妊娠・出産・育児まかせなサイト ピジョンインフォ

【蓮太郎のママだよ】
blog.pigeon.info/rentarou/

れんこの女装ブログ、ではありません(爆)2月9日2900g肉肉生まれの6ヶ月
ようこそ、ゲストさん  | Pigeon.info BLOG TOP | ログイン
お気に入り画像
いら~っしゃ~~~い、あたしよあ・た・し!覚えてるかしら?
by れんたろママ
 ブログ内検索
 
 過去記事一覧
 ・ 質問バトン
 ・ 爆発頭、健在…
 ・ 6ヶ月でもの…
 ・ 遅ればせなが…
 ・ うつ伏せ寝
 カレンダー表示
 2019年 10月 
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
 
 ・ 2019年12月(0)
 ・ 2019年11月(0)
 ●2019年10月(0)
 ・ 2019年09月(0)
 ・ 2019年08月(0)
妊娠8ヶ月目 もう顔がわかった
  | 妊婦・マタニティ | 2006-05-30 15:27 |

妊娠8ヶ月で確信をもちました。
「この子は絶対、産まれてくる・・・・・」と。
もう、体の器官はすべて出来上がり、あとは肺呼吸ができるかというところ。
今の医療だと、助かるんです。
でも、子宮破裂とか、怖い言葉を聞くたびに、転ばないようにしなきゃ、赤ちゃんは助かるけど、あたしが死んじゃう・・・・と気をつけていました。
今までで一番体に気をつかいました。

この頃、なぜか昔のお友達といろいろ連絡がとりたくなって、ハガキを出したりしました(あまり返事はもらえなかったけどね)
その中のひとり、長い付き合いの人と、久々に会って食事をしました。
話がいろいろ盛り上がっちゃって、夜遅くなって家族に叱られましたが・・・
「今5ヶ月ぐらい?・・・・ええっ!?!もう産まれるのぉ!?」って驚かれてしまいました。


そうなんです。
妊娠前150cmで36kg 妊娠しても47~8kg
もう重いから、早めに産みたいって考えていたんです・・・・・



画像は、横からですが、正面の顔です

アニメーションの専門学校を卒業しているんですが、筋肉や骨格を学んでいたためか、エコーの画像を見ると(実際は写真より綺麗に写ってます)大体の顔が想像できてしまいました。
「パパ、というか、義母に似てる・・・・・
実母、大笑い。
「まっさかぁ、まだわかんないよぉ。それじゃあ・・・・」
「鼻、おっきかったなぁ・・・・」

帰ってからも、手足がどうだったとか、骨格がとか、詳しく覚えていたことを話すと、驚かれる反面、あきれられました。似顔絵も描いて説明したのに。


が、



本当にその通りの子でした(笑)家族に吃驚されてしまいました。




・・・・・だろ?(笑)

今は、3D4Dの立体画像も見れる時代なんですよね。



by れんたろママ | トラックバック(0) | コメント(8) |
妊娠7ヶ月目 おも~~~い!!
  | 妊婦・マタニティ | 2006-05-30 14:32 |

この頃は、なんだかすっごく重いというか、胃のあたりが気持ち悪かったですね。
階段の上がり降りもフーフーいってました。
妊娠のためだというのは分かってるんだけど、胃がものすごくつっかえて具合が悪い。何かが挟まっているような・・・内科でプリンペランを処方してもらいました。

ある日、母と散歩をしているとき
私「ふーっ、ふーっ、お、重い・・・・・・ああ、7ヶ月か。あと2~3ヶ月の辛抱じゃい。」
母「ふふふ・・・・・甘いね。辛いのはこれからじゃ
おまえは、子育てのスタートラインにも立ってないぞ!!!」

ひぇ~~~~~~~~~!!!!!!

