妊娠・出産・育児まかせなサイト ピジョンインフォ

かわいいおしめサマ パート3
blog.pigeon.info/pyonta/

三人娘の成長日記
ようこそ、ゲストさん  | Pigeon.info BLOG TOP | ログイン
お気に入り画像
35歳ではじめての出産2428gと小さ目の長女。逆子のために帝王切開で出産。38歳で2628g次女の誕生。このとき初めてのVBACで出産。帝王切開では味わえない感動。しかし、リスクの高い出産のためこわかった~。そして三女はまたまたVBAC予定。年齢40歳体力とも勝負よ
by ぴょん
 ブログ内検索
 
 過去記事一覧
 ・ カフェカーテ…
 ・ ペンキ塗りⅢ…
 ・ ペンキ塗りⅡ…
 ・ ディズニーオ…
 ・ 水でお習字
 カレンダー表示
 2019年 11月 
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
 
 ・ 2020年01月(0)
 ・ 2019年12月(0)
 ●2019年11月(0)
 ・ 2019年10月(0)
 ・ 2019年09月(0)
アレルギー
  | 病気・ケガ | 2012-03-12 23:14 |

今日は三女ちゃんの検診に行ってきました。
このときに食物アレルギーの検査結果も
聞きましたが、やはり卵、ミルクはだめみたいでした。

でも食物アレルギーはだんだんと治りますからね。
と励まされ4歳ぐらいになったら
だめだったものも食べれるようになってきますよと。

ついでにステロイド剤のことも聞きました。
今キンダーベイトという薬を塗っていますが
皮膚科では一日一回
そしてだんだん止めれる様にしていかなくては。。。
と言われていて。と話をしました。
でも実際は夜中寝ると体が温かくなり
寝てる間にかきまくり朝血まみれ顔に
なっているんです。
本当は何度も塗りたいけど、
この夜中のいちばんかゆい時に
一回塗るようにしてるけど、やめられないんです。。。
と。。。


すると
この2,3年でアレルギーのステロイドの
使い方がかわってきて
こんな弱い薬なら
極端な話全身に塗っても皮膚から
吸収されるものはわずかですから
塗っても大丈夫ですと。
それに1歳までにどれだけきれいな皮膚の
状態を作れるかによってこの先の
この子の皮膚の状態も変わってきます。
とも言われました。
食物アレルギーはだんだんなくなる
一方でハウスダストに反応したり
花粉で
悩まされたり別のアレルギーで
ひどくでることもあるそうです。
なので、薬も怖がらずつかっても大丈夫。
アメリカでは1ヶ月のステロイドで7,8本
出すこともありますが」日本では
怖がって1本だけですよね。
小さい間にしっかり良い肌状態を
いかに保ってあげれるかこれが」大事なんだそうです。

今までの皮膚科の先生は
おばぁちゃん先生で私的には
好きだったけど
しっかり勉強されてる先生なので
これから小児科で診察してもらうことに
変えようと思います。



by ぴょん | トラックバック(0) | コメント(0) |
トラックバックURL :
http://blog.pigeon.info/tb.cgi/pyonta/481266
コメント
名前 :  削除用パスワード : 
URL : 
 お気に入りブログ
 ・ 白雪王子と晦日姫と7トンのブタ
 ・ 悠々自適
 ・ みゆうとしゅんの成長日記
 ・ エンジェルダイアリー
 ・ Dr.よこいの 育児はTake it easy!
 カテゴリ
 ・ ひとりでできた(3)
 ・ ママ・母親(10)
 ・ 保育園・幼稚園(7)
 ・ 母乳・授乳(6)
 ・ 子どもの成長(68)
 ・ 手作り(5)
 ・ 幼児食(1)
 ・ 家族(5)
 ・ 生活(5)
 ・ 病気・ケガ(50)
 ・ 離乳食(11)
 ・ イベント(27)
 ・ 高齢出産(2)
 ・ しつけ・教育(7)
 ・ お出かけ(49)
 ・ 子どもの遊び(57)
 ・ 赤ちゃん・ベビー(5)
 ・ 育児アイテム(3)
 ・ 育児(19)
 ・ 出産・赤ちゃん誕生(7)
 ・ 妊婦・マタニティ(1)
 ・ 妊娠(10)
 ・ その他(50)
利用規約 |  ブログの開設 |  個人情報の取り扱いについて |  ピジョンインフォについて |  妊娠・出産・育児情報サイト ピジョンインフォ
問い合わせ |  ピジョン株式会社
Copyright(c) PIGEON Corporation All Rights Reserved.