妊娠・出産・育児まかせなサイト ピジョンインフォ

うりとははの日々語り
blog.pigeon.info/nococo/

4歳の娘「うり」 2歳の娘「みど」 仲良し姉妹とははの日々やアイテムの感想 旦那さんの子育てについて
ようこそ、ゲストさん  | Pigeon.info BLOG TOP | ログイン
お気に入り画像
2011.9 生まれの長女うり
2013.9 生まれの次女みど
歳の離れた旦那さんと4人 日々楽しく生活していましたが
2016.4 長男を無事出産 5人家族となりました

仕事はフリーランスで依頼が入った時だけ
健康・美容・食に関するこだわりがそこそこあり
仕事は美容系なので 美容に関することも書いていきたいと思います
by うりのはは
 ブログ内検索
 
 過去記事一覧
 ・ 痛いけどオス…
 ・ 分娩
 ・ 陣痛中の気に…
 ・ 東京カラメリ…
 ・ 出産時に初対…
 カレンダー表示
 2018年 05月 
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
 
 ・ 2018年07月(0)
 ・ 2018年06月(0)
 ●2018年05月(0)
 ・ 2018年04月(0)
 ・ 2018年03月(0)
 カテゴリ
 ・ パパ・父親(6)
 ・ ママ・母親(5)
 ・ 保育園・幼稚園(5)
 ・ 母乳・授乳(4)
 ・ 子どもの成長(4)
 ・ 手作り(2)
 ・ 病気・ケガ(8)
 ・ イベント(1)
 ・ しつけ・教育(6)
 ・ お出かけ(4)
 ・ 赤ちゃん・ベビー(3)
 ・ 育児アイテム(14)
 ・ 育児(14)
 ・ 出産・赤ちゃん誕生(16)
 ・ 妊婦・マタニティ(22)
 ・ 妊娠(3)
 ・ その他(25)
顔面 二針...
  | 病気・ケガ | 2015-10-16 00:28 |

うりが幼稚園から帰ってくると外で遊びたがります

庭はありませんが
玄関前の自宅の駐車場でシートをひいて食べるおやつタイムは
うりみども大好き

外ならボロボロこぼすのも気にならない
そんな理由で ものぐさなははの始めたこと

この日も豆腐ドーナツと紅茶でおやつタイム

近所のおうちにカカちゃんと言うお孫さんが度々預けられているのですが
この日もカカちゃんが来ていたのでおやつを誘い
食べ終わると3人で遊んでいました

うりは自転車
みどは三輪車
カカちゃんも自分の三輪車があります

さてそんな和やかな時間を過ごしている時でした

突如 三輪車で顔面から転び
手も足も出ないまま顎を強打!!


顎がバックリしてしまい出血が止まらない!!

一緒に遊んでいたカカちゃんのおばあちゃんが
消毒してガーゼを当ててくれました

それでも出続ける血...

止血しながら様子を見ましたが
どうにも血が止まらないので自転車で近所の内科へ

外科じゃないと処置できないと言われ
違う病院へ

しかし外科の診察時間が終了しており
やっぱりまだ出血が止まっていない
仕方がないので ちょっと距離があるけれども
いつものかかりつけの総合病院へ

運悪く 外科の先生が緊急オペに入ってしまったので
いつ診察が再開するかわかりません
とのこと...

待つこと約3時間

この頃にはようやく出血も止まりましたが
当てていたガーゼは真っ赤!!

診察の結果 少々傷が深かったこと
治りは変わらないものの 縫った方が傷跡がキレイなこと
そんな理由から二針縫ったのでした

さて...

これはうりでもなく
みどでもなく...