そ、そ、そ、そういうことでなく・・・・重いのよ・・・・・・ドッコイショ

赤ちゃんも、頭が下に落ち着いた。
お腹の上から触って、わかるくらいになった。
お腹を出してじっと見ていると、足で蹴るとき、
もこっ、もこっ、とお腹から何かが突き出して
変なかんじーーーー(笑)見て分かるくらいになった。

この頃から、家族や近所の方々に、よくお腹を触られた。
不思議。
本当は恥ずかしいのに、妊婦になったお腹は、私のものではないみたい。
もう名前も決まってたから「おーい、蓮くーーーーん、聞こえるかぁ?」とよく声をかけてもらった。

ただ、妊婦のわりに、お腹があまり目立たない。
胎児の大きさとは関係なく、個人差があるらしい。
季節が真冬ということもあって、コートなど着てるせいもある。
それが逆に困る。
妊婦に見えないから、席を譲ってもらえない。
たまーーーに、女性の方(おばさん)に譲ってもらえた。ありがたい。
布でも腹に詰めて歩こうかなーとか思ってました(笑)



by れんたろママ | トラックバック(0) | コメント(2) |
妊娠6ヶ月目
  | 妊婦・マタニティ | 2006-05-30 14:06 |

この頃はどんどんお腹が大きくなり、食欲がでるでる!何でも食べちゃう(笑)
もともと痩せすぎてたから標準だけど、臨月までに、12kgは間違いなく太りました。

ただ、安定期だったからよかったけど、引越しすることになりました。
離島で住んでいたけど、本土への転勤願いがとおったんです。
しかも実家からバスで30分のところ。よかったぁ!!!
ほとんど夫が一人で頑張ってたけど、かなり私も動いてしまいました。
そのせいで、ガンの検査をして、縫ったところからまた出血して、医師にしかられてしまうほどでした(笑)


辛かったですよ。ガンの検査は・・・・
妊娠中は出血しやすいんです。麻酔もできないし・・・・
検査の日は、母に付き添って、診察室に入ってもらいました。
「ひぃ~~~!」「いたいです!!!!」と声が出るし、怖くてガタガタ震えます。母は手をしっかり握ってくれ、看護士さんも励ましてくれました。なんか、もうお産のシュミレーションみたい・・・・
お産は、もっともっと痛いんだろうなぁ・・・・
実際には、お産より、ガン検査のほうが痛かったです。我ながらよく頑張ったと思います。赤ちゃんのため、赤ちゃんがガンのことを教えてくれたんだ。そう思ってがんばりました。


でも、新しい生活・・・・
新しい場所で、赤ちゃんと、3人の生活・・・・
わくわくしちゃいました(^o^)

このときにすごく気にしていたのが「おっぱい」
絶対母乳で育てたい・・・
早い人はもうにじんでくるけど、私はまだかなぁ・・・・
お風呂に入って、じーーーっと胸を見つめる日々・・・
後で大変な思いをするなんて知らずに・・・・(苦笑)

5ヶ月頃から、毎月毎月、全身の写真を夫に撮ってもらいました。
これが、今すごく記念になっています。
妊娠中は重たくて辛いけど、妊娠とわかったら、もう2ヶ月。
あと7ヶ月とちょっとしかないんです。
絶対記録に残すとかしたほうがいいですねーーーー

母親学級にも、積極的に通いました。多いときは2~3日おきに、あちこちの区役所とか「子育て」のイベントとか・・・なんでも参考にしたい!と思いました。
そのとき、助産師さんの公演で印象に残ったのが
赤ちゃんを、「赤ちゃん」と思うなということ。
小さくても、立派な人間なのだから・・・特別なことは必要ないってことです。



by れんたろママ | トラックバック(0) | コメント(1) |
お腹の中で、動く、動く!!!
  | 妊婦・マタニティ | 2006-05-30 13:58 |

お腹の中で感じる動きに、あ!と感動していたら
いつのまにか辛かったつわりもなくなっていた。
もうあっという間に安定期。

胎動も、ドラマみたいに
「あ・・・・今動いた・・・・」なんてものでなく
どっか~~~~~~~~~ん!!!!
ドカドカっ!!!!!
バリバリッ!!!
すさまじい暴れん坊の我が子(胎児)である。
腹がよじれそう・・・・

胎児は、20分おきに起きたり寝たり・・・と聞いたものの、(その子によって違うと思うが)この子はなんか違う。
ドタドタ暴れまくる日と、
一日中寝てる日があるのだ。やっぱりあたしに似てる(笑)
それに、胎児には昼夜の区別がない。
そのためよく、夜中に蹴飛ばされて、びっくりして飛び起きて、寝不足。
そう、母親は、妊娠したときからもう寝不足状態のよれよれである(笑)

やっぱり、男の子だなぁ、暴れん坊さん(^o^)

お腹は重たくなってきたけど、気分がよくなった。安産のため拭き掃除して、体操する。
旅行にも夫婦で行った。だけど・・・・2人きりの旅行って思ったのに、この子が・・・暴れる暴れる。高速バスが怖かったのかなぁ。って心配して・・・3人の旅行になっちゃった(笑)
今度夫婦だけでお泊りの旅行するのは20年以上先だったりして・・・・
そう言いながら・・・・とても幸せな旅行だった。

今、つわりで苦しい妊婦さん
幸せはもうすぐ来るよ!!!!赤ちゃんが、お腹で動くよ!


