妊娠・出産・育児まかせなサイト ピジョンインフォ

雨の日も晴天の日も
blog.pigeon.info/nagimama/

どんなお天気だって、お母ちゃんはデンとここにいるぞ!
ようこそ、ゲストさん  | Pigeon.info BLOG TOP | ログイン
お気に入り画像
31歳。ぐうたら主婦。いやはや寒くなりましたね!
by ナギーママ
 ブログ内検索
 
 過去記事一覧
 ・ 食の安全
 ・ いまさらクリ…
 ・ いつの間にか…
 ・ 育児放棄事件…
 ・ 折り紙
 カレンダー表示
 2019年 10月 
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
 
 ・ 2019年12月(0)
 ・ 2019年11月(0)
 ●2019年10月(0)
 ・ 2019年09月(0)
 ・ 2019年08月(0)
 お気に入りブログ
 ・ ★ ちょんまげ人生 ★
 ・ つれづれにっき
 ・ お母ちゃんのつぶやき
 ・ ゆず
 ・ ☆☆☆。。。
 ・ Natural Flower 花鹿良妻健忘の道
 ・ my homeへの記録(仮)
 ・ pua lililehua
 カテゴリ
 ・ 子どもの成長(2)
 ・ 料理・おべんとう(3)
 ・ 病気・ケガ(1)
 ・ イベント(1)
 ・ キッズファッション(1)
 ・ お出かけ(6)
 ・ 子どもの遊び(4)
 ・ 育児(1)
 ・ その他(24)
前の10件   次の10件  
ちゃちゃワールド2
  | お出かけ | 2007-05-25 22:54 |

こんなちいさなおうちもあって
人形で遊べます♪



by ナギーママ | 
ちゃちゃワールド
  | お出かけ | 2007-05-25 22:45 |

北海道の上のほう、

生田原というところに、



「ちゃちゃワールド」


という、木のおもちゃや製品を集めた施設があります。

これは3月くらいに行ったときの写真で~す。

世界各国から集めた木のおもちゃの展示のほかに
フリースペースで遊べるところがあり、日当たりも良くて
小さな子でも遊べるところです。

写真は、ゴルフボールくらいの木の玉が、ちょうど砂場のようなところにいっぱい入っている遊び場です。

影絵の展示などもしています。

天気が悪くて行くところに迷ったときはオススメです♪

ちなみに写真の緑の人間はうちのおとっつあんです♪

(頭だけならなんぼでも見せてやる、と言っていたのでのせました・笑)



by ナギーママ | トラックバック(0) | コメント(3) |
夜泣きの救世主?
  | 育児 | 2007-05-24 21:31 |

これだけブログを放置してたなんて・・・。

言い訳だけどね、ホラ、新システムに慣れたりとか
日記をこまめにつけてみたりとか

カメラのUSBが行方不明になったりとか・・・

ブログには、いろいろ写真入りでおもしろく作りたいなと思って、
構想?はあるんだけど、実行力がなくてね~
(じゃあダメじゃん・・・って突っ込みはナシね)



前置きはさておき
写真の「夜ぐっすりアロマシート」

ね~
心惹かれませんか?
夜泣きの味方、宇津救命丸から出てるものだしね。

1歳半になった息子が、まだまだおっぱい星人で
寝たと思ったら、30分後にグズグズ言って
「おっぱ~~~い」
その1時間後にまたグズグズして
「おっぱ~い」

あいても2~3時間で、おっぱいを飲めばすぐ寝るんだけど
たびたび起きられるのもしんどい。

てなわけで、生協の宅配カタログでコレを見つけて
即購入。
ちなみにシリーズで「鼻すっきりアロマシート」
っていうのもあります。

ものは試しで2種類購入。

お値段698円。 (けっこう高いよね・・・)









結果・・・・・



そうねぇ、2~3時間はまとめて寝るかな・・・
(変わってないじゃん、て話だ)


