妊娠・出産・育児まかせなサイト ピジョンインフォ

鈴の木こどもブログ
blog.pigeon.info/suzunoki/

鈴の木こどもクリニック鈴木博先生のブログです
ようこそ、ゲストさん  | Pigeon.info BLOG TOP | ログイン
お気に入り画像
鈴の木こどもクリニックは東京都品川区戸越にあります。東京都では数少ない小児専門クリニックとして、「きれいでやさしい、そして楽しい母と子どものクリニック」を合言葉に、さまざまな小児診療-小児保健活動を展開しています。
  鈴の木こどもクリニック
by 鈴木博
 ブログ内検索
 
 過去記事一覧
 ・ 地震の後、2…
 ・ インフルエン…
 ・ あけましてお…
 ・ 2010年もあと…
 ・ RSウィルス感…
 カレンダー表示
 2020年 11月 
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
 
 ・ 2021年01月(0)
 ・ 2020年12月(0)
 ●2020年11月(0)
 ・ 2020年10月(0)
 ・ 2020年09月(0)
 カテゴリ
 ・ 保育園・幼稚園(2)
 ・ 病気・ケガ(26)
 ・ 育児(10)
 ・ その他(7)
熱が出るのは、いいことなのです。(1)
  | 育児 | 2007-05-26 09:42 |

 赤ちゃんが赤い顔をしてフーフー言っている。おかしいと思って、体温を測ったら、40.0℃!びっくりしますよね。このような経験をされた、お母さん、お父さんも多いと思います。
よくテレビドラマだと、ここで取り乱した若いお母さんが熱を出した赤ちゃんを抱きかかえて、病院に駆け込み、うちの子どもが熱を出して苦しんでいるのです!お願いです。早く見てください!などというシーンが続くかもしれません。
でも、待ってください。熱が出るということは本当は体に悪いことなのでしょうか。

 熱が出るということは、病原体が赤ちゃんを苦しめ、弱らせるために起こしているのではありません。赤ちゃん自身が病原体をやっつけるために、自分の「意思」で体温を上げているのです。熱が高くなると、人間の体内に侵入した病原体は繁殖しにくくなり、また人間の攻撃力(免疫反応)は増強します。
したがって、熱が出るということは悪いことでは全然なく、赤ちゃんが病原体に打ち勝ち、早く病気を治すために必要なできごとなのです。反対に、未熟児の感染症やお年寄りの重い肺炎でおこる、体温が下がってしまう状態(低体温)は極めて深刻で、危険な状態なのです。

 したがって、赤ちゃんの発熱に気づいたら、赤ちゃんが病原体と元気に戦っているのだと考えましょう。お母さまは発熱している赤ちゃんが比較的快適に過ごせるよう、いろいろと気を配り、一生懸命に病気と戦っているお子さまを応援してあげたいものですね。

 子どもの発熱について、少しお話していきたいと思います。



by 鈴木博 | トラックバック(0) | コメント(0) |
トラックバックURL :
http://blog.pigeon.info/tb.cgi/suzunoki/131097
コメント
名前 :  削除用パスワード : 
URL : 
利用規約 |  ブログの開設 |  個人情報の取り扱いについて |  ピジョンインフォについて |  妊娠・出産・育児情報サイト ピジョンインフォ
問い合わせ |  ピジョン株式会社
Copyright(c) PIGEON Corporation All Rights Reserved.