それから、もう毎日毎日楽しかった。
ずぅっと、ずぅっと、
赤ちゃんと一緒

なんだもん。トイレに行っても、食べてても、あ、今寝てるとか、起きてるとか、うれしそうとか、退屈そうとか・・・ママだから、そういうのよく分かる。
むしろ、お腹から離れた今のほうがわからない。

うれしいときは、バタバターって動いたり、嫌なときは体をよじったり・・・・「おりこうさんね!」と声をかけて撫でると、本当にうれしそうにする。お腹の中で「ぴくぴく」としゃっくりもするし、手を伸ばして「う~~~ん」と伸びもするんだよ。おもしろかったのが「ぽとっ」って手を下ろしたとき(^o^)お腹を向いたり、背中を向いたり、ぐるぐる一回転もするんです。水の中だから自由。

しまったなぁ・・・・今思うと、胎動日記をつけてればよかった。

なるべく夫には「ほら、パパが帰ってきたよ」とか、「父親」という言葉を意識させた。恥ずかしがって「パパ、なんて、私には合わない・・・」って言ってる。
「いってらっしゃい、あ、動いたよ。お手てを振って、ばいばいしてるよ!」ってね。「お帰りなさい。今日はね、大暴れして大変だったよ。」とかね。結構複雑な動きをするんです。胎児って。他の妊婦さんはどうかなぁ?私だけですか?

だけど、もうすぐお別れの日がくる・・・
お別れは、はじまりのうれしい瞬間なんだけど・・・


それが、とても悲しく思えた。
胎児と、離れたくない・・・・・・・・
この感覚は、本当に、女性だけにしかわからないと思う。

女に産まれて、本当によかった。



by れんたろママ | トラックバック(0) | コメント(5) |
はじめての胎動
  | 妊婦・マタニティ | 2006-05-30 13:08 |

お腹の中にいる我が子・・・・
今まで生きてきて、一番幸せ。


それは、離島から本土の実家へ帰る高速船に乗るときだった。

ぽこっ

ぽこぽこっ

ん?
おかしい?と思ったけど、それからしばらく何の変化もなく・・・
タクシーに乗るとまた

ぽこぽこっ

お腹の中で、小さなものが動きまわってる。
もしかして、蓮太郎!?!!!!!

立ち止まる。
「うごいてる、うごいてる!!!!!!」


たしか、4ヶ月に入る頃だったと思う。
病院の検診で「お腹でぽこぽこっとするんですが、胎動ですか?」と聞いたが
「まだ早いですね。腸が動いているんでしょう。」と言われる。

いや、これは腸じゃない。
絶対、おかしい。

「おーーーーい、蓮太郎、ママだよ。」


その動きは、日に日に強くなってきた。
小さかった範囲もどんどん大きくなってきた。
「蓮太郎・・・・」
そう言うたびに、目が涙ぐむ。

ママになるんだ。


あのときのことを、一生忘れない。いや、忘れたくない。
だけど、忘れてしまうんだろうな・・・・



by れんたろママ | トラックバック(0) | コメント(2) |
胎児の映像を録画して DVD作成
  | 妊婦・マタニティ | 2006-05-30 12:28 |

妊婦検診でエコーを見ていると、3ヶ月弱くらいで、本当にちっちゃ~い、
わずか約2cmの赤ちゃん

ぴょこん、ぴょこん

って動いてて、とても感動。
先生が、ビデオで録画できますよ、と言ってくれて・・・早く言ってよぉ。
はりきって持ってきたんだけど、あらら動かない・・・寝ちゃったぁ(笑)

