妊娠・出産・育児まかせなサイト ピジョンインフォ

うりとははの日々語り
blog.pigeon.info/nococo/

4歳の娘「うり」 2歳の娘「みど」 仲良し姉妹とははの日々やアイテムの感想 旦那さんの子育てについて
ようこそ、ゲストさん  | Pigeon.info BLOG TOP | ログイン
お気に入り画像
2011.9 生まれの長女うり
2013.9 生まれの次女みど
歳の離れた旦那さんと4人 日々楽しく生活していましたが
2016.4 長男を無事出産 5人家族となりました

仕事はフリーランスで依頼が入った時だけ
健康・美容・食に関するこだわりがそこそこあり
仕事は美容系なので 美容に関することも書いていきたいと思います
by うりのはは
 ブログ内検索
 
 過去記事一覧
 ・ 痛いけどオス…
 ・ 分娩
 ・ 陣痛中の気に…
 ・ 東京カラメリ…
 ・ 出産時に初対…
 カレンダー表示
 2018年 05月 
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
 
 ・ 2018年07月(0)
 ・ 2018年06月(0)
 ●2018年05月(0)
 ・ 2018年04月(0)
 ・ 2018年03月(0)
 カテゴリ
 ・ パパ・父親(6)
 ・ ママ・母親(5)
 ・ 保育園・幼稚園(5)
 ・ 母乳・授乳(4)
 ・ 子どもの成長(4)
 ・ 手作り(2)
 ・ 病気・ケガ(8)
 ・ イベント(1)
 ・ しつけ・教育(6)
 ・ お出かけ(4)
 ・ 赤ちゃん・ベビー(3)
 ・ 育児アイテム(14)
 ・ 育児(14)
 ・ 出産・赤ちゃん誕生(16)
 ・ 妊婦・マタニティ(22)
 ・ 妊娠(3)
 ・ その他(25)
わが家にイクメンはいない
  | パパ・父親 | 2016-04-17 15:16 |

出産直前の素晴らしいタイミングで仕事が落ち着いた旦那さん

落ち着いたとは言え
自営業のため 自宅での事務作業や電話対応も多く忙しそうでしたが
自宅にいてくれるだけでも安心感が違いました

子どもたちの寝かしつけで一緒に眠り 夜中に起きて事務作業を進めてくれたりしながら
日中はなるべく子どもたちと一緒に過ごしてくれていました

うりが春休みのタイミングでしたので こんなにありがたいことはなく
何よりも子どもたちは本当に嬉しそうでした


最近では男性の育休について話題になることが多いですが
父親が育児をすることを当たり前だと思っている男性は
育休を取らなくても その人なりの時間の使い方や関わり方で
積極的に育児をこなしてくれるのだと思います

ははの父親も休みなく働きながら
僅かな時間でもははとの時間を積極的に持ってくれるような人でした
夜中に怖い夢を見て泣きながら目覚めると飛んできてくれるのはいつも父親
母親も大変忙しく働いている人でしたので
妻への気遣いと娘への愛情だったのだと思います

旦那さんも子どもたちの泣声への反応はとても早く
ははが全く気が付かないまま
旦那さんが対応してくれていたのを翌朝知る
なんてことは日常茶飯事

そんな旦那さんも3人目ともなると健診に興味はないようで
いや 結構ドライな旦那さんのこと 元々さほど興味はないはずです
元気に育っているなら万事OK

生まれた瞬間 爆発するのです
母性が
もはや父性を通り越して母性だと思うのです
ははと同じ脳内物質が大量に放出されているのが目に見えるかのよう
面白いくらいの変化です


