妊娠・出産・育児まかせなサイト ピジョンインフォ

アラフォー主任の育児日誌
blog.pigeon.info/nakagawa/

「サラリーマンである前に父親であれ!」の嫁の言葉と定時退社&即帰宅を従順に守り続けている一家の主がつづる育児日誌です。みなさんどうぞ励ましに来てください。
ようこそ、ゲストさん  | Pigeon.info BLOG TOP | ログイン
お気に入り画像
愛する嫁さんと愛する息子を持つ、しがないサラリーマンです。
by 中川主任
 ブログ内検索
 
 過去記事一覧
 ・ 僕と息子のバ…
 ・ 僕はキャンプ…
 ・ 僕がマタニテ…
 ・ 僕が息子に話…
 ・ 僕の立会い出…
 カレンダー表示
 2019年 10月 
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
 
 ・ 2019年12月(0)
 ・ 2019年11月(0)
 ●2019年10月(0)
 ・ 2019年09月(0)
 ・ 2019年08月(0)
 カテゴリ
 ・ お出かけ(1)
 ・ 育児(5)
 ・ 出産・赤ちゃん誕生(1)
 ・ その他(1)
僕と息子のバスタイム
  | 育児 | 2011-06-03 20:56 |

息子を風呂に入れるのは、主に僕の担当です。

3人で入るんだけど、僕は先に息子を連れて入って体と頭を洗います。

息子はオフロスキーで今までは喜んで入ってたのに、3日前くらいから嫌がるようになりました泣いてる

お風呂がイヤというより、僕とお風呂に入るのがイヤみたいで…

かれこれ一年以上、毎日毎日、体と頭を洗っていたのは僕なのに!!え~ん


夕ごはん終わりの気配を察したら、息子はすかさず嫁さんの膝に座ります。

「ごちそうさま」をしたら喜んで僕のところに来ていたのが嘘のよう…

僕に連行されないようにシッカリと嫁さんにしがみついて、僕に対しては警戒のまなざしショック


そもそものきっかけは、滅多にない残業で帰りが遅くなって一緒に風呂に入れなかった日、

嫁さんが息子の体と頭を洗ってやってからです。

僕のことを待ってたらしいのですが、帰ってこなかったからなのかしら…

でもたったの一日ですよ~泣く

あの楽しかった僕と息子のバスタイムを取り戻すべく、おどったり歌ったり、身を挺して必死に

あやしてるけど、嫁さんが喜ぶばかりであまり効果は上がってません。

唯一ウケたお風呂前の『ぱんつかぶりごっこ』は、嫁さんに「ソレ、どうかと思うけど…」と

言われてしまいました。


来週も、また残業になりそうです。

寂しいなぁ。。。



by 中川主任 | トラックバック(0) | コメント(0) |
僕はキャンプがしたい!
  | お出かけ | 2011-05-27 22:26 |

息子も一歳になったし、寝付きも良く、夜通しぐっすり眠れるようになったし、

今年の夏はキャンプに行きたいと企んでいます笑う

僕はキャンプが好きです。

嫁さんの親父さんもキャンプ好きなので、嫁さんもキャンプ慣れしてます。

この夏は、夢の家族キャンプ!!


嫁さんと最後にキャンプに行ったのは、もう妊娠しているときでした。

赤ん坊が生まれるとしばらくキャンプに行けないから、どうしても行きたい!!と

言い張る嫁。もう秋ですけど。。。と言うか、つわりは大丈夫ですか?

言い出したら聞かないタイプの嫁さんに、やっぱり僕は説き伏せられて、

やっと内定もらったところだし、僕のヒモ生活も残りわずかだし、今のうちに行こうか

という話になって、さっそく張り切って計画立てて、準備も万端、いざ出発!乗用車


絶好のキャンプ日和で…と言いたいとこだけど、天気は霧雨。

つわりの嫁さんを助手席に乗せてキャンプ場を目指していたら

「あ!お腹空いた。ランチはあのレストランで食べたいよ~」と言い出した。

今日はキャンプですけど。。。でもつわりだもんね、仕方ないね。

某レストランは確かに美味しかった。美味しさのあまり調子に乗ってパンのおかわりをした嫁さん。

再びキャンプ場を目指す車内で、すっかり気持ち悪くなってグッタリしてました。

「あんなに美味しかったのに吐くもんか」と変なやせ我慢までして…


そんなこんなで、途中なんども休憩をはさんで目的地にたどり着いたのはもう夕方。

でもこれからキャンプの醍醐味、野外炊飯だもんね笑う

さぁ、やるぞ嫁さん!!…あれ、やっぱりまだグッタリ?