4ヶ月ともなると、ジタバタジタバタ、ものすごく動く!
お腹のなか、狭いんじゃないかなぁ~と心配していたけど、
手足をびよ~~~~~んと伸ばして、快適そう(笑)
ものすごく精度もよく、全身がしっかり写ってた。

5ヶ月まで録画できたが、病院を変わって、その本土の病院は録画できず、それ以降は大きすぎて、足の骨だけとか、拳だけとか、一部しか写らないので断念。

さっそく
「これが、お腹のなかの、蓮太郎」というDVDを作った
蓮太郎・・・ってもう名前決めちゃってもいいよね?と言いながら・・・

お腹の中の動画まで残せるなんて、今の子はすごいなぁ
蓮太郎は、いいなぁ・・・・


それまで、「まだ産まれてもいないのに」と言ってたじぃじ。
ばぁばと、ドレスやお宮参りの着物の用意をしたり、布オムツを買ったり、ばたばたと準備をはじめても「まだまだ」という始末。「産まれてからでもいいじゃないか」

だけど、そのDVDを見て、大喜びしたのはじぃじ・・・!
おお!!!動いてる、さすがうちの孫、お腹の中からやんちゃな奴ぅ!
「俺もとうとうじいさんか・・・・よし、こいつがハタチになったら、一緒に酒を飲むぞ!!!!」とはりきって嬉しそう。
翌日にはもう職場の人に「やんちゃ坊主の孫」のことをしゃべりまくって、じじ馬鹿ぶり発揮しまくっていた(笑)たはは・・・・(;^∀^)


それからは、ことあるごとに、遊びに来てくださる方々に、このDVDを見せている。
しかも、胎児にセリフつきで、「せまいぞ~」「たいくつじゃあ~~」など(笑)なかなかいい作品となり、驚かれて、とても好評だ。
で、そのとおりのやんちゃ坊主が産まれた(笑)

画像の顔、宇宙人みたい(笑)



by れんたろママ | トラックバック(0) | コメント(2) |
「蓮くん」流行ってるけど、蓮太郎
  | 妊婦・マタニティ | 2006-05-29 16:03 |

もう説明することもないでしょうが、愛息子の名前は「蓮太郎」と書いて「れんたろう」です。滝廉太郎とよく言われますが字が違い、蓮の花のレンです。

今「蓮くん」ってすごく流行ってるらしいですね。

私「もう、名前決めたんだよね~」
母「なに?なになになに?????」
私「レン・・・・太郎」
母「ええええええええええええええええええええええええええええ!!!!」
 「なんで!?!」
私「なんでと言われても・・・・」
母「職場の人の孫も、
友達の孫も、「蓮くん」よ

私「え~!!!! そうなの?そんなの知らないよぉ~~~~」

産まれてから、皆さんが遊びにきて「蓮くんがいっぱい」と大爆笑(笑)

全然知らなくて、後で知ったんですが、漫画で「NANA」っていうのがすごく人気があって、それに出てくる子の名前ですよね。それを知って、お腹は大きかったけど、母と映画を観に行きました。それからは母はNANAに夢中です(笑)でも、皆さんNANAとは関係なく、蓮の花が好きなのだそうです。(ちなみに太郎はうちだけで皆「蓮」くんです)



実は私も一文字の「蓮」とするつもりでした。

妊娠4ヶ月目。男の子と分かって、すぐ名前をつけたくなりました。女の子だと思ってたし・・・それまで2ヶ月間「ジュニアちゃん」と呼んでいたので・・・
夫に病院ですぐ「どんなのがいい?」と聞くと、
「太郎」とか「一郎」とかがつく漢字がいいね。カッコイイし。小泉純一郎とか、森山直太郎とかさ・・・・
なるほどね・・・・う~ん、渋い・・・・
夫と私の名前どっちもとってつけたいと思ってたんで、よし、太郎か一郎かの最初の漢字一文字(純とか直とか・・・・)を考えないと!と、さっそく漢字辞書をひいて調べた。
最初は、自然にまつわる名前がいいと思ってて、「翼」と考えていた。「陸」とか。「翔太郎」っていうのもいいなぁ・・・・「聡一郎」もカッコイイなぁ・・・・
でも、なんかしっくりこない。姓名判断も調べたけど。うちの子じゃない!