「鼻すっきり」のほうは、サンゴが気に入って貼っていたけど
別に鼻づまりしてないのに貼りたがって
効果の程はわかりません。

肌に直接貼るのではなく、シャツとかに貼って、
薬草が入っている面が肌にふれて効果が出る仕組みになっています。


というわけで、
「夜泣き」というより、おっぱいが恋しいぼっちゃんに
もうしばらく付き合う覚悟を決めた次第です。

おっぱいを飲まなくなったら、それはそれで寂しいんだろうけど
スーパーのレジで並んでるときに機嫌が悪くなって
胸元に手を突っ込んで
「おっぱ~~~~い」って言うのは、やめてほしいなぁ・・・・・・・。



by ナギーママ | トラックバック(0) | コメント(3) |
ただいま車検中
  | その他 | 2007-03-16 11:16 |

我が家の愛車がただいま車検中。
サンゴの幼稚園準備でお金がかかる上に、車検でまたお金がとんでいく・・・。

それなのに
「ミッションが壊れているので直すので、お金が上乗せになります」
と連絡が・・・。


(T_T)

そんなの想定外ですから・・・。
何で壊れたの?
壊れてたのに乗れていたのはなぜ?
本当に壊れてるの?
まさかボッタクリじゃないよね?(と言いたくなるくらいお金がかかる)


今の車は、私が二十歳で免許を取ってから4代目。

その歴代の車との思い出を今日は辿ってみよう。




二十歳で免許を取ったものの、看護学校在学中は、車の運転をしてはならない決まりだった。
なぜかというと、もし死亡事故などを起こしてしまうと、
看護師の国家資格が取れなくなるから。

なので、めでたく21歳で卒業してから私の運転歴は始まった。

卒業してすぐの3月。
勝手に父のオデッセイに乗って出かけた。

とある、弧を描いた造りの橋を走っていて、たもとの信号が赤になり止った。
ブレーキを踏んだ瞬間に、助手席から足元に何かが落ちた。
拾うためには足をブレーキから離さなければならない。

ギアをニュートラに入れて停止。
足を離す。
落ちたものを拾った・・・・

と、思ったら。






ゴン





衝撃音。


前の車に衝突・・・・・・・・・・。


そう、私は、ニュートラに入れたら車は止まると思ってたんですね~。
ところが橋のたもとは下り坂だったのです。
車は自然に動いて、ぶつかったのでした。


その後、何事もなかったかのように、父のオデッセイは実家に乗り捨て、
これまた実家で乗っていたRAV4が、私の1代目の愛車になりました。

勝手に乗ってきて、そのまま自分のものにしてしまいました。
(ついでにいうと、自賠責とか、損保とか、そういう保険をかけるのも知らなかった。1年目は親が黙って払ってくれていたんですね~。2年目からは問答無用で名義変更してありました)


さてさて、社会人1年目の夏
友だちとドライブで夜中にとある田舎町へ行きました。

家もない山の中を走っているとき
友だちがCDを入れようとしていました。

「これなかなか入らないよ」
と言われて、私はハンドルを握りながらも
「どれどれ~、入れるところ間違ってるんじゃないの」
と言いながらCDを入れようとしました。


その瞬間



ガン!!!!!ゴゴゴゴゴ!!!!!!!





CD操作に気をとられて、いつの間にか反対車線にはみ出し
反射板がついている柱に激突(高さが車の車高くらいあったかな・・・)
フロントガラス一面にヒビが入りました。
そのまま勢い余って土手の下に転落
かなり横転寸前の状態

このままひっくりかえってはヤバい!!!!

