妊娠・出産・育児まかせなサイト ピジョンインフォ

うりとははの日々語り
blog.pigeon.info/nococo/

4歳の娘「うり」 2歳の娘「みど」 仲良し姉妹とははの日々やアイテムの感想 旦那さんの子育てについて
ようこそ、ゲストさん  | Pigeon.info BLOG TOP | ログイン
お気に入り画像
2011.9 生まれの長女うり
2013.9 生まれの次女みど
歳の離れた旦那さんと4人 日々楽しく生活していましたが
2016.4 長男を無事出産 5人家族となりました

仕事はフリーランスで依頼が入った時だけ
健康・美容・食に関するこだわりがそこそこあり
仕事は美容系なので 美容に関することも書いていきたいと思います
by うりのはは
 ブログ内検索
 
 過去記事一覧
 ・ 痛いけどオス…
 ・ 分娩
 ・ 陣痛中の気に…
 ・ 東京カラメリ…
 ・ 出産時に初対…
 カレンダー表示
 2018年 10月 
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
 
 ・ 2018年12月(0)
 ・ 2018年11月(0)
 ●2018年10月(0)
 ・ 2018年09月(0)
 ・ 2018年08月(0)
 カテゴリ
 ・ パパ・父親(6)
 ・ ママ・母親(5)
 ・ 保育園・幼稚園(5)
 ・ 母乳・授乳(4)
 ・ 子どもの成長(4)
 ・ 手作り(2)
 ・ 病気・ケガ(8)
 ・ イベント(1)
 ・ しつけ・教育(6)
 ・ お出かけ(4)
 ・ 赤ちゃん・ベビー(3)
 ・ 育児アイテム(14)
 ・ 育児(14)
 ・ 出産・赤ちゃん誕生(16)
 ・ 妊婦・マタニティ(22)
 ・ 妊娠(3)
 ・ その他(25)
最新だけじゃダメ
  | しつけ・教育 | 2015-07-03 10:51 |

先日 地元の児童館へ行きました

あまり連れて行くことがないのですが
お友達に誘ってもらい行ってきました

おトイレへ行き うりに手を洗ってと伝え
ははも個室へ入りました

すると手が洗えないと言うのです

いつも勝手にやっていることなのになぜ

水が出せない

そうです
自動ではなく 昔からのひねるタイプ
最近ではめっきり見なくなりました

自宅の水道はどれも上下させるものですし
どこへ行っても自動ばかり

同じく和式トイレもどんどんなくなってきました
ショッピングモールはもちろんのこと公園のトイレでも洋式であったりします

しかしなくなったわけではない

いざという時にできないのでは困ります

そのため 和式があるところではあえてそちらを選びうりに教えてきました

子どもにやらせてみるとなかなかバランスが難しいものですね

最初は後ろから抱えるようにして
ほぼははが支えている状態でしたが
徐々にバランスが取れるようになってくると問題なくできるように

外のおトイレは洋式よりも和式の方が衛生的にも良いですね
多少どこかを持っても手を洗えばキレイになります
洋式だと小さな子どもは 座った時に下着が便座近くに付いてしまいますし
手で便座を握り込みますので便座裏の大変不衛生な場所等気になるところがいろいろ


