妊娠・出産・育児まかせなサイト ピジョンインフォ

緑蔭だより
blog.pigeon.info/ryokuin/

橋口先生のエッセイをお届けします
ようこそ、ゲストさん  | Pigeon.info BLOG TOP | ログイン
お気に入り画像
橋口玲子先生は内科・小児科医、医学博士。中国医学を中心に、西洋医学・ハーブ療法・アロマセラピーなどを取り入れた医療を実践されてます。
by 緑蔭診療所
 ブログ内検索
 
 過去記事一覧
 ・ ありがとう!…
 ・ 終了カウント…
 ・ 熱中症を知ろ…
 ・ サプリメント…
 ・ 初夏の散歩
 カレンダー表示
 2020年 08月 
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
 
 ・ 2020年10月(0)
 ・ 2020年09月(0)
 ●2020年08月(0)
 ・ 2020年07月(0)
 ・ 2020年06月(0)
 カテゴリ
 ・ ママ・母親(1)
 ・ 病気・ケガ(5)
 ・ その他(126)
はしかワクチンを忘れずに
  | 病気・ケガ | 2011-04-25 09:03 |

 東日本大震災の被災地では、大量のほこりを吸い込んだことによる呼吸器の病気が増えていると聞いています。今年は関東地方でも、大量のスギの花粉に加えて黄砂も飛んだとのことで、アレルギーのない方でも、花粉や黄砂がほこりと同様に長引く咳や痰の原因になる場合もありました。被災地に黄砂が追い討ちをかけないことを祈ります。

 さて、花粉症やインフルエンザは一段落しましたが、昨年末からはしか(麻疹)の患者さんが愛知や広島、東京などで出ています。愛知と広島では海外から帰国した子どもが発病し、周囲の子どもや大人に感染が広がり、小学生にワクチンの集団接種をしたところもあります。はしかはインフルエンザほど大流行はしないので、怖い病気だという認識がない人が増えていますが、現在でもウイルス性疾患の中では重い病気の一つです。高熱と発疹に加えて、咳、鼻水、目やになどもひどく、回復に2週間はかかります。免疫系にダメージを与える病気なので、治ってもしばらくだるさが続いたり、風邪をひきやすくなったりします。もちろん、伝染力も非常に強い病気です。

 はしかにはインフルエンザのような抗ウイルス薬はないので、ワクチンで免疫をつけておく必要があります。現在日本では、はしかワクチンは1歳と小学校入学前の2回接種することになっています。1回接種だった世代の子どもは、中1または高3で追加接種を公費で受けることができます。2回目の接種をしていないと10代後半や大人になってから抗体価が下がり、はしかにかかってしまうことがあるのです。北米や韓国ではワクチン接種が徹底しており、すでにはしかは海外から持ち込まれたもの以外ゼロの状態になっています。日本の修学旅行の高校生がカナダではしかを発病した例があり、海外では日本ははしかを持ち込む国といわれています。厚生労働省は2012年までに「はしかゼロ」を目指してワクチン接種を呼びかけていますが、現状では達成は難しいでしょう。

 はしかはかかった本人はもちろん、周囲にも影響の大きい、怖い重い病気だということを知って是非ワクチンを受けてください。乳幼児のほうが重くなりやすいので、1回目は1歳になったらすぐ受けましょう。2日目の接種も忘れずに。海外への修学旅行がある場合は、高校2年生で受けることもできます。



by 緑蔭診療所 | トラックバック(0) | コメント(0) |
トラックバックURL :
http://blog.pigeon.info/tb.cgi/ryokuin/426846
コメント
名前 :  削除用パスワード : 
URL : 
利用規約 |  ブログの開設 |  個人情報の取り扱いについて |  ピジョンインフォについて |  妊娠・出産・育児情報サイト ピジョンインフォ
問い合わせ |  ピジョン株式会社
Copyright(c) PIGEON Corporation All Rights Reserved.