出来る!
な~んて(私が心の中で)勝手に1人で自問自答(1人芝居かっ!?)していた訳ですが(笑)

約1年前に担当医師に診てもらった時に、今回の心エコー検査の予約を入れて以来の病院。
 (1年先の事なので、適当に予約を入れていたら、偶然にも4連休になっちゃいました♪)
まずは計測室で身長と体重を計ってから、心エコー検査の受付へ。
計測の結果 うみんちゅ : 4歳2ケ月
          身長 : 100.0cm
          体重 : 16.5kg     でした。


予約時間通りに呼ばれて、カーテンで仕切られた、ベッドや検査機器がある暗室へ通される。
上だけ衣類を全部脱いで、ベッドに横にさせられるうみんちゅ。
椅子は無いので、旦那と私はベッドの端っこに座るよう指示されました。

心電図や心拍数を測るコード?を付ける為にいくつか身体にシールでペッタンされるのがくすぐったいのか、それとも緊張をまぎらわせる為なのか、『えへえへ』笑ううみんちゅ。
エコー用のゼリーをつけられてはニヤニヤしたり、くすぐったがったりしつつも、何とかじっと横になって、意外と検査はすぐに終了~。
ただ、途中で飽きたのか『まだですか~?』とか、『もう起きたい~』とか言い出したので、そういう時用に持参しておいたポケモンの小さいオモチャを渡して時間稼ぎ(^^;)をしつつ何とか。
用紙には所要時間は30分位と書いてあったけど、15分足らずで終わりました~。
オネエサン好きなうみんちゅなので、検査技師が女性だったのも、スムーズに検査出来た要因の一つかと(^^;)

これまで【病院】という場所を嫌がる事は全く無かったうみんちゅだったけど、今回初めて家を出る前に『うみんちゅ無理~。病院行きたくない~』とか少しゴネました。
前日の夜、旦那とお風呂に入っている時に旦那から、明日は病院に行く事や、どういう事をするかなど説明をして、納得していたはずなのに、当日洋服を着替える段になって急にゴネだしたのでちょっと困ったけど。
そして、私が病院に行ってうみんちゅはその付き添いで来てもらう・・・という事で何故か納得して、急に張り切ってお出かけに意欲的になったうみんちゅ。よくわからんが、ま、イイでしょう(爆)
『おかあさんの付き添い=お手伝い』的な感じで張り切る気持ちになったようです。
  いや。 キ ミ の 検 査 だ か ら ね っ !

検査中、うみんちゅの相手をしながら、検査機器の画面も凝視していた私。
私は医療関連の知識は無いから、画面を見ても詳しくはわからないんだけど、これまで何度か見て来ているから心室と心室の壁に出来ている穴から血液が漏れているか漏れていないか位は判別が出来ます。
・・・見た限りでは、血液の漏れはまだあるようです。穴は塞がっていないんだし、わかってはいた事だけど・・・ね。ただ、聞こえてきた技師の会話からすると悪くなってはいないようです。

検査技師から病状に関する説明はしてもらえないので、検査結果が出るのを待つとします。
今月末にまた改めて担当医師の診察を受け、検査結果も詳しく聞いて来ます。

余談。
病院の帰りに某大型家電店に寄って買い物をしたりして・・・旦那が会員カードのポイントをつけようとスロットゲームをしたら・・・何と1000ポイント当たりましたっ♪わーい!ラッキー!
(来店した時に、スロットゲームに挑戦できて出たポイントがもらえる仕組みです)
ちなみに、前回も500ポイント当たったので、連続のアタリでした。

いつもは10ポイント(←最低でも必ずもらえる)とか90ポイントとかしか当たらないから、『コレ当たる人居るんだろうかねえ?』なんて話していたんだけども。本当に当たるみたいです(ソレは失礼すぎ!)



by 甲羅 | トラックバック(0) | コメント(2) |
さらば浣腸!
  | 病気・ケガ | 2008-06-06 00:24 |

長きに渡る便秘との闘いに終止符を打てた・・・と思います。
・・・思いたい。

(注)本日の記事は、「ウン○」連呼で汚い表現が多々出て来ます。
    読んで下さる方はどうぞご注意願いますm(_ _)m


事の起こりは振り返る事 約2ケ月前。
それまで、快便男だったうみんちゅのウン○が突如出なくなった。
たいてい毎日か、もしくは2日に1回は出ていたウン○。
3月21日のブログにも便秘関連の詳細記事を書いたので内容が若干重複します。)

便意はあるのに、 『お尻痛い』と言って、頑張ってみても出ない。
時には1時間近く頑張って、結局汗びっしょりになって疲れてそのまま寝てしまったり。
一度は小児科で診てもらって浣腸してもらった事も。
それからは、溜まり過ぎてどうしようも無くなる前に浣腸のお世話になる事もあって。