ちょっと横になりたいそうなので、しばらくそっとしておくことに。

ひとりで野山を駆け回っていた僕もいよいよ本格的に腹が減ってきたし、日も暮れちゃうし、

さぁ、やるぞ嫁さん!!…あれ、まだ調子悪い?

「こんなこともあろうかと」と、嫁さんは静かにレトルトのご飯とカレーを取り出したのでした。

そうか。まぁ僕一人で飯ごう炊飯とかバーベキューとかしても楽しくないもんね。

ふたりでレトルトの方が楽しいもんね。

キャンプ場の窯の上にカセットコンロを置いて、お湯を沸かしてレトルトカレーカレー

「外で食べると美味しいね~、やっぱりキャンプいいね~」と喜んで食べ始めた嫁さんは、

3口でごちそうさま…。彼女は普段は食いしん坊。つわりって本当につらいんだね。


日が暮れるにつれて、霧雨が小雨になっていきました。

ふたりで雨の音を聞きながら、ゴロゴロしながら話をしたり。普段の生活と変わらないけど。

完全なオフシーズンで、キャンプ場は貸し切りでした。


翌朝は快晴はれ本当に気持ちのいい森の朝!

「散歩しようよ」と声を掛けると「行ってきて」と。

もう起き上がるのもツラいのね…

果てしなく広がる貸しきり状態のキャンプ場の森を、僕はひとりで散策したのでした。

…嫁さんは一体ここに何をしに来たんだろうということは考えないことにして…

お昼前にはキャンプ場を後にして帰路に着きました乗用車

…ずっとこもりっきりだったけど、嫁さんはキャンプに来て何か楽しかったのだろうか。

すると「つわりでツラいけど、少しは気が紛れたような気がする」と。

やっぱり、何も無理してキャンプ行くこと無かったじゃん…と言おうかどうしようかと思ってると


「見て!変な看板のおせんべいやさん!」(試食を進められて、喜んで食べたくせに車内でグッタリ)

「あ!こんなとこにあやしい定食屋さんがあるよ!」(エビフライの中身しか食べなかった)

「あそこにジェラート屋さんがある!」(どれにするかさんざん迷って、僕の分まで食べた)


やっぱりキャンプじゃなくてもよかったんじゃないかという疑念は捨てきれないけど、

まぁ、楽しそうなのでよかったです。


この夏は、キャンプらしいキャンプがしたい!!



by 中川主任 | トラックバック(0) | コメント(1) |
僕がマタニティーブルー??
  | 育児 | 2011-05-26 22:24 |

最近、遂に息子が卒乳しました。

そもそもそんなに執着してなかったようで、泣くことも無く、僕の出番も無く、すんなりと。

もうお乳が要らないなんて。乳児から幼児へと大きな成長を遂げたんだなぁ星

息子に取られっ放しだった嫁さんが、これで僕のところに戻ってくるし。

いやぁ、うれしい出来事だ!授乳ないとラクになるし、嫁さんよかったねぇ笑う

夫婦で『卒乳』の喜びを共有しようと思ったら、嫁さんは何だかうかない表情。

「たまらなく切なくてさみしい」と泣く

確かに、息子はあっさりだったからね。むしろ、替わりに飲むかなーとか言って

絞ってやったミカンジュースを大喜びで飲んでたしね


その後もしばらく嫁さんの「切ない」は、「何か不安」もプラスされて続きました。

彼女は産後もへらへらしていて、マタニティーブルーは無かったのですが、

今回はもしかしたらそれに近いものがあったのかもしれません。

授乳しなくなると、またホルモンバランスも変わりそうだし…。

今までの育児の疲れも出たのかな。


僕は、息子が生まれてからブルーな日々がありました。

男の人にもマタニティーブルーがあるという話ですが…それって僕…?


産後3日目で退院して、嫁さんと息子と3人きりの生活でした。

買い物や用事は、僕が一人で行かなければなりません。

今なら、そりゃ当然だ!何でもやるぞ、何でも買うぞ、どんと来い!と思うけど、

出産前は、そんなこと思いもよらなかったのです。

だって、僕ひとりで行って来いなんて、僕だけ仲間はずれみたいじゃん…

授乳している嫁さんを、星飛馬の姉の明子さんの様にそっと見ていると

「何してるの?見なくていいよー怒早く買い物いってきてよー」とか言うし。

ほら、やっぱり僕だけ仲間はずれじゃん…

息子は、僕が抱っこするとすぐ泣くし。嫁さんが抱っこするとすぐ泣き止んで

何かふたりだけで話してるみたいだし。

ほら、やっぱり僕は仲間はずれじゃん!!

