妊娠・出産・育児まかせなサイト ピジョンインフォ

つれづれ デブりん・・・
blog.pigeon.info/n1754mx1/

デブりんが「もとぼん」と「はむすけ」の兄弟との生活の中で感じた、さまざまな出来事についての考察をつれづれに・・・。
ようこそ、ゲストさん  | Pigeon.info BLOG TOP | ログイン
お気に入り画像
ヨン様と同い年の私。       2005年3月17日に 「もとぼん」2007年11月8日に 「はむすけ」が我が家にやってきました。        <主な登場人物>            《もとぼん》              特技:きらきら星の歌       《はむすけ》            特技:スマイル            《私》趣味:写真           《ダンナ様》              好きな物:阪神タイガース     《おじいちゃん》趣味:魚釣り      《おばあちゃん》特技:料理   (↑↑私の実家の)  です。
by デブりん
 ブログ内検索
 
 過去記事一覧
 ・ 大出血!(後…
 ・ 大出血!(後…
 ・ 大出血!(中…
 ・ 大出血!(前…
 ・ 5.そして出…
 カレンダー表示
 2020年 10月 
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
 
 ・ 2020年12月(0)
 ・ 2020年11月(0)
 ●2020年10月(0)
 ・ 2020年09月(0)
 ・ 2020年08月(0)
 お気に入りブログ
 ・ たんたんといっしょ + りーたんも♪
 ・ 崇太王子の成長日記
 ・ ちいちゃなヒーロー☆黄レンジャー
 ・ mockyの育児日記
 ・ いじわる妻の子育て日記☆(海外版)
 ・ ★りの+ハルとの★ハッピーライフ♪
 ・ てんてんぼうず
 ・ そうたんたん
 ・ どきどき妊娠生活~改めどきどき育児:のんと格闘中!!
 ・ 元気な3兄妹の賑やかブログ☆
 ・ きらきらな毎日*・゜゜・*:.。..。.:*・*:
 ・ 働く母!息子は保育園児
 ・ HARU & Hina's Diary
 ・ ☆俊タン&ママのきまぐれ日記☆
 カテゴリ
 ・ 子どもの成長(11)
 ・ 幼児食(1)
 ・ 家族(5)
 ・ 生活(5)
 ・ 料理・おべんとう(1)
 ・ 病気・ケガ(21)
 ・ 離乳食(2)
 ・ イベント(12)
 ・ 高齢出産(5)
 ・ しつけ・教育(1)
 ・ お出かけ(19)
 ・ 子どもの遊び(15)
 ・ 育児アイテム(8)
 ・ 育児(36)
 ・ 出産・赤ちゃん誕生(8)
 ・ 妊娠(1)
 ・ その他(47)
大出血!(中編)
  | 病気・ケガ | 2008-01-27 22:57 |

更新おそくなりました。
すみません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出血大サービス状態で、車椅子に乗せられ、
退院の診察をうけたあの診察台に乗ろうとするが・・・。
下着をとるのがはばかられる。

看護士さんは
「どれくらいの出血?生理2日目くらい?」ときいてくる。
(そんなんだったら、こんな夜中にくるか~。こっちは車椅子に乗せられてここまで上がってきたんだぞ~~。)とつっこみたかったが、
「いえいえ、かなり出てます。下着とったら床が汚れますけどいいですか?」
と病院の床の汚れまで心配する、人のいいデブりん(笑)。

気にしないでいいわよと笑われたので、気にしないで診察台に座る。
診察が始まる。
カーテン越しに看護士と先生の会話が聞こえる。
「ガーゼを下さい。」と先生。
「どれくらい?」看護士さんがいう。
「50センチくらいお願いします。」

そして、私のお腹に何かが詰められる感触が・・・。
(さっきのガーゼを入れて子宮の中の血を出すんだな。でもガーゼを50センチって・・・幅はよくわからないけれど、私の子宮はだいぶ元の大きさにもどったはずなのに、なんで?)
よく分からないままとりあえず処置が終わり、そのままベッドに移動し、採血。貧血の検査だ。
30分くらいして先生が再び診察。

それによると、
出血が異常に多い。血流を測る機械でみてみると、子宮内の動脈から血液がもれているらしい。

出産後、傷ついた子宮内の血管(今回は動脈)は自力でそれを修復しようとするらしい。
私の場合、子宮内の動脈に、よけいなモロイ血管をバイパスのように勝手に作ってしまって、そのバイパスの血管が破れて、子宮内に出血してきたようだ。
病名は「子宮内動静脈奇形」


で、どうするのか?

お腹の中の血液もれなんて、バンソウコウ貼るわけにもいかず、ましてや、動脈ときたら、そう簡単に血液が止まるもんじゃあない。
となると、お腹を開けるのか?
が~~ん。

つい2週間前に出産という痛い思いをしたばかりなのに、また痛いのか???
それに、小さいわが子が家で待っているのに、そんなに長く入院できないぞ!!!

でも、このまま放置すると、私の命は・・・・。

正直。デブりん自身は元気です。
出血していても痛くはないのです。
貧血があっても意識ははっきりしています。
見た目の出血量は多いですが、輸血はまぬがれました。

このまま、血を垂れ流し続け、意識が遠のき、幼いわが子を残して旅立つなんて、それはアリエナイ。

先生はとにかく手術が必要だという。
その方法だが、カテーテル手術というのをしてくれるらしい。
「カテーテルでできるんですか??お~~ラッキ~~!」
最近テレビでもよくみかける最先端医療技術。
足の付け根の動脈から血管の中を通って患部まで行き、治療や検査をするアレである。

入院の期間も短くてすむはず。傷も小さくてすむ。

よかった。大病院で出産して・・・・。
緊急手術なのでスタッフを集めて朝7時からの施術になるとのこと。

それまで、入院ベッドの上でダンナと待つ。
自覚はないが貧血と血圧の低下により、ベッドから起き上がるのを禁じられる。
輸液の点滴と、おしっこの管を通す。
当然寝られない。
また、大きなパットをはさみ、病院のオムツのようなショーツをつける。

「ショーツを持ってきてあげて、Mでいいかな?やっぱりLにしておきましょう。」
ベテランナースが若いナースに指示する言葉が聞こえた。

ふん。どうせ私はデブりんさ!!
退院したら絶対やせてやる!
心に誓った一瞬でした。


いよいよカテーテル手術にむかう。早ければ30分。長くても1時間30分くらいの時間らしい。
だから、8時半までには手術室から出てこられると思ったのに・・・。
デブりんが手術室から出てきたのは10時だった。

なんでそんなに時間がかかったのか・・・。
手術室の中の様子は次回に書きますね。
局所麻酔なもんで全部はっきり覚えてますんで。



by デブりん | トラックバック(0) | 
トラックバックURL :
http://blog.pigeon.info/tb.cgi/n1754mx1/181706
利用規約 |  ブログの開設 |  個人情報の取り扱いについて |  ピジョンインフォについて |  妊娠・出産・育児情報サイト ピジョンインフォ
問い合わせ |  ピジョン株式会社
Copyright(c) PIGEON Corporation All Rights Reserved.