数日出ない→浣腸→お腹・お尻が痛い
この悪循環で、ウン○する事自体に恐怖を覚えるようになってしまって更に事態は悪化。

これまでは、ほぼ便秘知らずで、苦労した事も無かったうみんちゅだったので、いきなりの事態に困った私達。

便秘になる要因に色々ある事は知っている。
医師からも、『春先のこの時期は便秘になる幼児がとても多いんですよ』とも聞いた。
●水分を充分に。
●繊維質を意識して摂る。
●適度な運動を。

・・・努力しても出ないものは出ない。

浣腸を連用する事や、習慣になる程使うのは良くない事も知っている。
でも、4日も5日も出ない場合には、やむを得ず使わねばならない場合だってあるだろうし。

4月に、風邪で受診した小児科で、便秘改善についても質問して色々と出やすくする為に工夫する点を教えてもらったり。
医師は『一過性のものですしね』とか『幼稚園なり保育園なりに通うようになれば色々なものを食べるようになるから治るでしょう』『そう心配する事は無いです』としか言わない。
更に『女児に比べて男児は、そこまで酷い便秘になるケースは無いから大丈夫』とか。

・・・幼稚園に通うってさ、うみんちゅは来春からなんですけど。
それまで待てと!?(苦笑)

それに、『そう心配する事は無い』って医師から言われても、毎日『お尻痛い』 『ウン○出な~い!』と号泣されて、辛そうにしているうみんちゅを見ている親としては、そりゃ心配するでしょう。
ま、1日中痛がっている訳では無くて、便意がある時だけではあるんだけどね。
『今日は痛い薬(←浣腸)する?しない?』と聞いてくるうみんちゅの不安気な顔を見るのも辛かったし。

で、結局この約2ケ月の間、時に浣腸のお世話になりつつ、自力で出せた場合には親子手を取り合い喜びを分かち合い(大げさだけど本当にそんな雰囲気だった・爆)共に闘って来た便秘。

そして。終わりの時は唐突にやって来ました。
固く大きくなっていたウン○も、通常の固さに戻り、もうすんなり出るようです。
『ウン○して来る!』と言って、ものの数分で出るようになりました。これで2ケ月前と同じ。元通り。
『うみんちゅ、我慢せんかったよ!(←我慢しなかったよの意)』
『大成功やった!』
『一発で出た!』

と嬉々として報告して来るうみんちゅ。

『お尻痛くなかったよ♪』・・・うみんちゅの、この言葉を聞きたくて仕方無かった。

すんなり出るようになって1週間経ちました。
毎日だったり、2日に1回だったりするけど、うみんちゅのトラウマとなっていた『お尻痛い』から開放されて、うみんちゅもどことなく機嫌が良いようです。

本当に便秘が解消されたのかどうか、1週間様子を見ていましたが・・・。
ここに便秘生活収束宣言をしようと思います。

【さらば!浣腸!そしてお世話になってありがとう浣腸m(_ _)m】

画像は、最近お気に入りの果物『りんご』を食べているうみんちゅ。
りんごを見つけると『りんご食べよう!』とすぐに持って来る位のお気に入り♪
【りんご】は、下痢にも便秘にも効く、(食べすぎによる糖分にさえ気をつければ)身体に良い果物。
ご存知の方も多いと思いますが、りんごに含まれる食物繊維「ペクチン」は、整腸効果がとても期待できる成分なんだそうです。

相変わらず、葉もの野菜は細々としか食べないし、好きなものばかり食べようとするうみんちゅですが、今後便秘にならないよう気をつけて様子を見て行きたいと思います。
なんか今日は、ウン○とか便秘とかそんな話題ばかりで大変失礼しましたm(_ _)m



by 甲羅 | トラックバック(0) | コメント(5) |
まだ3歳なのにこの寝姿・・・
  | 病気・ケガ | 2008-04-30 03:11 |

ちょっと体調崩し中~。
とは言っても、元気は元気なんだけども、いつものうるさすぎる位の元気がないとやはり気になるし心配になります。

前日から、喉がモガモガしてるっぽいのが見てわかっていたので、風邪引いたかな?と気にしてはいたんだけどね。
うみんちゅはやはり風邪っぽいです。
季節の変わり目で、気をつけてはいても体調を崩しやすい時期だもんね。
先日、初めてかかった小児科の医師が『子どもだって体調悪い時は不安なんだから、そんな時母親がうろたえちゃイカン。常にどっしりと構えておかないと』と言っておられたのもあって、たいてい私はどっしりと構えてます(苦笑) 