今までずっと僕とふたりで寝てたのに、嫁さんと息子がくっついて寝ちゃって、

すっかり僕が仲間はずれじゃん!!!

…という日々が続いて、嫁さん曰く「陰気くさい星明子」になっていた僕なのです。


他に頼るアテもない、夫婦ふたりきりでの子育てだったのに、

本当にあんなことになっちゃって、申し訳ない…

育児の疲れもあるかもしれないけど、育父の疲れもありますよね。

これからは僕がしっかりするからねはれ



by 中川主任 | トラックバック(0) | コメント(0) |
僕が息子に話しかけるとき
  | 育児 | 2011-05-25 20:45 |

息子が生まれる前、僕は嫁さんに宣言しました。

「俺は赤ちゃん言葉で話しかけることは、無理だ。普通の言葉でしか話しかけられない」と。

嫁さんは「それはそれでいいんじゃない?赤ちゃん言葉って、赤ちゃんが発音しやすい

言葉なだけなんじゃないかなぁ」と。

おぉ、そうか。息子よ、すまん。お前が喋りやすい言葉で話しかけてやれなくて…

そのせいで、喋り始めるのが遅くなるかもしれないが…父さんのわがままを許してくれ。


というワケで、子どもを混乱させないためにも、我が家では普通の言葉で話しかけるように

しようと決めました。


やがて生まれてきた息子との新生活が始まりました。

生後二日目に、助産師さんの指導のもと沐浴をさせましたお風呂

息子を抱いて、

「よいちょ、よいちょ、さぁ、おぶでちゅよ~」

自分でも驚愕しました。こんな言葉が自分の口から出てくるとは。

「…赤ちゃん言葉を通り越してる」

と、やや引き気味の嫁。

いや、待ってくれ。こんなはずでは…ふにゃふにゃな赤ん坊抱いて緊張してるし、俺。


しかし、その後も自然と口から出てくる赤ちゃん言葉(?)は、ますます拍車がかかる一方。

僕は全くなすすべも無く、現在に至っています。

最初は困惑した視線を投げかけていた嫁さんも、今ではすっかり

「オカマちゃんみたーいトリプルハート」と言って喜んでいます。失礼な奴…

でも確かに、不思議と赤ちゃん言葉プラス女言葉になってしまってきていて、

事態は実に深刻なのです。


今日も、はさみを触ろうとした息子に

「めっ!イタイイタイになっちゃうの!!」

と言ってしまいました。

聞きつけた嫁さんは大喜びして、身をよじりながら

「イタイイタイになっちゃうのぉぉぉ!イタイイタイなのぉぉぉぉ」と。

息子も真似して身をよじってるし。やめなさいってば。


父親の尊厳を取り戻すべく、あわてて

「怪我をするから触っちゃだめだ。血が出て痛いぞ」

と言ったけど、二人共もう聞いてくれてませんでした。


一体、どうしてこんなことになったんだろう。

自分の中に眠っていた何かが覚醒してしまったのだろうか爆発



by 中川主任 | トラックバック(0) | コメント(0) |
僕の立会い出産記
  | 出産・赤ちゃん誕生 | 2011-05-24 21:27 |

ちょうど一年くらい前に、息子が生まれました。

最近、よく出産の日のことを思い出します。


晴れてた空が急に暗くなって雨が降り出した時雨

昨夜からの弱い陣痛が、本格的になってきました。

でも、初産だから15時間くらいかかるんだ。まだまだなんだ

…と、嫁さんとふたりでどきどきわくわくしながら自宅に居ました。

しばらくすると、

「…今、なんか出たかも?じわっとしたような。破水かなぁ」

そそそそそれは、産院に電話してください!!

という事で嫁さんは電話してましたが、電話が終わると

「おそばが食べたい」と。

15時間くらいかかるから、食べとかないとお腹が空くそうで。

時々「ううぅぅ」とうめきながらおそばをすすった後は

寝室でのた打ち回ってました。大丈夫かな…

早く産院に行ったほうがいいんじゃないかな・・・


しばらくするとようやく嫁さんが「やっぱり産院に行く。電話して」と。

電話して、荷物を持って、クルマで出発!