そう思った私は、そのままの状態で後ろに下がり、ちょっと前に戻り・・・
を繰り返しながら態勢を立て直す。

いったん道路に上がって車を見るが
車は見えない。
それだけ下まで落ちたということか・・・。

でもまあこうしていてもしょうがないので、車に戻り
木々をなぎ倒しながら走る・・・走る・・・走る・・・走る・・・(RAV4だから出来た業だなあ)

その様子を見ながら友達は横でゲラゲラ笑ってるし・・・。

ちょうどもう少しのところに、Uターンできるようにちょっと道路が下がっているところがあって、
そこから何とか道路に這い上がることに成功。

ところがタイヤがひとつ、バーストしていて走れそうもない。
そこでスペアタイヤの出番。

そうは言ってもかよわい女の子2人。
タイヤ交換なんてしたこともない。

おまけに真夜中だし、田舎道だし、携帯も圏外。

どうしようかね~
とりあえずやってみるべし

と、ああでもないこうでもないとやっていたところに、
運良く1台の車が!


キャンプに行く途中だったのか?
といういでたちの
素敵なお兄様たちが乗っており、ライトで照らしながらタイヤ交換をしてくれました。

おっとここで恋が芽生えるか?
と思ったけれど、素敵なお姉さまたちも同乗しており、妄想で終わった。

「お名前なんぞ、教えてくださいな」
と、あとでお礼でも、と思って聞いたが、
ナイスガイなお兄様方は
「イエ、名乗るほどの者では・・・」
と、颯爽と帰っていきました。

(ローカルな話だけど、「はいはい道新」に電話しようかとおもったわ)

さてさて、タイヤ交換も無事に終わり、いざ走ろうとすると、
なんだか焦げ臭いにおいがする。

走っては焦げ臭い・・・走っては焦げ臭い・・・

焦げ臭いというより、ゴムがこげた匂い。

なんと、真っ直ぐ走ろうとするとタイヤの泥除けみたいなところが車体とぶつかって
こすれていたのだ!!!!!

後でわかったことだが、ハンドルとタイヤをつなぐパイプみたいな(フロントフォーク?)のが
曲がっていたのだそうだ。

40キロ以上出すと臭いがひどくなるし
まっすぐ走るにはハンドルをナナメに操作しないとならないので
ものすごく低速で、100キロ以上の道のりを運転して、家まで帰る羽目になった。

今考えると、なんで損保会社に電話しなかったんだろうと思うけど
そのときは必死だったんだな~。


結局通常であれば2時間半くらいの道のりを
8時間かけて、朝の9時、自宅に到着。

車を引き取りにきた業者さんが
「よく無事でしたね。しかもよく運転して帰ってきたよ・・・」

と。

友だちに怪我させなくて何よりでした。

その後、車の保険を使うのに、警察に事故の届けに行ったんだけど
すぐ警察を呼ばなかったというので、しこたま怒られました。

「事故ったらすぐ警察を呼ぶべし」


この教訓は、後々まで生きてくるのである。


そして2代目は24歳の頃に買ったSMーX

とある日、自宅の前に止めていて、友だちが遊びに来るので
車をずらしてくれ、とダンナに言われた(当時はまだ彼だった)

「ハイヨ~」とバックさせていたら

ゴン!!

(またかい・・・)

左後ろを電信柱にぶつけました。

だって・・・リアウインドウの窓枠みたいなところにちょうど柱が重なって
見えなかったんだもん。

(あれ・・・たしかこのへんに電信柱がなかったっけ?とは思ったんだけどさ、見えなかったからいいやと思ったんだよね。でもやっぱり柱はあったのね)

その年の秋に結婚。
冬にサンゴ妊娠。


年が明けて臨月に入ったある日
免許の更新のために公安に向かっていた。
雨が降っていて視界は悪かった。

信号待ちをしていて

ゴン!!!!

(またかい・・・)

今度は後ろから追突された。

ぶつかると、けっこうな衝撃なのよね。

でも車は直してもらえたし、私もダンナも何ともなく、それで産気づくはずもなく一件落着。
相手は社名が入った車での事故だったので、なんだか気の毒だった。


そんなこんなで、3代目はアトレーワゴン。
夫婦で1台ずつ所有していたので、経済性と、子どもが生まれたのである程度広さがほしくて
この車に変えた。


時は過ぎコハク妊娠中。

とある日妊婦検診の帰り道。

ものすご~~~~~~~~~~~~く眠たかった。
かなりウトウトしながら運転していた。
やばいな~、コンビニの駐車場にでもとめて、ちょっと休もうかな・・・と思ったけど、
自宅まであと数百メートル。
ま、いっか。

と思った信号待ち。


ゴン!