風邪気味なのに加えて、相変わらずの便秘気味が続いていて、うん○の時は毎回泣きながらです。水分摂取には気をつけているんだけど、以前より野菜を食べなくなっているので繊維不足も関係しているんだろうな~。スプーンで口に運べば何でも食べていた離乳食時代が懐かしい。
【食生活の改善】って幼児には言ってわかるものでは無いし難しい・・・。
『葉っぱでも何でも好き嫌いなく食べないと、またうん○の時お尻痛くなるよ』と言い聞かせると『わかった。食べる』と返事するくせに、いざ野菜を目の前にすると『うみんちゅ、葉っぱ苦手~。葉っぱ大っ嫌いやん』と残すし。

熱もちょっとあってややダルそうにしているけど、水分は取れているし、軽いものは食べるし、比較的元気なので薬を飲ませて様子を見ています。

29日はせっかくの休日だったのに、結局予定していた外出もやめにして自宅でおとなしくしていました。ううぅ・・・この週末に向けて買っておきたいものがいっぱいあったのになぁ。

で、ベッドで寝るのは嫌がって、私達と一緒にリビングに居たがるうみんちゅ。
午後になって、旦那が車にガソリンを入れに出かけた時にソファーでお昼寝しちゃいました。
相変わらず、【布団】をはじめ、身体に何か掛けられるのを嫌がるうみんちゅなので、毛布をかける訳にも行かず・・・かけてもどうせ瞬時に怒って蹴飛ばされる(涙)
結局、この冬も、『丸々一晩中布団を被って寝る』事は皆無だったうみんちゅでした。

この画像、ヤラセじゃないです(笑)
うみんちゅ自ら、両手を頭の下に、そして足を組んで寝てました~。
まだ三歳なのに、うみんちゅはオッサンみたいですな(爆)

『オッサンかよっ!』って三村さんばりにツッコミ入れたかったけど、私しか居なかったからツッコむのはやめて、すかさず携帯で記念撮影しました♪
朝、目覚めたら、いつもの元気なうみんちゅになってると良いな~。



by 甲羅 | トラックバック(0) | コメント(2) |
春先は便秘に注意!
  | 病気・ケガ | 2008-03-21 08:48 |

タイトル通りなんですが、幼児って春先は特に便秘になりやすいので要注意なんだそうです。

以下、今日の記事はウン○絡みの内容ばかりなので読んで下さる方はご注意下さい。

生後5ヶ月の時に帰省した福岡の実家で、大きいウン○が出なくて便秘になって以来、便秘知らずの快便男だったうみんちゅ。
あの時は、実母・実姉・私に囲まれて、見守られて、大泣きの末、無事に出たのよね。
乳幼児期に便秘がちだった甥を育てた経験がある実姉は、実に上手にウン○を誘導して出してくれたっけ。

そんなうみんちゅが今回、約3年ぶり?に便秘になっちゃいました。

先週、火曜日に出て以来水曜日は出なくて。
たいてい1日1回は出るし、出なくても翌日には難なく出るうみんちゅだったから木曜日あたりから気にはなっていた。
先週木曜日は、朝から夕方までお出かけして動物園に行ったりしたから、出すタイミングを逃しちゃったのかもね~なんて思って心配していたんだけど。

で、結局金曜日になって、「う~ん」って頑張るのに大きいのが出口で邪魔してなかなかでない様子で泣きながら踏ん張ってるうみんちゅ・・・。
しまいには「痛~い!お尻いた~い!」って大汗かいて号泣しちゃってかわいそうだった。

お腹に「の」の字を書くようにマッサージしたりしてみたけど時既に遅し・・・でダメで。
水分もたっぷり取っているはずなのにねえ。

麺棒浣腸か、リアル浣腸するしか無いかな~って旦那と話していて、結局大げさかもだけど週末に病院で診てもらって来ました。

運良く女医さんだったので、うみんちゅもリラックスして笑顔で診察を受けて。
下腹部をグイグイ押されて、「痛い!」って言いつつも嬉しそうに笑顔なうみんちゅ。
・・・どこまでM体質なんでしょうね?このヒトは?(苦笑)

その場で浣腸をしてもらい、「ウン○が出たら戻って来て下さい」という事で一旦診察室を出る。
それから約10分か15分かけて、うみんちゅは旦那につかまりながらようやく出す事に成功!
うみんちゅ汗だく・・・。

で、診察室に戻って、再度お腹などを触診してもらい、「もう大丈夫でしょう」って事になりました。
あ~良かった。
また出ないようだったら、市販の浣腸を使って様子を見て下さいとの事。

それからうみんちゅは、スッキリはしたみたいだけど便秘の影響か、浣腸が気持ち悪かったのか、ちょっとオロロロ~ケポってなったりもしたけど夜には元気に回復。

さて。
その後は順調に出てくれ~との旦那と私の願いも虚しく、うみんちゅ今週またも出ず。
おそらく、前回の「お尻が痛い・お腹が痛い」のが少なからずトラウマになっていて、思い切ってイキむのが怖いんじゃないかと。
「ウン○無いの?」と聞いても「無い」って言い張るしね。