「蓮」・・・・・
どうも、その文字が気になってしかたない。辞書じゃなくて、ずっと頭に浮かんでた。蓮の花がとても好きだから。
でも・・・・蓮・・・・だとすると、
太郎、だよなぁ、しぶっ、宗教臭いって言われるだろうなぁ・・・・姓名判断もあんまりよくないし(笑)夜中じゅう、レンタロウ、レンタロウ・・・と考え続けた。
朝起きて、夫に「蓮太郎なんだけど・・・」と書いた紙をみせる。
即答!
「いいじゃん!かっこいいじゃん!!!!!」
ええええーーーーーーーーーーー
あれだけ、あの名前はちょっと、それはどうもね、なんて言ってたのに。


決まった・・・・
あっさりと・・・・(笑)



でも、人に「蓮太郎です」と言うと「ふぅーん。。。。」とか「渋いね」って、微妙な反応なんだけど・・・・(;^∀^)やっぱ、親が好きな字が一番よね。
だって私、私の名前
父が勝手に占いでつけたと聞いて、すごくショック受けたんだもの・・・・
本当は母が好きで決めていた名前があって、もう
出生証明を出したのに、後で慌てて「やっぱり俺はあの名前がよかったんだよ・・・」と言われ、慌てて替えにいったらしいんですよー。悲しいー。それだったら、どーせ結婚して苗字変わるのに、そっちのほうがよかったのでは・・・とか思ったり。でも素敵な名前とは思ってるけど(笑)
ま、流行ってたありきたりの名前だったんで、いじめられることもなかったけど。

でも、男の名も女の名も、早めに決めておいたのは、正解。
こんなこと考えたくないけど、死産や流産になっても、名前は名前。よく産まれてから慌てたと聞いていたから、産まれて冷静にゆっくりと、素早く夫が出生届を提出してくれて、スムーズでよかった。


この蓮という名前、蓮の花はお釈迦さまの花だけど、汚い泥水の中で咲きますよね。汚ければ汚いほど、大きく綺麗な花を咲かせます。その姿を見て、強くたくましく生きてほしい、我が子が楽して幸になってほしいと願うのが親かもしれないけど、私はこの子に、
苦労して幸せになってほしいと願う。
人生はマラソンみたいなもの。苦労しなければ今の幸せはわかりません。私も独身時代はなに不自由なく生活してたけど、いろいろなことがあって、今になってやっと親に愛されていたことを幸せに思えた。だからそういう人になってほしい。
姓名判断は、
年をとって苦労するようなことが分かったらしく、父も占い師(占いが好きなんです(;^∀^))に「蓮太郎は、後に苦労するから、他の名前にしなさい」とリストをもってきてくれたけど、そのことを父に言って納得してもらった。「幸せ」とは、「幸せ」を感じられなければ「幸せ」ではない。そう息子に胸を張って言える自分を嬉しく思えた。

それから私は毎日毎日、お腹に向かって声をかけ続けた。
「蓮太郎、レンタロウ、れんたろう、れんたろ、れんたろれんたろ・・・・」


そして、その名の通りの子が生まれた(笑)
産まれ出て、はじめて我が子を抱いたその瞬間に、夫が言った言葉を忘れない。
「レンタロウいらっしゃい!
渋い顔だ。蓮太郎ってかんじだわ~~~~あはははははははは!」



by れんたろママ | トラックバック(0) | コメント(8) |
妊娠3ヶ月目~つわり~
  | 妊婦・マタニティ | 2006-05-29 12:19 |

この頃はつわりのピーク。毎日2日酔いの状態。

2日酔いといえば、不妊相談で、医師とこんな会話をしました。
「私、毎日の晩酌が楽しみで・・・妊娠するとお酒はだめですよね?無理です(笑)」「まぁ、ストレスも胎児にはよくないので、数日1回解禁日を作れば」「いや、それも無理かも(苦笑)」
その私が、妊娠がわかったその日から、毎日机の上に日本酒の一升瓶を置いて飲んでいた私が、きっぱり酒をやめました。煙草はすでに辞めて1年になっていたので、その点楽でした。