最近では 母親と子の関係よりも父親と子の関わりが
子の人格形成に その後の人生に大きく影響していく
と言うような記事を度々目にするようになりました

アメリカでは父親と子の関係についての研究が進んでいるようですね

日本では母親と子についてばかり
しかし 父親の影響がないはずはありません

あと10年もしたら
今よりも 父親と子のための育児本が増え これまで以上に父性に注目がされる
それが当たり前になっているのでしょうか

その頃になったらイクメンなんて言葉はなくなっていると良いですね

育児をする女性を指す単語はないのですから



by うりのはは | コメント(0) |
夫婦の信頼はするものではなく させるもの
  | パパ・父親 | 2016-03-31 23:52 |

最近の不倫報道の多いこと...
妊娠中の不安定な精神状態でゲスな不倫報道が続くと
あぁこんな裏切られ方ない...↓
と気持ちがとても落ちてしまったりします


付き合っている時は浮気を疑っても可愛いものですが
結婚して晴れて夫婦となると大切なのは信頼

日々家庭のために働いている人に疑いの目を向けるのは
とても酷なことですよね


わが家の旦那さんはとても不規則な仕事です

今日はここへ行き
明日はこちら

日中に電話が鳴り
今夜は急きょあちらへ行かなければならないので帰宅出来ません
明日の朝には帰れると思います

このようなことが日常茶飯事
繁忙期には寝る間もなく仕事をこなしてくれています

一日に何とか捻出出来た睡眠時間が車内での仮眠2、3時間
酷い顔をして帰宅した旦那さんに
本当に仕事だったのかなんて申し訳なくて聞けません

もちろん信頼しきっていますので
どこも疑い様がないのですが
それでも時々不安になります

そんな時はガマンをせずに聞くようにしています

大丈夫ですか?外で悪いことしてないですか?
ちょっと不安なんですけど


ありがたいなと思うのは
そんな言葉とははの思いにきちんと向き合ってくれること

でも ありがたいと思うと同時に
夫婦はお互いに信頼するのではなく
相手に信頼してもらうための言葉や行動が最も重要なこと
だと思うのです

簡単に疑ったりできない関係だからこそ大切だと


疑う気持ちも
相手に信頼してもらうための振舞いも
愛情無くしては維持出来ないこと

いくつになっても
愛情の上に成り立つ夫婦関係でありたいものですねりんご
 



by うりのはは | コメント(0) |
旦那さんのサポート
  | パパ・父親 | 2015-09-28 23:15 |

現在11w あと数日で4ヶ月

体重は妊娠前とほとんど変わりませんが
やけにお腹が出ています

え?すでに出ちゃう...?とつぶやきながら鏡を覗いています


そして いまだつわりでぐったりしている毎日です

比較的軽いものの 食べられる時食べられない時
気持ち悪くなっちゃう時 猛烈な眠気に襲われる時等
本当にその日その時で体調が変わります


現在 家庭内大活躍中の旦那さんについて

元々とても協力的な旦那さん
大変子煩悩で育児にも積極的

今回の妊娠が分かったその時から万全のサポートをしてくれています

旦那さんが仕事を終えて帰宅すると
ははの体を心配し 一日頑張ったと労ってくれています

休みの日には一日子どもたちと遊び お風呂に入り お風呂上りには歯を磨いて
寝かしつけと一緒に眠り 夜中に起きてキッチンの片付けを済ませる

感謝しかありません
なかなかここまで出来る人はいないだろうなと感心すらしてしまいます

しかし旦那さんの中では深く考えずに
出来ることをできる範囲でやっている程度なのでしょう

元々ははよりもずっとずーっと要領が良く 家事スキルも抜群に高いのです
そしてタフ とにかく心身ともにタフな人です


最近 有名人の方の訃報・ご病気等々
聞いているだけで辛くなるようなお話が続いていますね

数年前に恵比寿のToshiYoroizukaへ行った時
鎧塚シェフにお目にかかることが出来ました
とても物腰柔らかく 丁寧な挨拶をしてくれたことが印象的でした

今一番辛いお立場にも関わらず
なおも奥様を立てるように対応していらっしゃる姿をTVで拝見すると
本当に胸が締め付けられます


旦那さんより先に大病してはいけない
旦那さんを残して先に逝ってはいけない

つわりは出産に向けたポジティブな事柄だから良いですが
悲しい思いまでさせてはいけないなと
そんな風に思う今日この頃です


この先 旦那さんと喧嘩することがあれば このページを2度3度読み直したいと思いますバンビ右向き



by うりのはは | コメント(0) |
パパに読んでもらったらイイ本
  | パパ・父親 | 2013-04-25 21:57 |

うりが生まれてからたまに読んでいる本があります

ツレはパパ1年生

まだうりが生後半年くらいの頃だったと思います
たまたま本屋さんへ立ち寄った時に
文庫本で出ていたので買ってみた1冊でした

普段コミックもエッセイも読まないのですが
何だかとても共感が詰まった1冊でした

ツレがウツになりまして
細川貂々さんが描かれたコミックエッセイです

出産後から主に男性が育児している内容なので
ご主人にも読んでもらいやすいのではないでしょうか

わが家でもこんな面白い本があったよと
トイレに置いておくといつの間にか読んで
面白かったとの感想でした

産後直後のおっぱいに関してなど
ははもこんなことがあったね あぁうりもコレやってたね
うりもこんなことするようになるのかな
そうだよねぇ ははは大変だよねぇ

などと旦那さんなりの共感と理解を深めてくれていました

うりが少し成長するとまた読み返して
楽しんでいたりするのです

元々育児には積極的な旦那さんですが
まさかここまでハマるとは思わずとても嬉しい誤算でしたパンダ宇宙服

夫が育児をして 働いている妻に文句を言っているので
男性には一般の育児本よりも抵抗なく読めるのではないでしょうか
そして男性目線の育児では共感できる部分や
そんな楽しみ方があるならやってみようと前向きに捉えてくれそうです