水曜日の夜からはまた「お尻いたーい!」と言い出したので、薬局で浣腸を買い求めて、自宅では初となる浣腸を・・・。
子ども用でピンク色のちっちゃなかわいい『イチジク浣腸』
病院では「1回に15~20g」と言われたけど、買い求めたものには「~6才未満は1回10g」と記載があったので今回は10g。

旦那も休みで自宅に居たので、旦那がうみんちゅの足を持って私が浣腸係。
意外とスルリンと入って、うまく液を入れる事が出来ました。

見え隠れしている物体を、お尻拭きや麺棒で出そうと試みるもうまく行かず。
結局、前回病院で出た時よりも更に巨大な物体がお尻にあって、大泣きと大踏ん張りの結果、それはそれは立派なブツが無事出ました。
お尻は切れなかったけど、少しうっ血して赤くなって痛々しいオシリ。


うみんちゅは水分は結構取れていると思っていた。
便秘の原因として考えられるのは・・・「繊維不足」も一因なのかも。
以前は好き嫌い無く何でも食べていたうみんちゅが、最近は野菜をあまり食べない。
特に葉もの野菜は「コレ、うみんちゅにがて~」なんて言いつつほぼ残す。

これを機会に、ちゃんと言い聞かせて「野菜も何でも好き嫌いなく食べないとまたお腹やお尻が痛くなるから頑張って食べようね」って話してはみたんだけど~理解できたかどうかは怪しいな。
だって「葉っぱ食べなかったら、うみんちゅ虫歯になる?」ってトンチンカンな事聞いて来たし(爆)

で、話は冒頭に戻ります。
病院の女医によれば、『春先のこの時期は、便秘になる子が多いんです。』
『急に暖かくなって、ちょっと動いただけで汗をかく幼児はすぐに水分不足になってしまう。』
『その結果、便秘になりがちなので水分補給は充分に。』
との事でした。

浣腸してくれた看護師さんは、『トイレトレーニング中の子は今の季節って意外と便秘になりやすいんですよ』と教えてくれた。
トイレトレーニングというものは、子どもにとってどうしてもストレスになるからそれも影響しやすいらしい。

暑い季節はまだまだ先だけど、春先の今から水分補給には充分気をつけましょう!
・・・と言う事のようでした。ご存知の方は多いかも知れないけど、みなさんもお気をつけ下さい。
うみんちゅも、充分飲んでいると思っていたけど、急に暖かい日が続いてたから、実は足りてなかったのかも?


繊維・・・繊維質・・・本当に自分もだけど、我が子の体調には気をつけないとね。
今日の記事とはあまり関係ないけど、「繊維質」の多い食べ物の一つに『さつまいも』がありますね。
この冬、何度かおやつに作った『焼き芋』
去年までの福岡のマンションは、賃貸なのにIHだったから使えなかったこの【石焼き壷】←画像参照
今年の冬は大活躍でした♪(去年は、石焼き壷の代わりに炊飯器で焼き芋作ってました)
素焼きっぽい壷の中に、壷とセットになっている石(本物の石)を敷き詰めて、その上に洗ったサツマイモを並べて焼くこと30~40分。
お店で買った石焼き芋のように甘くてホクホク美味しい焼き芋が出来ます♪
『鳴門金時』が安い時によく作ってました☆

暖かくなって来たから、もう焼き芋はそろそろおしまいかな
夏になったら、この石焼き壷で、「焼きなす」でも作ってみましょうかね。
(私は好物では無いけど、旦那がスキらしい焼きなす・・・好物だと言う事をつい最近知った・爆)



by 甲羅 | トラックバック(0) | コメント(3) |
オロロ~
  | 病気・ケガ | 2007-12-05 03:44 |

巷では、胃腸風邪やインフルエンザをはじめ、色々な風邪が流行しているようですね。
我が家でも、日曜の夜から月曜、うみんちゅが少し体調不良でした。

予防していても、どこででも感染するものだし、外から帰って来た旦那が菌を持ち込む可能性だってあるし。かかる時はかかるよね。
幸いうみんちゅは、すぐに元気になりました。

みなさんも、寒くなるこれからの季節、気をつけてお過ごし下さい。

↓以下は、長くなりますし『ゲロリン』についても書きます。そういうのが苦手な方・お時間の無い方は読み飛ばして下さいませ。
私にとっての備忘録というか、記録的な内容ですm(__)m