うりはもう少し大きくなったら公衆電話でしょうか

駅には今もありますね

まだ携帯を持たない子どもが迷子になったら
携帯を持たせていても失くしたり落としたりした時の連絡手段等々


時代と共に変化し 消えていくものがたくさんありますが
可能な範囲で経験させたいですねりんご



by うりのはは | コメント(0) |
うりのひきだし
  | しつけ・教育 | 2015-02-26 00:31 |

成長著しい今の時期 日々変化
出来ないと思っていたことが
いつの間にかできるようになっています

興味と身体的成長とが合うとスッとできるようになったりしますね

どんなことでもできないと決めつけず
やればできるのだからやってみてごらん
と様子を見ることにしています

たくさんの事柄の中でははが最も徹底しているのは
出かける時の支度です
着替えやトイレ
ハンカチ ちり紙等簡単な手荷物の準備
ボタンやチャックを含めた上着の着用


自転車に乗る時には
ヘルメットやシートベルト

2歳でこれらの内容は一通りできるようになっていました

これはうりだからできるのではなく
興味さえあればどんな子でもできる

この興味と言うのは非常に重要で
ここにこそ大きな個人差があり
それによってできるできないがわかれてくるのだと思っています

その中でもお出かけはどんな子にとっても楽しいもの
うりも支度ができたら出かけようねと言うと
さっさと支度をし こちらを急かせるようになりました


そしてもうひとつ 重要だと思っていることが環境
自分でやろうとする気持ちを刺激してくれます

部屋の一角にうりのキッチンがあります
そこへ靴下・パンツ入れとハンドタオル入れを作り置いておきました

そうすると 朝起きてトイレへ行き オムツからパンツに履き替え
ははの出した洋服に着替える

手を洗う時には毎日 タオル入れから出して使います
おでかけする時にはタオル入れからタオル
靴下入れから靴下を選んで履きます


最初のうちは取ってくるだけ
ははが履かせていましたが
いつの間にか自分で履くようになっていました

上着やバッグも近くにかけておきます

最近ではバッグにうりみどのマグを入れて支度するようになりました


そしていよいよ春から幼稚園が始まります

さらにしっかりと自分の支度ができるように
うり専用の引き出しを新たに導入しました


一番上から
パンツと靴下
ドレス(と呼んでいるお気に入りのワンピース)
ハンドタオル
パジャマ
オムツ


朝は上から お風呂上りには下から使用できるようになっています

早速先日もらった 幼稚園バッグを引き出しの一番上に置いていました


子どもの教育のため
と言うのは二の次
とにかくははが楽をするためにやっています


引き出しを導入してから10日程経ったと思います
洗濯物はははが畳むとそれを自分の引き出しにきちんとしまうようになりました

一番下の引き出しにいれてあるオムツは夜寝る時用ですが
それが取れたら 幼稚園のシャツ用にでもしたいと考えています


今欲しいのは絵本棚です

旦那さんが作ってくれるそうなので
作ってくれたらまた書きたいと思います

しかし多忙な旦那さんのこと いつになることやらですりんご



by うりのはは | コメント(0) |
子どもとの言葉と夫婦の会話
  | しつけ・教育 | 2014-11-04 20:46 |

かなり会話が楽しめるようになってきたうり
もちろんははのセリフも多用します


できるだけ言葉には気を付けてきました

子どもに対する言葉使いはもちろん
大人同士の会話も意識


子どもに対する言葉使いは

おいでではなく来て

おいでは上から言っているようで
子どもが言う時は来ての方が柔らかくていいなと思うのです

嫌いではなく好きじゃない

嫌いは強い印象なので好きではありません

せっかく作った食事も嫌いと言われるとショックですが
うりコレあんまり好きじゃないなぁと言います


ありがとうと言れると親ははいと返してしまいがちですが
必ずどういたしましてとはっきり言う等々

子どもがそのように使ってくれたらいいなと思う使い方をします


そして気を付けている言葉は夫婦で共有

旦那さんもははうりの会話を聞いていて
ははの表現が良くないと思えば
どのような表現が相応しいかを一緒に考えてくれます
 
もちろん 良い悪いはははと旦那さんの主観で判断します


育児本の中には
言い方を変えると子どもが変わる
と言うようなものがあります

その通りだと思います

ネガティブな表現は良くない ガミガミ怒るのは良くない

ごもっともです

しかし 生活の全ての言葉を意識して変えるのは大変なこと
苛々して余裕のない時に覚えていられないと棚にそっと戻しました


自分たちの価値観の中で
これだけは気を付けたいと思うものを少し意識する
またそれを夫婦で共有することで子どもの混乱を避けることができます

また言葉には価値観がとても良く現れるため
それこそがまず最初の教育方針

何を習わせて どういった教育を受けさせるか考えるよりも
まずどのような言葉使いをさせるかが全ての始まり

そんなことを考えながら 自分の言葉使いもだいぶ改善されたような気がしていますりんご



by うりのはは | コメント(0) |
続・うりのトイトレ
  | しつけ・教育 | 2014-07-23 17:41 |

さて 気まぐれに始めて即挫折したうりのトイトレですが
ある出会いであっさりオムツが取れてしまいました

その出会いが

amazonの「なか見!検索」でちら見した
カリスマ・ナニーが教える
1週間でおむつにさよなら!
トイレトレーニング講座


ナニーと言えばイギリスの育児のスペシャリスト
どんな書籍が良いかと色々と探している時に見つけた一冊でした

そしてここでポイントとなるのが「なか見!検索」であること
要するに購入していない


...あまり大きな声では言えません


ポイントを押さえて実行 ダメだったら購入しようと決めて
早速翌日から開始


◇2歳過ぎて 自らパンツの脱ぎ着ができる

◇オムツの濡れている時間が長くなっているので膀胱の機能はきちんと発達している様子

