妊娠・出産・育児まかせなサイト ピジョンインフォ

鈴の木こどもブログ
blog.pigeon.info/suzunoki/

鈴の木こどもクリニック鈴木博先生のブログです
ようこそ、ゲストさん  | Pigeon.info BLOG TOP | ログイン
お気に入り画像
鈴の木こどもクリニックは東京都品川区戸越にあります。東京都では数少ない小児専門クリニックとして、「きれいでやさしい、そして楽しい母と子どものクリニック」を合言葉に、さまざまな小児診療-小児保健活動を展開しています。
  鈴の木こどもクリニック
by 鈴木博
 ブログ内検索
 
 過去記事一覧
 ・ 地震の後、2…
 ・ インフルエン…
 ・ あけましてお…
 ・ 2010年もあと…
 ・ RSウィルス感…
 カレンダー表示
 2022年 01月 
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
 
 ・ 2022年03月(0)
 ・ 2022年02月(0)
 ●2022年01月(0)
 ・ 2021年12月(0)
 ・ 2021年11月(0)
 カテゴリ
 ・ 保育園・幼稚園(2)
 ・ 病気・ケガ(26)
 ・ 育児(10)
 ・ その他(7)
夏かぜの季節
  | 病気・ケガ | 2008-08-11 08:55 |

②手足口病

 口の中のアフタ(潰瘍)と手足に水疱ができるため、「手足口病」と名付けられました。コクサッキ―A群、エンテロウイルス71など幾つかのウイルスが病原体として知られています。特にエンテロウイルス71による手足口病は、最近中国で死亡例が相次いで問題になりました。

 潜伏期間は、通常2~5日です。感染経路は、病初期の飛沫感染(せき)や水疱からの直接感染とその後の経口感染(便→手)です。

 発熱は38.5℃以下の熱が1~2日で下がります。口のなか一面に、赤い点と中央部に白いアフタがみられ、重症になると食事がとれなくなります。手足の硬い水疱は、水ぼうそうと異なり、かゆみはなく、破れることもありません。お尻やひざに密集して出現することもあります。

 ふつうは2~4日で、口の痛みは軽快し、食欲は回復し、全身状態は改善します。

 もしも、高熱が3日以上続く、頭痛がひどく嘔吐を繰り返すなどの症状が続く場合は、髄膜炎の可能性もあるので、必ず小児科を受診してください。

 保育園に入園している赤ちゃんにもよく見られる病気で、原因ウイルスが複数のため、再感染することもあります。また、大人(両親)も感染します。 

特別な治療はありません。のどごしの良い食べ物を与え、食事の後は白湯を飲ませ、清潔を保ちます。皮膚の発疹はかゆみが無いため、そのまま様子をみてよいでしょう。 

 発熱している間、口内炎がひどい間は、感染力が強いため、自宅で安静に過ごします。熱が下がり、口の痛みがなくなったら、外出してもかまいません。ただし、症状回復後も2~4週間は便中にウイルスが排泄されるため、注意が必要です。

この項続く。



by 鈴木博 | トラックバック(0) | コメント(0) |
トラックバックURL :
http://blog.pigeon.info/tb.cgi/suzunoki/223104
コメント
名前 :  削除用パスワード : 
URL : 
利用規約 |  ブログの開設 |  個人情報の取り扱いについて |  ピジョンインフォについて |  妊娠・出産・育児情報サイト ピジョンインフォ
問い合わせ |  ピジョン株式会社
Copyright(c) PIGEON Corporation All Rights Reserved.