夜20時過ぎに旦那とお風呂に入っていて、ゴキゲンな声が聞こえていて、そろそろ呼ばれるかな~とお風呂上りの準備していたら、突然泣き声がしだして、様子を見に行くと、『もう上がる。お腹痛い~』とうみんちゅが泣いていた。
(旦那によれば、笑っていたのが唐突に泣き始めたらしい)

すぐにお風呂からリビングに連れて行き、パジャマを着せて、少し元気になったけど、腹痛の波が時々やってくるようで、ニコニコ遊んでいると思ったら、急にソファに横になって『きゅーん』って感じで泣くうみんちゅ。痛くない時は、元気なんだけど、腹痛は辛そう・・・。
で、寝るに寝られない様子で結局23時過ぎにウ○チ。
昼間にも1回立派なのをしてたんだけど、これまた立派なモノを。
普通便+最後の方が軟便~下痢気味って感じ。

とりあえずこれでスッキリしたのか、朝まで起きる事無く熟睡。

元気になってくれていたらいいな・・・と思っていたけど。
朝起きるも、何となく気分が優れないようで、グズグズ寝たり起きたり。間隔はあいているけど、たまに腹痛もあるみたい。
とりあえず、食事は様子見で飲み物で水分補給だけは忘れずに。

12:20頃
プリンを強く所望されたので、大丈夫か?と思いつつ食べさせる。
ゴキゲンで1個完食+お茶(←イオン飲料は嫌だと言われた)

13:30頃
でもやっぱりその後にとうとうゲロリン~(←私の予想通りの展開だった)
小児科に連れて行くかどうかを考え始める。

14:50頃
二回目のゲロリン。
病院行き決定かな~と準備開始。
引っ越して間も無い為、こういう時の為に事前にネットで小児科リサーチはしておいたので、行こうと思う病院は一応決めてあった。

15:05頃
吐き気はもう無いようなので、イオン飲料を30ccから

15時過ぎあたりから、めきめきと元気になる&表情や顔色にも明るさを取り戻すうみんちゅ。
『お腹痛くない』・『オロロ~もうない』と、元気アピール!?

その後、何故かいきなりすっかり元気になり、いつものおしゃべりで楽しそうに遊ぶうみんちゅに。
さすがにお腹の中が空っぽで空腹なのか、しきりに『何か食べる』と要求するので、夕方になってから、うどんを柔らかめに茹でて、それを1cm程度に細かく切ったものを食べさせたけど、問題ナシ。
更に、『卵食べるぅ』と言うけど、卵は却下。

午前中から15時位までとは別人のように元気になったうみんちゅ。
旦那が仕事を終えて帰宅する頃には、ケロっと元気~。

結局、小児科受診はナシにして自宅で様子見・・・。
甲羅家の中で決めている【受診ライン】ギリギリだったのでね。
その日の夜も翌日も、他にこれと言って症状が出る事もなく、元気&食欲旺盛なうみんちゅ。
ずっと発熱・鼻水・咳などはナシ。

軽い胃腸風邪だったのか?それとも単なる消化不良か!?
腹痛を訴えた日の晩御飯の時に、枝豆をたらふくというか、食べすぎって位に食べてたのよね。
そのせいもあったのかも?もたれてたとか?

とりあえず、酷く体調を崩す事無く元気になってよかったよかった。
旦那や私に移る事も無かったので、結局単なるちょっとした体調不良だった説が有力デス。



あ。タイトルの【オロロ~】は所謂ゲロリンの事です。
汚い話題でごめんなさいね。
我が家でのみ通用するコトバかな(苦笑)
新聞は我が家には不要だと言う旦那の意向で、現在新聞を取っていない・・・子どもの頃から、気分が悪い時、洗面器の中に敷いて用意しておくものは『新聞紙』と言うイメージがある私なんですがね。
仕方ないので、私は洗面器にキッチンペーパーを敷いています。
何度も嘔吐するような時には、ラップを敷いてからキッチンペーパーを。そうすると、後始末が簡単(な気がしてます)

元気になったうみんちゅは、洗って空っぽになった洗面器をオモチャにしては『これにオロロ~したの』とか『2回オロロ~した』と無邪気に笑ってます・・・。
や、だからそこに吐く真似はしなくていいからっ!
いつもその元気でいて欲しいものです~(^_^;)



by 甲羅 | トラックバック(0) | コメント(3) |
心臓病の診察で病院へ
  | 病気・ケガ | 2007-11-29 12:16 |

行って来ました~。

私がこのブログを開設して一番最初に書いた記事が、この病気に関する内容だったんですよね。
私のブログ・日記を以前から読んで下さっている方はご存知と思うけど、息子うみんちゅは【心室中隔欠損症】という先天性の心臓病を持って生まれて来ました。
病気については、過去記事に少し書いているのでコチラをクリックしてドウゾ。