◇うんちとおしっこの違いがわかっている




まずは1週間不必要な外出は極力しないことに決めました

初日

15~30分毎にトイレへ連れて行き座らせました

なんと毎回するではありませんか

褒められると楽しくてちょっとだけでも毎回するのですね

確実な成功体験を積重ね みるみると自信がついていくのが表情でわかります



2日目

30~1時間毎にトイレへ連れて行きました

上手くいっていましたが 夕方夕食の支度をしている時に
立ったままおもらししてしまいました

ははの不注意です


3日目

朝起きてすぐのトイレも成功

日中 おなかが痛いと言いながら自らトイレへ行きうんち

しかしお昼寝から起きた時に寝ぼけたまま泣きながら床でおもらし



4日目

この頃には毎回黙って一人でトイレへ行くように

終わる頃を見計らって拭きに行きました

午後はお買物へ行ったのですがしきりに「おうちに帰りたい」と。

どうやらトイレへ行きたかった様子

オムツを履いていましたが どうしてもトイレへ行きたいと訴えていました




こうして失敗もちょいちょい挟みつつ
誘わずとも自らトイレへ行き
終わると拭いてもらうためにははを呼ぶように

失敗する時はたいてい
お昼寝から起きた時や機嫌の悪い時等
ははとの意思疎通がきちんとできていない時
でした




トイトレを始めると オムツの中でするのをとても嫌がりました

トイレがしばらくないタイミングでは
ちょっとオムツの中でしちゃってくれても良いのに...
などと思ったものでした

これは大人の身勝手な都合ですね


常に水分摂取量とうりの変化や様子を見つつトイレを気に掛ける等
それなりに大変な思いもしつつでしたが
常にトイレに連れて行く方法なので
その辺でもらして拭き掃除をしたり 洗濯物が増える等がなく
覚悟していたほどの苦労はありませんでした


こんなに良い方法があるのはみなさんご存知だったでしょうか

知らないのはははだけだったのでしょうか
知らなかった 今のやり方ではストレスになる
という方はぜひ試してみていただきたいです

今回 聞きかじりで上手くいったのはたまたまなのか

ははも次はみどで試してみたいと思いますバンビとひよこ



by うりのはは | コメント(0) |
うりのトイトレ
  | しつけ・教育 | 2014-04-07 20:43 |

1歳を過ぎてから常に頭にあったトイレトレーニング

とても繊細 且つ難しい難所

そう覚悟していました

パンツに興味が出れば...
トイレが楽しい場所だと思えば...
等々いろいろ考えてみました

気まぐれにやってみると

やはり教えてはくれないですし
その辺でじょじょじょじょ....

やらなくてはいけないことが増え 正直苛々してしまうこともしばしば

うりにもははにもお互いのストレスになるくらいなら
そのうち何とかなるだろうと一切のトイトレをやめました


1歳半を過ぎ みどもいることだし
この夏にオムツが取れればとても助かります

来年からはいよいよ幼稚園

うりに自信を持って 幼稚園生活を迎えてもらいたい


そんなこんなでまずは絵本を買ってみることに


ぷくちゃんのすてきなパンツ

一言でまとめると 
トイレに失敗してもいくらでも替えのパンツあるよ
と言う内容なのでどちらかと言うとおおらかになれないお母さんが読むと良い本と言った感じです
しかし 最後のページのいろいろな柄のパンツに興味が湧いたようです
中でも「カエル」のパンツに心奪われたようでした


くぅぴぃのトイレですっきり

くぅぴぃがトイレでおしっことうんちを成功させるお話
これは良いです 成功体験そのままです
うりも気に入ったようでトイレに置いて 同じようにできてるね
と言いながら見せていました


トイレに興味はあり 連れて行ってあげれば小はトイレでできるのですが
ははがどう導き 進めてあげるのが良いのか皆目見当もつかず

しかしそんな時 よい出会いがあり
それから2週間後にはパンツで外出できるようになったのです

もちろんカエルちゃんパンツでカエル


ちなみに うりは小はちぃおまる 大はちっち鏡餅
違いがありません
あえてうんちとは教えていません

外出時にうんちっと言われるよりも都合が良いのでそのままですバンビとひよこ



by うりのはは | コメント(0) |
うりが泣くとき
  | しつけ・教育 | 2012-12-13 08:39 |

うりが生まれてからいつも心がけていることがあります

それは「驚いて声を出さない」こと

転びそうになった時「あぁ~!!」
転んだ姿を見て「きゃぁっ!!」

この声に驚いて 泣き出す子どもはとても多い

どんなに驚いても声だけは出さずに

でもどんなことにも全てに理由があるように
声を出すことにも理由があるようでした
どうも動きが鈍い
声を出した時の方がとっさの動きができるような気がしました

最近はずいぶん慣れましたし
大きなケガにならない程度であればそのまま転ばせています

そのせいか
うりは余程のことがない限り 転んだりぶつけたりしても泣きません
うりが泣くのは本当に痛いときだけ
そんな時も「うんうん。痛かったね!でも大丈夫だよ」
と言って抱きしめてあげると すぐに泣き止みます
泣かなかったときは
「おぉ!!うりは強い子だねー」と言って褒めるようにしています

いろんな子がいるので一概には言えませんが
泣いたから甘えられるわけではないことは
早いうちに理解しておいて損はないはずです


元々とても泣き虫なはは
甘えを許さない年の離れた厳しい旦那さん
ケンカして泣くと旦那さんは必ず言いました
「泣いて解決するなら泣いてもいいけど 解決しないから泣くな」
ははにはとても厳しい言葉でしたが
これをくりかえしたおかげで最近はずいぶん泣かなくなりました



by うりのはは | コメント(0) |
利用規約 |  ブログの開設 |  個人情報の取り扱いについて |  ピジョンインフォについて |  妊娠・出産・育児情報サイト ピジョンインフォ
問い合わせ |  ピジョン株式会社
Copyright(c) PIGEON Corporation All Rights Reserved.