(またかい・・・)


いつの間にか気絶していた。


ブレーキから足が離れていたのね・・・。

前の車にぶつかった。

ほとんど停止の状態でぶつかったので前の車にもウチの車にも
はっきりとした損傷は見られなかったけれど、修理に出してもらって
相手のお兄ちゃんもいい人で本当によかった。

あ、いずれも警察は速やかに呼びましたよ。
それに警察の目の前だったしね(-"-)

そして現在の4代目、ノア。

とある日、1年目点検かなんかでディーラーに車を出して、取りにいった帰り道。
サンゴがお茶を飲ませろ、と騒ぐのでコンビニに寄った。

けっこう混んでいて、とめるところがなさそうだったんだけど
1台の軽トラが出て行くのが見えたので、バックでそこに止めようと思って
軽トラが出て行くのを停止して待っていた。

その軽トラは頭から駐車していたので、バックで出てきた。

そして、そのまま・・・・・・


ゴン!!!!

(またかい・・・)

ノアの後ろに衝突。

だっておっちゃん、全然見ないでバックしてくるんだもん。
「危ないな~」
とは思ったけど、まさか全く見ないなんて思わないから、動かないでいたら
案の定衝突。


「車に乗るときは、(ノアが)なかったから」
って、おっちゃんは言ってたけど
「バックするときにちゃんと見てください」
と警察に怒られていた(当たり前)


まぁこれだけ回数をこなすと、事故ったときの対応も万全。

警察に電話して、ディーラーに電話して、あとは損保会社にまかせて終了。

車を乗り換えるつど、何らかの事故を起こしている私・・・。

危ないね。

いつか大きな事故になる前に、注意して運転するべし。

みなさまも、お気をつけて。


それから

「事故ったら必ず警察を呼ぶ」




これは鉄則です。
示談とか、なあなあにすると、後で必ず難癖をつけてくる人って絶対いるから、
どんなに小さく思える事故でも警察を呼ぶ。

それと、損保会社とディーラーにまかせること。
当事者同士でやりとりをすると、特に自分が加害者の場合
「悪いな」という思いにつけこまれて大変な事態に発展しかねません。

プロにまかせるべし。



by ナギーママ | トラックバック(0) | コメント(4) |
温泉
  | その他 | 2007-02-17 19:29 |

温泉に行きました。

我が家では、時間が出来るとよく行く、お気に入りの温泉があります。

家から車で(冬だと)40分くらいかな・・・。

「茅沼温泉」
といいます。
.

泉質が柔らかいと言うか、
ひとくちに温泉といっても、ゆあたりの感じっていろいろある。

きつめのもあれば、ピリッとくるのもあったり
どろっとしたのや、まったりしたもの・・・・等等。

いつもよく行くところは、施設は新しくないんだけど、ひなびた感じと、お湯が好きなので
行く時は週2回くらいのペースで行きます。

ちなみに日帰り入浴は大人400円。
小学生以下無料。

うちは、回数券を買っているので、実質大人1人250円で入浴してます。

コハクはダンナと男湯へ。
私はサンゴと女湯へ。


なかなかいいもんですよ。




サンゴは若いだけあってね~(当たり前か^^;)
肌がお湯をはじく、はじく。
お湯から腕をだすと、さ~~~~~~っと弾いていく。


え?私?
・・・・・・・・。

もちろん弾きますとも。








と、1拍分置いてからね・・・・。


写真は→
その温泉の敷地内にタンチョウヅルがいました。

ぬぼーっと立っていました。

縁起いいことあるかな☆



by ナギーママ | トラックバック(0) | コメント(3) |
暖冬・・・・?
  | その他 | 2007-02-14 10:22 |

暖冬と言われて久しい今日この頃

それでもやっぱり2月は2月

本日の最低気温-20℃

寒いってもんじゃないわ・・・。
骨まで冷えるね・・・。


-20℃が、どのくらいの寒さかというと。

築年数がかなり経過している我が家。
それでも夜中はストーブを消します。
(朝タイマーセットします)