約2年ぶりの病院&診察でした。
うみんちゅは重症では無いので頻繁な検査は必要無く、経過観察という形で診ていただいています。

その2年の間に、大阪→福岡→大阪と転勤で二度の引越しをした我が家です。
福岡に引っ越す際に、大阪の担当医師から紹介状を書いていただき、それを持って福岡の病院で受診する予定だったのだけど。
・・・実は今年の9月に福岡のこども病院に心エコー検査と診察の予約を既に入れてあったんです。
でも、再び大阪への転勤が決まったので、その予約をキャンセルして、また以前と同じ大阪の病院での診察・・・となった次第です。

福岡でかかるはずだった、こども病院での担当医師も決まっていたんだけど、転勤になりそうな旨を相談したら、「転勤先が、元居た大阪ならば、どうせなら引越し後に以前から診てもらっている医師に診てもらった方がいいかも。」とやんわりとすすめられたし。
なので、せっかく書いていただいた紹介状は使う事無く大阪へ~。

で、昨日が予約していた日だったので病院へ行って来ました。
旦那にも仕事の休みを取ってもらって一緒にね。
(もし診察後に心エコーを撮る事が可能だとなったら、おそらく催眠剤を飲ませて眠らせて~と、私一人では色々大変なので)

予約時間通りに名前を呼ばれて、担当医師の診察。
『変わりは無いですか?』の質問と、聴診器を当てて、診察はものの数十秒で終了~。
「えっ!?もう終わりデスカっ!?」

心エコーをどうするかという話になって、今日この後に撮るのは無理という事を言われ、今日の所はエコー予約だけ入れて帰って下さいとの事。
(正直心の中で再び「えええ~っ!?これだけでもうおしまいっ?」

で、担当医師はカルテを見ながら『ん~・・・エコーは1年後でもいいかな~』とかつぶやきだして、結局これから心電図だけとってみて、エコー検査は来年でいいでしょうという事になりました。

うみんちゅの心臓の壁にあいている穴は、心雑音があるからやっぱりまだ塞がってはいないけど、だんだんと小さくなっているし、ごく軽度なので、特に問題も心配する事も無いし、来年エコー検査をしたら、その次は小学校に上がってからの検査で良さそうとも言われました。

・・・2年後にエコーって言われてたけど、結局更に1年後でいいの?
なんか、休みまで取って旦那もせっかく一緒に来たのに?
実際、ほんの数十秒で終わった診察の割には、その他諸々手続きの手間のかかり具合&いちいち時間がかかる事に、旦那は少々イライラしてました(苦笑)

でもまあ、「程度が軽いから、心配無いし経過観察だけしておけば大丈夫」という事なのだから、それはそれで嬉しいし安心♪
という事で、長々と書いているけど、結果としては今回はエコー検査はせず、来年また検査しましょうという事で、日常生活にも運動にも何も制限は無し。
2年前に紹介状を書いていただいた時にも、担当医師から『福岡なら、こども病院に循環器専門の科がありますが、うみんちゅ君の場合は重症では無いので大きい病院の専門機関でなくても、小児の心臓外来を行っている病院であればどこでも良い』と言われていたしね。

但し、この病気を持っていると、『細菌性心内膜炎』にかかる可能性が考えられるので、歯・口腔など(他にもあるけど)の治療や処置を受ける際には、気をつけなければいけない事があります。
うみんちゅの場合は、可能性としてはすごく低いから、一応頭に入れておくって程度で良いんですが。

うみんちゅゴキゲンなうちに、あっという間に診察は終わりました。
ものすごく先の話だけど、来年の11月に心エコーの予約も入れて来ました。
一年後の検査が楽しみでもあり、ちょっと気がかりでもあり・・・ですが、経過観察は大切な事。
しかり携帯のスケジュールに書き込みました。



今回こうして診察を無事受けた訳ですがね。
いやはや大きな病院って諸々の手続きが色々とあるのね。
ハッキリ言って面倒くさっ!(苦笑)
・・・我が心の友に送ったメールに『面倒くさっ!』と書いたら、『そんな事言っちゃダメよぅ』厳重注意されましたが(爆)

~事の経過はこんな感じ~
先月末に引っ越して来てすぐに、心エコー検査の予約と診察予約を入れるべく病院へ電話。エコーの予約を入れようとして、ついでに診察予約も入れようとしていたら、前回の受診から丸1年以上間があいていたら、エコーの予約はNGだそう。
まずは担当医師がいる曜日に『診察予約』を入れて診察を受けてから、エコーの必要があると判断された段階でエコーを予約して、また後日エコー検査受けて更にその結果が出る1~2週間後の日付でまたまた担当医師の診察予約を入れて~・・・