荷物の中には『ナルニア国ものがたり』全巻が入ってました。

15時間もかかるとなると退屈かもしれないから、

枕元で読んで欲しいとの嫁さんのリクエストでした。


産院に到着。「お父さんはこっちの部屋でちょっと待ってて」と。

よしよし、と思って『ナルニア…』と取り出していると

「もう頭が見えてるわよ!お父さんこっちへ!」と。

あれ?『ナルニア…』どうしよう。


助産師さんもスンゴイ手さばきで色んな物をサササササ~ッと準備して、

「力抜いて~力抜いて~!」とか「へその緒が絡まってるわ!」とか

「あら、自分で解いて出てくるわ!」とか言ってる助産師さんの声を

遠くに聞きながら、僕はただただ嫁さんの手を握っていました。

15時間は一体どこへ??もう出てくるのか?

頭の中はてんやわんやのままでした。


嫁さんは「水ちょーだい」とか、ちょっと出てきた赤ん坊の頭を触らせてもらって

「何かふにふにだよぉ」と喜んでみたり、何というか余裕がある…。


そして、無事に我が息子が出てきました

赤ちゃんをお腹に乗せてもらった嫁さんは「わぁぁ結構かわいい」と。

彼女は、生まれたての赤ちゃんなんでシワシワのブニブニで、いくら我が子でも

そんなにかわいいと思えないんじゃないかと心配していたのです


その後、僕にはへその緒を切るという大役が待ってました。

事前に助産師さんから受けていた説明では、手袋をするハズだったのだけど、

準備の余裕が無く「これで拭いて!」と手渡された脱脂綿で手をフキフキ。

ちょっとずつ切るハズだったのだけど、緊張のあまり力んでしまって一気に

ゴリッと切ってしまいました。一瞬びびってしまったけど、何の問題も無くヨカッタ…


そんなこんなで、僕の中で15時間で想定していた出産は、

1時間のうちに終わってしまいました。

助産師さんに「あやうく自宅かクルマで出産だったわね」と言われました。

嫁よ…、どうしてもう少し早く産院に行こうとしなかったんだ…


とにかく無事に生まれてきてくれて、本当によかった。

もう少し大きくなったら『ナルニア…』読み聞かせるぞ星



by 中川主任 | トラックバック(0) | コメント(2) |
僕はヒモでした
  | 育児 | 2011-05-23 21:55 |

現在は、週5~6日間、きっちり朝9時から夕方17時半まで働くサラリーマンをしています。

が、僕の20年に及ぶ社会人生活の中で、1ヵ月半ほど無職の時期があります。

色々な事情があって、結婚して一年足らずで当時勤めていた会社を辞めました。

収入は嫁さんの稼ぎのみ。

当時住んでたアパートは、もともと嫁さんがひとり暮らしをしていた部屋に

結婚後、僕が転がり込んだ形なので、借主も世帯主も嫁さん。

何をしてすごしたら良いのか分からず、近所の公園でおじいちゃんたちに混ざって

ウォーキングしたりして。

洗濯物を畳みながら、もしかして僕は今ヒモなのかもしれない…と気付きました。

嫁さんは日に日にぐったり疲れていってるように見えるし、これは僕が無職だから

不安なせいだろうし、やっぱり早く脱ヒモしなきゃな、とせっせと就活をしていたある日。


「ふゎ~!子どもできたよ!」と嫁さんが嬉しそうに言った…

え?!何だって?どういうこと??本当に??