1 今朝の室温5℃。
  これって東京の最低気温と同じくらい・・・?
  さぶさぶっ~~~~コート着なくちゃ!の世界。


2 当然、吐く息は白い
  (あくまで家の中)


3 浴槽の水は抜いておかないと大変なことになる。
  

その昔、私は犬を飼いたくてとてもとても古~~~~~~い一軒家を借りて、
一人暮らしをしていた。
そんな1月の冬のある日、入浴後、浴槽8分目くらい貯めたまま就寝。
朝起きたら底までしっかり凍ってた。
オーマイガッ!!!!!!!
その家は追い炊き式のお風呂だったので、凍ってしまっては沸かすことすらできない。
  

しょうがない、解けるのを待とう・・・・・







  


いったいいつまで?



気付けば3月。
お風呂はいっこうに解ける気配がない。
北向きだったのもあって、日もささない浴室だったしね~。
その間、毎日銭湯通い。(これはこれで楽しかった)
  
さてさて、3月といっても北海道の3月は、本州の真冬同様。
お風呂はまだまだ、ドリルで穴をあけて、わかさぎ釣りでもできそうなくらいしっかり凍ってる。
  
私は引越しをすることになっていた。
  
ハテ、このお風呂をどうしましょ。




当時はまだ彼氏だったダンナと相談した挙句、
やかんのお湯でとかしながらツルハシで割ることになった。
(ダンナがね。私はやかんでお湯を沸かす係・・・凍らせた当事者は私ですが・・・)
  

これが大変な作業でねぇ・・・・・・(遠い目)




午前中いっぱいぐらいかかったかしら?
やかんのお湯ごときでは3ミリくらい解けても、あとはガッチリ。
ツルハシで割った氷は洗い場のほうにどんどん出していくから、
今度は洗い場が


♪ふぶき  ふぶき  こおりのせかいぃ~~~~♪

底10センチくらいまでが限界で、それはひたすら熱湯をかけて溶かすことにして終了。
 
  



そのときには浴室は、さながら流氷館と化していました・・・・・・。  


ペンギンがいても、クリオネが泳いでいても、アザラシがペンペンしてても全く不思議はなかったね。

まあそういうことで、浴槽の水は抜いておかないと大変なことになる。

ちなみにこの家に住んでいたとき、水道管も凍らせたことがある。
なにせ北海道暮らしは素人だったしね~まだ。  


とある夜更け、かなりいい具合に酔っ払って帰ってきてトイレに入ったが水が出ない。
あれれ~~~~凍っちゃったか。

これじゃあ用が足せないし。

と思った私、「そうだ!ドライヤーで、水道管に熱風をあてれば解けるだろう」

と思って、水道管に向かってドライヤーを当て始めた。











いつの間にか3時間経過。
外は明るいし・・・・トイレの水は・・・・
出たというより、床のビニールタイル?みたいなものがドライヤーの熱で溶けていた・・・。


便器を枕に寝てたんだな~。
  
危なかった。

  
まだ若かりし22・23歳くらいの頃の話。

みなさまお気を付けておくんなさいまし。





そうそう。
だいぶ話がずれたけど、そんなわけで今朝のお風呂は、洗面器に残った水が凍っていただけですみました☆


3 外に出て、鼻をつまむと鼻毛がくっつく。

4 おしっこは、出る先から凍る。まるでつらら・・・・
  




  (それはウソ)