ね?面倒臭いでしょ?(爆)←まだ言ってるし。

電話で予約窓口の方に、『2年前にその担当医師から、【二年後にエコー検査しましょう】と言われていても、一度診察を受けないとエコー予約できないんですか?』って食い下がってみたけど、キマリで駄目なんだって。
仕方無い事ってわかっちゃいるし、大きい病院って行くと時間も手間もかかるって事もわかってはいたんだけどね。

でも、これも大事なうみんちゅの為だから♪
経過も問題無かった事だし、グチグチ言ってちゃ駄目ですね~。

さて・・・このブログを書き始めてからもうすぐ丸2年になります。
思う事は色々あるけれど、まだまだこれからもうみんちゅの日常や、私の新しい大阪ライフを綴って行こうと思っていますので、よろしければどうぞこれからもお付き合い下さいませm(__)m



by 甲羅 | トラックバック(0) | コメント(2) |
ザ・ぶ~とん
  | 病気・ケガ | 2007-05-01 17:03 |

【ザ・ぶ~とん】

・・・はい。
ブタの座布団クッションです 

フカフカでモコモコで肌ざわりが良くてなかなか気持ち良いブタさん♪


既に何度も登場している、うみんちゅのお友達 ひつじの「メル君」と一緒に、記念撮影~
背中側には、使い捨てカイロを入れるポケットもついている優れブタ

一応書いておくけど、絶妙というか、微妙というべきか・・・な、この商品のネーミング、私が考えた訳では無いです(爆)
毎月届くシリーズものの通販会社のプレゼント品で、前月よりも、1点以上購入商品を増やした人全員にプレゼントしちゃうよ♪というブタさんでした。

動物全般が好きなうみんちゅも、『ブタしゃん!ブタしゃん!』と大喜びで、夜寝る時も、ベッドにメル君と、このブタさんを必ず連れて来て一緒に寝ています~。
でも、最後は私の【肘】を触りながらじゃないと眠れないうみんちゅなので、途中からは『要らない』って押しのけられちゃうんだけどね。


さて、いつも元気なうみんちゅですが。
ここ1週間程、軟便が続いていて、ちょっと気になっていた。
下痢までは行かないけど、いつもよりはかなりユルいウンチ。
で、固くなって来たかな~?と思うとまた逆戻りというのが続いてね。
回数も1日に1~3回と、さほど多くも無いんだけどちょっと心配。
普段から、下痢知らずというか、お腹を壊さないタイプだったし。

同時期から、透明鼻水も少々出ていたから、たぶん軽い風邪だろうと思って様子を見ていたんだけど・・・もう治るか?明日には治るか?と思いつつ。
鼻水は青っぱなにならずに、透明のままで出る量も少ないから、抗生物質投与の必要も無さそう。その鼻水も落ち着いて来た感じなのでこのまま悪化せず治って欲しいな~と願いつつ。

症状は軽そうだし、発熱も嘔吐も無し。便の色も白では無く普通。
我が家で独自に決めている『受診ライン』には達していなかったので、出来れば受診せずに居たかったけども、1週間ともなるとやっぱり心配になって来たので、ついに受診~。

うみんちゅ自体は、お腹を痛がる様子も無く、いつも通りに機嫌も良くて元気もあって、何より食欲もモリモリいつも通りなんだよね。
問題は、ウンチが普段よりもユルいという事だけ。

予想通り、週明け&連休明けの小児科は激込み。
靴が入り口では入りきれずに、外まであふれかえって、ものすごい事になってたし。

小児科に到着した11:30の段階でも、50人以上待ち。
番号札をもらって、そのまま一旦小児科を出た。

番号札に、「待ち状況を確認できるサイト」の案内があったので、すぐに携帯電話のバーコードリーダーで読み込んで、そこで診察状況と番号を確認しつつ、自宅で待機~。

午前中に受け付けた分は、昼休みの時間も関係無く診ますという事らしく、結局、小児科スタッフは、お昼休み返上で診察を続けていた模様。お腹も空いているだろうに、ありがたい事だ。

あと少しでうみんちゅの番号と表示されたので、再度小児科へ。

診察の結果、喉はほんの少し赤いか赤くないかって程度で、おそらくは軽い風邪で、その影響でお腹もゆるくなってるんでしょう~という診断で、心配は要らないそう。
整腸剤と、鼻水止め・痰きりのシロップをいただいて帰宅~。

ここは、医師が全員女医さんなので、うみんちゅも全然問題なし。
いや、女性ばかりで、若いオネエサン看護師さんに会えるから、むしろ嬉しそうだったよ、うみんちゅ。
『ハイ、お口開けて~』と、喉を見てもらう時も、自分から『ア~ン』できて褒められたし、聴診器をあてられる時もくすぐったくてウキャウキャ笑っていたし、最後までニコニコして受診できて、偉かったぞ!うみんちゅ♪

