妊娠・出産・育児まかせなサイト ピジョンインフォ

鈴の木こどもブログ
blog.pigeon.info/suzunoki/

鈴の木こどもクリニック鈴木博先生のブログです
ようこそ、ゲストさん  | Pigeon.info BLOG TOP | ログイン
お気に入り画像
鈴の木こどもクリニックは東京都品川区戸越にあります。東京都では数少ない小児専門クリニックとして、「きれいでやさしい、そして楽しい母と子どものクリニック」を合言葉に、さまざまな小児診療-小児保健活動を展開しています。
  鈴の木こどもクリニック
by 鈴木博
 ブログ内検索
 
 過去記事一覧
 ・ 地震の後、2…
 ・ インフルエン…
 ・ あけましてお…
 ・ 2010年もあと…
 ・ RSウィルス感…
 カレンダー表示
 2020年 11月 
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
 
 ・ 2021年01月(0)
 ・ 2020年12月(0)
 ●2020年11月(0)
 ・ 2020年10月(0)
 ・ 2020年09月(0)
 カテゴリ
 ・ 保育園・幼稚園(2)
 ・ 病気・ケガ(26)
 ・ 育児(10)
 ・ その他(7)
少し気になる、ちょっとした心配ごと
  | 育児 | 2007-12-17 11:50 |

前回まで、男の赤ちゃんのおちんちんについて、お話ししてきました。それでは、女の赤ちゃんに関してはどうでしょうか。

女の子のわれめに関して

時々、乳児健診のとき、われめ(小陰唇)がくっついて、左右に開かない赤ちゃんを見ることがあります。だいたい、お母さまは指摘されるまで、それに気づかれないことが多いようです。
これを「陰唇癒着症」といいます。

おふろのときに女の赤ちゃんのわれめをあまり洗ってあげないと、分泌物が付着乾燥して、左右の小陰唇を固くくっつけてしまう、「陰唇癒着症」を起こすことがあるようです。見つけた場合は、ピンセット等でていねいに癒着部位を広げて治療します。大体は左右に分かれて元通りになりますが、癒着がひどく、大学病院に紹介した例もありました。

これを防ぐには、日ごろのお手入れが大切なようです。健診のときに癒着は起こしていなくても、外陰部に分泌物がたくさんこびりついている赤ちゃんを見ることがあります。女の赤ちゃんの場合、われめの間も石鹸を用いて、よく洗ってあげたほうがよいでしょう。

癒着を繰り返す赤ちゃんには軟膏を用いることもあります。ご心配のお母さまは、かかりつけの先生に一度ご相談ください。



by 鈴木博 | トラックバック(0) | コメント(1) |
トラックバックURL :
http://blog.pigeon.info/tb.cgi/suzunoki/174122
コメント
2児♀の母 さんより
石鹸で洗ってカンジダの心配は無いのでしょうか?
at 2008-05-21 14:24 削除
名前 :  削除用パスワード : 
URL : 
利用規約 |  ブログの開設 |  個人情報の取り扱いについて |  ピジョンインフォについて |  妊娠・出産・育児情報サイト ピジョンインフォ
問い合わせ |  ピジョン株式会社
Copyright(c) PIGEON Corporation All Rights Reserved.