ははの話です

なんとも情けないことなのですが
ふざけてみどの三輪車に乗ったら
足が後ろに行ってしまい
手がひっかかり そのまま真正面へ向かってひっくり返ってしまったのでした

自分のことながら 今でも思い出すたびに笑ってしまう

ケガした瞬間はみどしか見ていなかったのですが
とても心配そうにははにぴったりとついてきていました

縫ってから1週間後に抜糸を済ませると
比較的傷跡はキレイで
治った?もう痛くない?と気にかけてくれるうりみど

妊婦なのでもうちょっと気を付けないといけませんね
現在 無事に14wを迎えていますバンビ右向き



by うりのはは | コメント(0) |
みどのうで
  | 病気・ケガ | 2015-05-25 23:05 |

いつものように幼稚園バスを待っている時のこと

子どもたちと手をつないでいました

みどがどこかへ行こうと体重をかけて手をひっぱると
つないでいる手からパキッと音が聞こえ その振動も音と共にははの手に伝わってきました

手を離してみると 泣き出したみど

そうこうしているうちに幼稚園バスが着き うりを送りました

なおも泣いているみど
激しくはないですが 痛がる泣き方でした

手首を軽く動かしてみるとまた強く泣くのです
脱臼だろうか

困りました…

病院へ行かなければならないと判断しましたが その日は保育参観があり
うりの心配事もありましたので行かないわけにはいきませんでした

ぐるぐると3分考えた末
朝出勤した旦那さんに電話です

みどの状況と様子 保育参観の予定を伝え 午前中に休みを取ることが可能なら戻って欲しいと

すぐに戻るとの返事

勤務時間が日によってバラバラなので とても幸運だったと言えます


みどはと言うと
手首や腕に腫れている様子はなく
見た目には何も判断がつきません
しかし 相変わらず動かすと痛がって泣く

旦那さんが帰ってくるまでの間
みどの腕が痛くないように膝枕で横にさせると 疲れたのか汗びっしょりで寝始めました

ははは脱臼についてや
かかりつけの病院の休診日等調べていました

かかりつけは2件 内容によって分けています
小さい小児科だと早く済みそうでしたがあいにくの休診日
時間はかかるけれど総合病院へ行ってもらうことにしました

約1時間後に旦那さん帰宅

先生に聞かれた時にすぐに答えられるよう
状況の説明は旦那さんの携帯へメールで送りました

以前 予防接種に連れて行ってもらったこともありますので受診の手順も心配なさそうです
そして何より 子どもたちへの扱いがとても丁寧な旦那さんですので
これ以上安心なことはありません



ははが帰宅する頃には
旦那さんとみどは帰宅していました

結果 脱臼ではなく骨がずれた拍子に筋が挟まった状態だったとのこと

脱臼と間違われやすいがこれも幼児期によくあることだそうです

治療は一瞬で終了したそうです
みどもケロッとしていて本当に安心でした


旦那さんはお昼も食べずに仕事へと向かいました
それから帰ってきたのは翌日の朝のことです
旦那さんには申し訳ないことでした

タフな旦那さんに感謝ですりんご



by うりのはは | コメント(0) |
完 みどパニック
  | 病気・ケガ | 2015-01-29 09:25 |

午前の診察を受けた日の午後
お風呂に入ろうと洋服を脱いで支度していた時のことです
再びみどが痙攣を起こしました


すぐに服を着てノーメイクのまま午後の診療に向かいました

病院までは自転車で20分の距離
なかなかの距離があり その日2度目と言うこともあり
ちょっとしんどい道のりでした

しかし1日に2度の痙攣
座薬は8時間空けなくてはいけないのに
午前中に入れてからまだ6時間も経過していません



午前中と同じ先生でしたので話が早かったです
(地元では大きな総合病院なので小児科医も多いのです)