この分だと、GW後半に予定しているお出かけも大丈夫そうかな。
このまま、様子を見て決めるとしよう。



by 甲羅 | トラックバック(0) | コメント(3) |
座薬デビュー・その3・
  | 病気・ケガ | 2007-02-07 03:15 |

小児科から戻ると、時刻は既に17時をまわっていた。

うみんちゅはすっかり元気になってはいるけど、まだ心配だし様子を見ていなくてはね・・・


担当医師は、私が手渡したメモを見ながら、私の補足説明を聞いてくれて、『お母さんの対応や処置は、すごく良かったです。水分の与え方もこんな感じで出来ていれば全く問題無し』とニコヤカに褒めてくださった。
イオン水は緊急時には一番良いし、欲しがるのなら、お味噌汁を薄めたものも塩分も入っているのでこれもOK。与える分量や時間間隔もOKだそうだ。
手前味噌で申し訳無いのだけど・・・ちょっと嬉しかったな。

嘔吐や発熱時の【水分補給】の大切さは、自分なりに育児書やネット等で勉強したので知っているつもり。
乳幼児はすぐに脱水症状になりがちだからね。
今回、褒められたのは私だけど、そのありがたい情報を与えてくれた場所のひとつでもある、ここの掲示板にもすごく感謝した。
嘔吐したからと言って、即大量の水分を与えても良くない。
そして、冷たいイオン水(飲料)は更なる大量嘔吐を促す事もあるので、常温程度のものの方が良い
一度に与えるのでは無く、少量を数回に分けて・・・などなど
・・・こういう事は常に頭に入れておき、いざという時に実践できるようにしておきたいものだ。と、改めてそう思った。

夜はグズる事もなく、ぐっすりと眠れた様子。

そそ。ここで記事のタイトル【座薬デビュー】にようやく辿りつく事ができました(遅!)
【心室中隔欠損症】という心臓の病気を持って生まれたうみんちゅは、生後二週間から約2ケ月間毎日粉薬(利尿剤)を飲み続けていたので、薬を飲むのは大得意なんだけど。
【座薬】のお世話になった事は2歳5ケ月の今まで、まだ無かった。
風邪で受診した時に、熱用の座薬をもらった事はあったけど、それは結局使わずじまいで。

私にとっても、【座薬をオシリに入れる】というのは、初めての経験な訳で少しドキドキ・・・。
間隔を8時間空けないといけなかったので、夜中に初チャレンジ!
・・・む!難しい(苦笑)
うまく入っても、またピョロっと出てくるから、しばらくグっと押さえてようやくオシリに収まってくれた座薬。
という訳で、うみんちゅ&甲羅、座薬デビューでございました。

話しを元に戻して・・・

前日、丸1日固形物を口にしていなかったうみんちゅは、やはりお腹が空いていたんだろう。
昨日の朝、起きてしばらくボーっとした後、欲しいものを次々と言い始めた(苦笑)

『お茶!』・『ジューシュ!』・『おににりっ(←おにぎり)』・『スープ!』・『パン!』・『しぇんべい(←煎餅)』・・・ん?煎餅?好物じゃないでしょ(笑)

受診した際に、担当医師に、今後の食事についても尋ねておいた。
受診した当日は1日絶食で水分のみ補給。
吐き気がおさまったようだったら、『おもゆ』あたりから・・・との事。

まずは、イオン水を少量ずつ飲ませて様子を見ながら・・・
平気なようなので、お味噌汁を薄めたものを少し。

その後、何事も無かったかのようにすっかり元気になったうみんちゅ。幸い発熱もせず、下痢もせず・・・
本当に胃腸風邪だったのか?もしややっぱり食べ過ぎだった?

復活後の最初の食事は、お味噌汁の具(大根・人参・白菜)をすり鉢で細かくしたものと、ご飯を混ぜて作った雑炊。
大喜びで美味しそうに食べてたな~。

・・・離乳食作り以来かな、すり鉢とすりこ木を使ったの(笑)
何となく懐かしい気持ちになったりしてね。


ともあれ、あっという間によくなってくれて本当に良かった。

同じ遊びをしつこくしつこく何度もやらされても
「あっち行く」「こっち行く」とうるさくつきまとわれても
用事がある時に限って『構ってちゃん』になられても
それでも、うみんちゅが元気でいてくれるのが何よりも一番!



我が子の病気・受診レポ、長々と書いてしまいました。
お付き合いいただいた方々、ありがとうございました♪



by 甲羅 | トラックバック(0) | コメント(10) |
前の10件  
利用規約 |  ブログの開設 |  個人情報の取り扱いについて |  ピジョンインフォについて |  妊娠・出産・育児情報サイト ピジョンインフォ
問い合わせ |  ピジョン株式会社
Copyright(c) PIGEON Corporation All Rights Reserved.