はっきり言って、
どうせ2日酔いなら、酒飲まないほうがいいや
ってかんじですよ(笑)たまったもんじゃあないです。ゲロゲロ

最初のうちは、「吐く」ってことが辛くて、吐くのを我慢していましたが、吐いたら楽になるので、少しずつ慣れていきました。でも吐くって辛いですよね。
幸い食べつわりのようで、食べないと吐くので口にしていました。が、食べ物の嗜好がおかしい。後でネットで見て、皆さんもそうだと分かり安心しましたが、
インスタント麺とか、妙にから揚げとかばっかり食べてましたね。
脂っこいのは嫌なかんじしますが、最初はゼリーとかトコロテンとかも好きでよく食べてたんですが、それじゃあお腹がすく。魚系は匂いが全くだめ。よくみんな言いますが「白米」の炊きたての匂いがぜんぜんだめで、食べられませんでしたね。
こんな食生活じゃだめだろ!と夫に叱られ、自分でも気にはしていましたが、ど~~~~~~しても駄目。吐いてしまいます。
最悪だったのが、いただいた「梨」大好物だしつわりのときの水分補給でおいしくいただいたものの、ほとんど吐いてしまいました。合っていなかったようです。
子供によって、2人目でもまた嗜好が違うらしいですね。
ずごく気にはしていたので、本を買ってきて読んだりしてました。それで、つわりは少しの間だとか、食べられなくてもまだ影響のない頃とか分かって安心しました。

それ以外は全く動けず、布団をしいてずっと横になってる状態。ほとんど病人。
となりの部屋へ行っても、匂いが違うのにヲエっとなってしまう・・・・とにかく妊婦は匂いにとても敏感。気分転換に買い物へ行っても、他人の匂いに具合が悪くなっていました。
夫はとても協力的で、特に私のガンという持病が分かったこともあり、気遣ってくれました。お惣菜をいろいろ買ってきてくれたり、洗濯したりしてくれて助かりました。でも、やっぱり「だらだらするな」とか、なかなかつわりの人の気持ちを理解するのは難しいようでした。後に、職場の方のお宅へお呼ばれしたとき、奥様が、つわりの辛さを語ってくれて、そのリアルさに納得したようでした。

台所に立つと、匂いの強烈さに眩暈がするし、家事など全くできなかったので、気分転換に、産まれてくるベビーの服を作ろうと縫っていました。男の子かな?女の子かな?どんな顔かな?キューピーちゃんみたいかな?って・・・・



画像は、そのときのことを思い出し、今日、遅ればせながら、我が子に着せてみました。
私のパジャマを切って作った短肌着です(ノ∀`*)ワハー
フリースで、猫ちゃん耳の帽子も作りました。寒い時期はこれを被せて買い物へ行ったりします。



キューピーちゃんというより、髪の毛大爆発の、モンチッチ??(笑)



by れんたろママ | トラックバック(0) | コメント(0) |
 お気に入りブログ
 ・ 大きなお空
 ・ ★★まめた☆ママの徒然日記★★
 ・ みゆうとしゅんの成長日記
 ・ 晴れるや☆
 ・ ★自閉症・ダウン症・のんびりチビ様方の成長期★
 ・ ベビとママ
 ・ 早くおっきくなぁれ☆
 ・ 子供がいる生活
 ・ 2人の姉妹の成長!
 ・ はるとひさと一緒♪
 ・ しょうたんとトトロの一日
 ・ ★花星マーケット★
 ・ いぶきの気まぐれ育児日記
 ・ すこすこ★すくすく
 ・ みかんちゃん日記
 ・ サクラサクサク。
 ・ たっちゃん日記
 ・ や~とん と いっしょ
 ・ 青空の下で   第三章~そして、成長〜
 ・ こうちゃん☆ふうちゃん最強伝説
 ・ あまえんぼお嬢♪
 カテゴリ
 ・ 母乳・授乳(2)
 ・ 子どもの成長(2)
 ・ 家族(1)
 ・ 病気・ケガ(1)
 ・ キッズファッション(2)
 ・ 赤ちゃん・ベビー(9)
 ・ 育児(7)
 ・ 出産・赤ちゃん誕生(4)
 ・ 妊婦・マタニティ(8)
 ・ 不妊(1)
 ・ 妊娠(2)
 ・ その他(20)
利用規約 |  ブログの開設 |  個人情報の取り扱いについて |  ピジョンインフォについて |  妊娠・出産・育児情報サイト ピジョンインフォ
問い合わせ |  ピジョン株式会社
Copyright(c) PIGEON Corporation All Rights Reserved.