診察によると痙攣しやすいウイルスと痙攣しやすい体質が
合ってしまうと繰り返すことがある
とのこと

そして ダイアップと言う座薬はウイルス性の痙攣には効きにくことがある
と言うことで
一日に一度だけ服用するタイプの粉薬を1回分処方されました

お薬の説明書によると
テグレトール
脳の神経の過剰な興奮を抑え けいれんや意識消失などの発作を抑える薬


診察では
教科書には一日に2回痙攣起こすと入院するなんて書いてあるけどね
でもお母さんならおうちで様子見ても大丈夫じゃないかな


先生の言う教科書とはネット等の資料のことですね

入院と言っても 内容は経過観察
また夜中に痙攣起こしたりしてもすぐに診てもらえるので安心ですが
うりもいますのでそう簡単にもいきません

夜中でもカルテしっかりあるから当直の先生でも大丈夫
何かあればいつでも連れておいで


と言ってもらい 帰宅することに


あとはお母さん移らないように気を付けてね

と言われましたが
この時すでに前日の夜からおなかが下っていました

あーもらっちゃってるねー

ですよねー


仕方のないことです
嘔吐を全身で受け止めたり 下痢のたびにカブレないようおしりを洗っています
ウイルスは10個~100個で移るそうです

10個…もはや諦めるしかありません
重症化しないように気を付ける方が賢明です

幸いははは吐気と2、3日下すだけで回復しましたのでとても軽度でした


ここのところのみどのウイルス性胃腸炎の回復中に起こす痙攣は
今後も注意していきたいと思います

今回のような痙攣自体の危険性は高くないようですが
初めての時は浴槽内でしたし 2度目も頭を打っています



うりはと言えば
3度目はメイクオフ中のははに教えてくれました

ママーみどちゃんがー!!

その後も慣れたもので
何も言わずともそばでみどに声掛けしてくれていました

そんなうりも春からいよいよ幼稚園
きっと初めての集団生活であらゆるウイルスをもらって帰ってくることでしょう

今から何でも来い!!!!と覚悟を決めていますバンビ右向き



by うりのはは | コメント(0) |
続 みどパニック
  | 病気・ケガ | 2015-01-28 19:45 |

昨年の12月 ウイルス性胃腸炎の回復途中に突如痙攣を起こしたみど

1月に再びウイルス性胃腸炎になりました


うりが嘔吐下痢を1回づつ
(後になって考えるとウイルス性胃腸炎だったのでしょう)

その2日後にみどの嘔吐が始まりました

吐く姿と言うのは見ていて辛いですね
でも悪いものは少しでも早く出した方が良い
下痢が始まると少し安心します
嘔吐より下痢の方がまだ苦しくないです

約3日間程固形物は受付けず おっぱいも吐き戻す状態が続きました

嘔吐が治まり様子を見ながらおかゆなどをあげていきました

ピークを越えて もうずいぶん回復したなと思っていた頃です

立ったままテレビを見ていたみど
ゴンッと言う音に目を向けると
みどがひっくり返って痙攣していました

状態は前回同様 時間は3分程度

治まってからけいれん予防のダイアップと言う座薬を入れて
すぐに支度をし自転車で病院へ向かいました
午前中でしたので ギリギリ午前の診察に滑り込み

診察をしても特別検査をするわけではありませんでしたが
胃腸炎で病院へかかっていないのでそれも含めて話しました


胃腸炎だと通常は病院へ連れて行きません

水分が摂れているのなら病院でできることなどないことと
わざわざ待ち時間の長い中連れ出す方が体に負担がかかる
と言う判断です

ウイルスがロタなのかノロなのかを確かめるのはそんなに意味のないことだと思っています

ただ 症状が悪化した場合に備えて記録はつけておきます

嘔吐・下痢・授乳・食事・熱
それぞれの時間を簡単に記録

今回の痙攣でも記録をプリントアウトして病院へ持参し先生に提出しました
(iPhoneのメモ使用)

