妊娠・出産・育児まかせなサイト ピジョンインフォ

鈴の木こどもブログ
blog.pigeon.info/suzunoki/

鈴の木こどもクリニック鈴木博先生のブログです
ようこそ、ゲストさん  | Pigeon.info BLOG TOP | ログイン
お気に入り画像
鈴の木こどもクリニックは東京都品川区戸越にあります。東京都では数少ない小児専門クリニックとして、「きれいでやさしい、そして楽しい母と子どものクリニック」を合言葉に、さまざまな小児診療-小児保健活動を展開しています。
  鈴の木こどもクリニック
by 鈴木博
 ブログ内検索
 
 過去記事一覧
 ・ 地震の後、2…
 ・ インフルエン…
 ・ あけましてお…
 ・ 2010年もあと…
 ・ RSウィルス感…
 カレンダー表示
 2022年 01月 
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
 
 ・ 2022年03月(0)
 ・ 2022年02月(0)
 ●2022年01月(0)
 ・ 2021年12月(0)
 ・ 2021年11月(0)
 カテゴリ
 ・ 保育園・幼稚園(2)
 ・ 病気・ケガ(26)
 ・ 育児(10)
 ・ その他(7)
新入園おめでとうございます
  | 保育園・幼稚園 | 2008-04-08 11:23 |

③病気になったら

 今までお母さまと2人で過ごしてきた、いわば無菌的な温室の中から、急に病原体のあふれている園=集団生活の中へ入り込んだお子さまは、まずひっきりなしに熱を出すかもしれません。

 「赤ちゃんは免疫があって、かぜをひかないって聞いていたのに」と、時々ご質問を受けることがあります。赤ちゃんの持っている免疫は、最初はお母さまの免疫物質(免疫グロブリンG)を胎盤を通してもらったものだけ。(母乳栄養が始まると、母乳から免疫物質が供給されます。また、生後7ヶ月過ぎからようやく自分の作った免疫グロブリンGも増えてきます。)したがって、お母さまがかかる病気は当然赤ちゃんもかかってしまいます。

 また、赤ちゃんがかぜをひかないのは、最初にお話ししたように、お母さまと2人だけの生活でかぜの人と接触していないから。実際、生後3~4ヶ月でも保育園に預けられた赤ちゃんは、頻回にかぜをひく子も多いです。

 でも感染を怖れてはいけません。赤ちゃんは感染を繰り返して、抵抗力を付けていくのです。肺炎になったり、脱水になったりして、小児科病院に入院する事態は避けなくてはなりませんが、家庭での適確なホームケアにより、元気になれば、段々抵抗力が付いてかぜをひかなくなり、熱を出さなくなるものです。

 近年、病児保育がだんだん増えてきて、いざというときは病児保育所がお子さまをお預かりして保育看護を行う体制が整ってきています。しかし、なるべく病気のお子さまはお母さまが手ずから看病されると、お子さまの病気がどういう状態ならあまり心配なくて、どういう状態のときは警戒しなければならないか、看病を繰り返すなかで経験的にわかってくるものです。病児保育は最後の手段にして、できるだけわが子が病気のときはまず自分で実際に看病して経験を積むことをお勧めしたいと思います。

 また、病児保育を利用したときは、お迎えのときに今日はどのような状態だったか、帰ってから家庭でケアするときに何に気を付けて看病したらよいのか、病児保育のスタッフに確認しておいたらよいでしょう。薬の飲ませ方も具体的に指導を受けるとよいでしょう。

(この項終ります)



by 鈴木博 | トラックバック(0) | コメント(0) |
トラックバックURL :
http://blog.pigeon.info/tb.cgi/suzunoki/197130
コメント
名前 :  削除用パスワード : 
URL : 
利用規約 |  ブログの開設 |  個人情報の取り扱いについて |  ピジョンインフォについて |  妊娠・出産・育児情報サイト ピジョンインフォ
問い合わせ |  ピジョン株式会社
Copyright(c) PIGEON Corporation All Rights Reserved.