寒さ厳しい冬の朝
「冬はつとめて」
と、かの枕草子も言っていたくらいだから、
たまにはこういうのもいいもんだ。


たまにはね・・・。

誰か体験しに来ない?
雪かきツアーも用意しとくよ。



by ナギーママ | トラックバック(0) | コメント(4) |
ももたろう
  | その他 | 2007-02-05 12:44 |

3歳の娘が、ひらがな表を見ておりました。

「も」

の、ところには、モモの絵が・・・。

「あ!ももたろうだね」



子どもらしく、かわいい発言の娘。

そして歌い始めました。

♪も~もたろさん、ももたろさん♪

・・・ではなく。

♪ひっこしを~しよう~
  タダでもらったじゅうたくじょうほうたうんずで~~~♪


というCMソング・・・。

(みなさん、ご存知かしら?海からモモが流れてきてカパっと開いて、情報誌を手にした男の人が出てくるやつ・・・)



なんだか俗世にまみれている気がして、悲しかった母です(;;)



by ナギーママ | トラックバック(0) | コメント(3) |
ホッと一息
  | その他 | 2007-02-01 11:34 |

今、リニューアルされたトップページを探検してきたところです・・・。

見慣れない画面に戸惑いつつ。

ブログを開いたら、変わらない景色になんだかホッとしました(++)

変化についていけないのは・・・年をとったから????


子どもたちが大きくなって、家から巣立ったら、
家の中は変えないようにしよう。

「変わらないでいる」ことが
実家がホッとできる1番の理由だもんね。

なんにせよ、また時間をかけながら
ピジョンを楽しんでいこうかな!



by ナギーママ | トラックバック(0) | コメント(4) |
2段ベット
  | その他 | 2007-01-26 21:48 |

あちらの奥様も2段ベットを購入されたようですが・・・

我が家でも先週、2段ベットを購入。

いいもんだわ2段ベット。

何がって、まず部屋が広く使える。

今まで、寝る部屋は6畳間にめいっぱいダブルの布団2枚を敷いて
家族4人で寝ていた。

それがおもちゃの棚まで移動して、遊ぶスペースができるんだものねぇ。

上のベットはサンゴ。

すっかり「自分のおうち」になっている。

寝付くまでは添い寝がいるんだけど、
上のベットに行くときは、
必ず「お邪魔します」と言わなければならない・・・。

お気に入りのぬいぐるみも持ち込んで並べているのだけど、
サンゴよりかデカイ、しゃべるETまでいる。
夜中も目がパカッと開いているのでちょっと怖い。


コハクも目を輝かせてハシゴを上ってくるのよ^^
これがまたかわいいのね~。


2段ベット、私も小さい頃使っていて、兄弟で、上か下かケンカになったもんだ。
定期的に交代したりしてね。

ワクワクしたよね~。

今のサンゴのように、お気に入りのものを持ち込んで、
いいように枕の周りに並べていたもんだ。

親に見つかりたくないものはベットのマットの下に隠したりしてね(笑)
「ここなら見つかるまい」と思っていたんだけど
すぐ見つかって怒られるのよね・・・。


ゆくゆく、一人部屋になったら分けて使うことになるだろうけど、
それまでの数年間、子どもたちの成長ともに、このベットも思い出になっていくといいね。




ところでところで

下の段には誰が寝てるかって・・・・


なぜか私とコハクなんだな~。

最初ダンナが寝る予定だったのに。

やつはゆうゆうとダブルの布団に一人で寝ている。





ちなみにベットを組み立てた夜、ダンナが放った一言

「大人が寝ても大丈夫そうだけど、ここでエッチはできないな」



・・・・・(ー_ー)!!



当たり前だろ、この不届き者め!!



by ナギーママ | トラックバック(0) | コメント(2) |
なんか生えてる!
  | お出かけ | 2007-01-23 16:12 |

突撃コハク!



by ナギーママ | 
前の10件   次の10件  
利用規約 |  ブログの開設 |  個人情報の取り扱いについて |  ピジョンインフォについて |  妊娠・出産・育児情報サイト ピジョンインフォ
問い合わせ |  ピジョン株式会社
Copyright(c) PIGEON Corporation All Rights Reserved.