案外排泄の回数等は覚えていないものですのでとても役に立ちます



深刻な問題はないとのこと
座薬も入れてきたし 水分も摂れていますので
(水分が摂れていなければ点滴)
診察のみで終了でした


胃腸炎のための腸整剤とまた使った分の座薬をもらって帰宅


しかしこの日はこれで終わりではありませんでした



by うりのはは | コメント(0) |
みどパニック
  | 病気・ケガ | 2015-01-23 02:31 |

いつもの入浴中のこと
うりは洗い場で遊び
ははみどは浴槽に浸かっていました

みどを後ろから軽く支えるようにして座っていました

まだ浴槽内ではバランスを崩したり 滑ったりすることが度々ありますので
自由に遊ばせつつ いつでも支えられるように構えています

いつものようにみどがバランスを崩した様子で
後ろにひっくり返ってきました

笑いながら軽く抱えようとすると
そのままお湯の中にふわりと沈んでしまったのです

みどの表情が全く動きません

少しの緊張を感じました


すぐに抱き上げてみると
眼球は上転し 体が堅くなっていました
痙攣しています


すぐに脱衣所に寝かせました

異常を察知したうりはひとりで浴槽に浸かり
みどを心配しながら様子を伺っていました

みどちゃんどうしたの?

ちょっとね 具合悪くなっちゃったからね
ごめんねうり 待っててね すぐ良くなるから

うん うん だいじょうぶ?



もう内心パニックでした
無駄な動きが多くなります



しかしパニックを起こしても状況は改善されない
うりをこれ以上不安な気持ちにさせてはいけない
とにかくそばにいて見ていることにしました



16:04 みどが倒れてきた時間です
反射的に時計を見ていました

寝かせてからの状態は
苦しそうにヨダレを垂らし小刻みに痙攣 顔も真っ青
体は堅く手もグッと握りしめ 腕を突っ張った状態で筋肉が硬直

体が冷えないようにタオルで拭きながら
しっかりと様子を観察

ははの気持ちも少し落ち着いてきたところで
うりを上げてリビングへ移動

ソファに寝かせてみどの痙攣が治まったところで
うりにみどのそばにいてあげてくれるよう頼みました

すぐに時計を確認すると16:09

たったの5分…


かかりつけの病院へ電話して診察時間を確認
外出できる準備を最低限整えます

そんなこんなしているうちに

みどちゃん寝ちゃったよ!

うりの声

みどはいつもと変わらぬ様子で寝始めていたのです

よし、生きているなら大丈夫!

身支度を整えたらタクシーを手配


タクシーに乗込み病院へ
ここまでくればもう安心


熱はありませんでしたので熱性けいれんではありません
数日前からウイルス性の胃腸炎だったみど
どうやらけいれんしやすいウイルス性の胃腸炎と言うのがあるそうです

高熱が出た時の熱性けいれんと言うのは予備知識として入れてありました
いつ来るかわからない事態に備えて
状態と対応は把握しておく必要があります

しかしまさかウイルス性胃腸炎でも痙攣するとは予想外でした


かわいいタイトルになりましたが
昨年12月に起きた全くかわいくない事態でしたバンビとひよこ


小児科の先生によると
今インフルエンザよりもウイルス性の胃腸炎の方が多いんだよ
とのこと どちらにしてもみなさまもお気を付け下さい



by うりのはは | コメント(0) |
外耳炎→中耳炎
  | 病気・ケガ | 2014-03-19 22:59 |

みどは乳児湿疹が改善されてもなお耳周辺に悩まされております

外耳炎で薬を処方→1週間後に再診察を受け完治となっていましたが
依然耳をしきりに気にする様子があり
爪が少し伸びてくると耳が傷だらけ


寝ている間に耳に指を突っ込んで
くちゅくちゅと音を立てかき回しているのでした

右の耳だけ耳垢が多く 中は湿っています

様子見をしていたものの一向に改善されないので再び耳鼻科へ行きました


診察の結果は中耳炎

入浴時にお風呂のお湯が耳に入らないように
風邪をひかせないように
色々な注意を払ってきたのに悪化しているではないですか


耳と鼻の距離が大人にくらべて短いため 風邪などをひくと細菌が鼻やのどから耳に進入しやすいという特徴があり
中耳炎の多くは風邪の合併症としておこるようです

いつの間にか風邪菌の影響を受けていたのでしょう...