また漫画なのも忙しい男性でも読みやすいポイントですね

育児にもっと参加してほしい もっと育児の大変さを理解してほしい等々
一役かってくれるのではないでしょうか

全シリーズ3年生までですが
今ちょうど同じくらいの時期なので笑いながら読みましたりんご



by うりのはは | コメント(0) |
ねかしつけ
  | パパ・父親 | 2013-01-04 10:55 |

1歳を過ぎて
いつまでおっぱい?
と周りには聞かれますが
うりはまだおっぱい大好きです

寝るときには添い乳で寝かしていますので
どうにも変わってもらえないのが寝かしつけ

うりのためだけでなくははも楽なので
そこは仕方のないことですね


うりには夜泣きらしい夜泣きはありません

生後3ヶ月の頃には20時~6時の間に2、3度起きる程度でした

今も変わらずそのくらいなのですが
どうやらたまたまははがお風呂に入ったタイミングで目を覚ましてしまったうり
旦那さんが挑戦してくれていました

私が寝室のドアをそっと開けると
うりに覆いかぶさった旦那さんの後ろ姿
こちらを振り向くことなく手のひらをははに向けていました

来なくていい

の合図です

リビングに戻ると泣き声が聞こえたり
静かになったりを繰り返しています

30分ほどで呼ばれました

トータル1時間の格闘の末
寝かしつけることはできませんでしたが
手ごたえを感じたとのこと

添い乳しながら話を聞きました


最初は全く受け入れてもらえず
泣きながらドアを叩いていたこと

しばらくして諦めたうり
旦那さんがくる?と手を広げると自分から来たこと

抱っこしていると眠れるけどおろすと起きてしまうこと

それを繰り返していると腕が辛いこと

旦那さんの結論は
気長に相手するしかない
ははがいないのだとうりが諦めるのを待つしかない
それを繰り返せば慣れるだろう
着地が課題だな


とのことでした
とても真面目な分析です

しかしははが長期に渡りいないことはありませんし
旦那さんがいてくれるのもあと数日ですので慣れる時間もありません
必要に迫られてからでも遅くないから今はまだ良いね
と言う結論に至りました


うりも大変でしょうが子どもは適応能力が高いので
きっとははや旦那さんの方が大変なのでしょうねバンビとひよこ



by うりのはは | コメント(0) |
どんな協定を結びましたか
  | パパ・父親 | 2012-12-26 23:05 |

イクメンってなんでしょうね

仕事もバリバリして
毎月安定したお給料を入れてくれて
家事も手伝ってくれて
育児にも積極的に参加してくれる


なかなか非現実的な内容です

いかにも誰かが仕掛けた流行ですね

現実は仕事が忙しいパパと言うのは
なかなか家事・育児に参加できないもの
起きてる子どもに会うことすらままならず
さみしい思いをしているパパも少なくないでしょう

妻によってだいぶ差がでるイクメンの基準
難しいですね

さてわが家の旦那さんは
とても子煩悩でははが仕事で一日お願いしても心配いらない程です
実に心強くありがたいです
家事も元々ははより上手くこなし
朝のゴミ出しは頼まずとも旦那さんが出勤時にやってくれています

しかし料理だけは一切しない

誰もがうらやむ良い旦那さんですが
(良いことしか言いませんので当然そうなるだけです)
うりが生まれてから仕事が非常に忙しく真価を発揮するタイミングが全くありません

それどころか
お互いに相手を思いやる余裕がなくなり相手に不満を持つようになりました

いや正確に言うとははが不満を持つようになったのですね

毎日週末も関係なく時間を見ながらうりとの生活のペースを築いているところに
週に1度突然旦那さんが家にいてゴロゴロしている
当たり前のことですしのんびりするのが家というもの
しかし疲れた顔をしてため息をついたりすることに苛立ってしまいました

そして話合ったのですが
これまでのようにお互いが納得できる結論に至りませんでした
当然ですね
私が言っているのは家で休むなと言っているのと同じだからです

そしてさらに話し合いを続けた結果我々夫婦が辿り着いたのは
夕飯は外で済ませて帰宅する
旦那さんが休みの日には何か買ってくる


うりのごはん ははのごはん 遅く帰る旦那さんのごはん
それに後片付け
どこの家庭でもやっていることですが
ははにはとても大変な作業です汗

お風呂掃除も洗濯も
旦那さんがいてもいなくてもどうせやること
でも食事だけは改めて時間を割かなければなりません

旦那さんのごはんの支度がないだけで
こんなにも楽なのかとパンダ宇宙服

何かをしてくれることではなく やらなくてもいいようにしてくれる

自分のことは自分でしてくれるだけで充分ですね

毎晩外食だと食費が心配ですが
いつも牛丼などを食べているそうです

さすがに体が心配になってきて
最近はカエルコールの際に
今日は食べるものありますのでそのまま帰宅して下さいカエル
と言うこともたびたび

たまに買って帰ってくれる牛丼はとってもジャンクで
ははには新鮮でとても美味しく感じますりんご



by うりのはは | コメント(0) |
利用規約 |  ブログの開設 |  個人情報の取り扱いについて |  ピジョンインフォについて |  妊娠・出産・育児情報サイト ピジョンインフォ
問い合わせ |  ピジョン株式会社
Copyright(c) PIGEON Corporation All Rights Reserved.