そうか、最近ぐったりしてたのはヒモのせいじゃなかったのか!あ、でも僕のせいなのかニコニコ

とりあえず病院に~…と思ったら、一度、寿退社をした嫁さんは僕の社会保険の扶養にしてて、

僕が退社した時に嫁さんは職場の社会保険に入ったんだけど、まだ保険証は届いておらず。

「子どもできないし、働こっかな~」と言って働き始めたばかりだったのです。

すぐに病院に行けないのも、ヒモのせいなんだ…なんて不甲斐ない…


そんなこんなで、やっとこさ産婦人科で初めて診てもらった日、

偶然にも僕の現在の勤め先の面接日でもありました。

これはいよいよ本気で脱ヒモせねば!!よく分からないけど、涙がこみ上げてくる思いで

面接に臨んだのは、懐かしい思い出です。


日に日につわりがひどくなる嫁さんを、ヒモの僕は必死でサポートしました。

電車通勤だったけど、クルマで送り迎えをするように乗用車

殆ど食べれないくせに、突然「タコライスがどうしても食べたい」と言い張る嫁さんの為に

タコライスを探し求めて自転車を走らせたことも。でも朝だよ…。

この時に僕がタコライスを見つけて買ってきたことは、今でも嫁さんに賞賛されています。


嫁さんが学生時代に過ごしたアパートの近所のパン屋のサンドイッチしか食べれない!と

涙ながらに訴えられた事も。

新幹線で片道5時間以上かかりますけど…

でもそれ以外は食べれないと言うので、近所のスーパーで材料を買い集めて、

似たようなものを作りました。

嫁さんは一口だけ食べて「まぁ、気持ちは嬉しかったよ」との事で。


そうこうしている内に、会社から内定の連絡をもらいました星

もう二度と、会社辞めたりしないからね泣く



by 中川主任 | トラックバック(0) | コメント(0) |
陰の努力
  | 育児 | 2011-05-22 22:14 |

今日、遂に、息子が自力で立ち上がりました!

が。嫁さんも僕も立ち上がるまでの過程は見ていません。


息子をおもちゃの前に座らせて、僕は嫁さんから仰せつかった寝室の掃除をしに行きました。

嫁さんは、息子に背を向けて夕飯の支度。

「わわわわわぁ~」と叫ぶ嫁の歓声を聞いて駆けつけたら、

KO寸前で立ち上がったボクサーのようにゆらゆらと

今にも倒れそうに立っている我が子の姿が!!

嫁さんがピーマン刻んで振り返った時には、立っていたらしい。


しゃがんだ状態から立ったりしゃがんだりはしていたけど、

ペタリと座った状態から何にもつかまらずに立つのは初めての快挙笑う


・・・だと思うけど。

ハイハイをし始めたときも、すべり台に登れるようになったときも、

誰も見てないときにコッソリやっていた。どうしてなんだ?

振り返って「あぁぁぁぁ!いまハイハイしてた!!」という感じで。

振り返ると「えぇぇぇ?すべり台の上にいる!!」という感じで。


もしかしたら、もう何度かコッソリ立ち上がってみたのかもしれないけど、

一応、今日が息子の『初たっち(発覚)記念日』です。


あぁ、発覚と言えば。

夕飯後の皿洗い、嫁さんが寝坊したときの朝ごはん(離乳食含む)作り、

トイレ・フロ掃除、その他嫁さんにお願いされた家事全般が僕の分担です。

最近手が荒れてきて、さっき結婚指輪をしているところの皮がむけました。

なんかカユイし。

で、ちょっと指輪を外しておいたら、ハミガキ中の嫁さんに見つかり、

「浮気発覚だ!!!」と・・・


僕に、明らかにそんな時間ないってわかるだろ!



by 中川主任 | トラックバック(0) | コメント(0) |
昨日の外出
  | その他 | 2011-05-21 23:26 |

昨日は休みを取って、友人に会いに出かけました。

嫁さんがお昼ごはんを作っている間に、子どもの面倒を見ながら外出の準備!
(嫁さんへのイクメンアピール!)

バッグに必要なものを詰めるのにも、すっかり慣れました。準備はバッチリ☆

お昼ごはんを食べ、いざ出発!!…しようと思ったら、

「子どものおやつも入れてくれた?」と嫁さん。

忘れてました、すみません。おやつ箱から3つ出し、これでバッチリ☆


そろそろおやつの時間だなーとバックを開けると、アレがない…

嫁さんから冷たい視線が…(ーー;)

何でも嫁さんの真似する息子からも冷たい視線が・・・

そんな表情まで真似しちゃだめだよぉ~

でもなんでおやつがかばんに入ってないんだよぉ~

確かに、おやつ箱から出し、テーブルの上に…

そこから、記憶の中におやつの存在はなし。

ひとまわり近く年下の友達からもだめだしされてしまいました。

みんなしてそんな…たかがおやつじゃないか!!

でも、コンビニでバナナをゲットして名誉挽回!!!(^o^)/

バナナをゲットした自分へのご褒美のついでに、嫁さんと友達にもアイスをゲット!!

嫁さんがバナナを渡すと、子どもはあごが外れそうなくらい大きくプルプルと口を開いて、

丸呑みしそうな勢いで食べてました。誰に似たんだか・・・

私は隣で、気温のせいでアイスが溶けそうなので、こぼさないように気をつけながら

ガッツリ美味しくいただきました。



by 中川主任 | トラックバック(0) | コメント(0) |
利用規約 |  ブログの開設 |  個人情報の取り扱いについて |  ピジョンインフォについて |  妊娠・出産・育児情報サイト ピジョンインフォ
問い合わせ |  ピジョン株式会社
Copyright(c) PIGEON Corporation All Rights Reserved.