今回は点耳薬と飲み薬(抗生剤)が処方されました

母乳以外に初めて飲ませるのが薬ばかりで申し訳ない



みどの離乳食はまだ開始していません

6ヶ月頃から開始予定
最近ようやく食事風景を興味深そうに眺めるようになってきました

生後半年まであと数日

薬が飲み終わってから始めたいと思います

上手くいけば来週から開始

食べっぷりの良さそうな予感ですりんご



by うりのはは | コメント(0) |
みどの痛みとははの猛省
  | 病気・ケガ | 2014-01-25 23:05 |

外耳炎とは
外耳道が炎症を起こした状態
耳掃除のときの傷や海水浴などの水の刺激による毛嚢炎(もうのうえん)
中耳炎 外耳道の湿疹などが原因


よくみられる症状はかゆみ 痛み 分泌物


生後1ヶ月 乳児湿疹と同時に耳垂れが酷く
耳鼻科で外耳炎との診断を受け 点耳薬を処方されていました

つい先日 鼻詰まりが気になったので
旦那さんがインフルエンザ回復直後に咳の薬をもらいに行くと言うことで
みども同時に予約を入れて 旦那さんに連れて行ってもらいました

元気なうりが病気をもらっては困りますので
ははうりとお買物をして待っていました


旦那さんの話だと
鼻を診た後 何も言わずとも耳を診てくれたと
そして外耳炎がまだあるとの診断
(鼻詰まりは 鼻風邪とのことでした)


通りで耳の引っ掻き傷が酷いわけです
傷みと痒みがあるから
気になって掻いてしまっていたのですね

完治したことを確認して終わりにしましょう
と言うことで 同じ点耳薬をもらい
来週再び診察してもらうこととなりました


猛省とはこのことかと

ははの管理が至らなかったに他なりません

もっとちゃんと注意しておくべきでしたし
完治を確認すべきでした

病院へ行く回数は少しでも少なくしたいと思った 判断ミス

外耳炎も悪化すると大変なようですので
慎重になるべきだったのです


と。猛省はこのくらいにして

猛省したところでみどの耳が 回復するわけではありません

辛い思いをしているのはみど

外耳炎も鼻風邪もきっちり完治するべく
注意を払いたいと思います

月曜日 再び耳鼻科へ行く予定です
良くなっていますように...



by うりのはは | コメント(0) |
旦那さん流行にのる
  | 病気・ケガ | 2014-01-24 00:58 |

先日旦那さんがインフルエンザA型との診断を受けました

マスクは医療用にも使用されるものを常備しており
そちらを使用
鼻をかんだクズゴミは密閉袋に入れて自分で持ち歩いていました

ちょっとマスクを触ったり 口元を触ったら手洗い
寝室・食事は別
(旦那さんはリビングで寝ていました...病人なのに)

空間除菌のクレベリン購入

さすがにインフルエンザだけあってか
非常に辛そうでしたが
ははは看病らしいこともせず
隔離と旦那さん自らの徹底した手洗い等々で
ははと子どもたちに移ることなくほぼ自力で治してくれました

ありがたいです


みどのお世話をすることも
抱き上げることも

うりがちゅうしようと寄って行っても
ハグしようと両手いっぱい広げても
受入れられない辛さもあったようです

そんな苦悩は傍から見ていて可笑しかったです


平熱に戻ってから3日目の夜平常通りの日常に戻しましたりんご


ちなみにわが家は誰もインフルエンザの予防接種はしていません



by うりのはは | コメント(0) |
利用規約 |  ブログの開設 |  個人情報の取り扱いについて |  ピジョンインフォについて |  妊娠・出産・育児情報サイト ピジョンインフォ
問い合わせ |  ピジョン株式会社
Copyright(c) PIGEON Corporation All Rights Reserved.