妊娠・出産・育児まかせなサイト ピジョンインフォ

みとの宝物!
blog.pigeon.info/mitonotakaramono/

みと姫 2008年5月7日 2852グラムで誕生したよ!  みと太郎 2010年1月4日3152グラムで誕生したよ! みと豆 2011年11月27日3084グラムで誕生したよ!
ようこそ、ゲストさん  | Pigeon.info BLOG TOP | ログイン
☆右 : 2011年11月27日生まれの男の子
☆真ん中 : 2010年1月4日生まれの男の子 
☆左 : 2008年5月7日生まれの女の子 

可愛い三人の子供がいるママです。 
日々の子育ては笑顔を絶やさず、おおらかで!がモットーです♪
by みときち
 ブログ内検索
 
 過去記事一覧
 ・ キュウリとわ…
 ・ 甘酒&べった…
 ・ 太郎君の参観…
 ・ 子供たちとの…
 ・ 豆ちゃんの参…
 カレンダー表示
 2019年 10月 
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
 
 ・ 2019年12月(0)
 ・ 2019年11月(0)
 ●2019年10月(0)
 ・ 2019年09月(0)
 ・ 2019年08月(0)
 お気に入りブログ
 ・ 猪娘。の猪突猛進日記
 ・ ~坊主日記~ ◆家族の中心で陣取る、BOSS◆ =o゚д゚o=
 ・ 小ぶたの家族☆成長記録
 ・ ☆ダラダラ日記☆
 ・ *☆* ひまり日和 .*。晴天吉日*☆*
 ・ *゚☆hitono's memo☆゚*
 ・ 下手の横好き ~年子姉妹とぐうたら母の日記~
 ・ 泣き虫ママの3粒の宝
 カテゴリ
 ・ 小学校(1)
 ・ おもちゃ・知育玩具(35)
 ・ ひとりでできた(12)
 ・ 祖父・祖母・親戚(153)
 ・ パパ・父親(39)
 ・ 絵本(5)
 ・ ママ・母親(79)
 ・ 保育園・幼稚園(121)
 ・ 母乳・授乳(20)
 ・ 子どもの成長(122)
 ・ 手作り(16)
 ・ 幼児食(11)
 ・ 家族(2)
 ・ 生活(1)
 ・ 料理・おべんとう(52)
 ・ 病気・ケガ(228)
 ・ 離乳食(25)
 ・ イベント(55)
 ・ キッズファッション(6)
 ・ キッズ(3)
 ・ しつけ・教育(36)
 ・ お出かけ(191)
 ・ 子どもの遊び(102)
 ・ 赤ちゃん・ベビー(146)
 ・ 育児アイテム(25)
 ・ 育児(6)
 ・ 出産・赤ちゃん誕生(5)
 ・ 妊婦・マタニティ(30)
 ・ 妊娠(3)
 ・ その他(430)
姫の衣装と太郎の豆 作品
  | 保育園・幼稚園 | 2015-02-26 23:58 |

2月26日(木)

さ~持って帰ってきたよ。姫のばけもの衣装♪
赤い衣装の 銅の精の化け物です

ちなみに長くなるが、宝ばけものお話はこんなお話です♪

むかしむかし、あるところにさむらいがいました。
「ほうぼうの国をめぐって、剣の腕前をみがこう」
と、旅に出たものの、さいふはたちまちすっからかんで、宿にとまる金もありません。
「どこぞ、空家はないか?」
と、さがしていると、町なかに、たいそう立派な空家が見つかりました。
 近所の人に、
「とまってもかまわんか?」
と、たずねますと、
「化け物が出るっちゅううわさですが、それでもいいなら、おとまりなさい」
と、いう返事です。
「ほほう、化け物が出るとは、おもしろい。腕試しに、せっしゃが退治してくれるわ」
 さむらいは、よろこんでとまることにしました。
 さて、その日の真夜中。
 さむらいがウトウトしていると、床下から、黄色い着物をきた人が音もなくあらわれ、あれはてたにわにむかって、
「さいわい、さいわい、さいわい」
と、よびました。
 すると、にわのほうから、
「へーい」
 茶色の着物の人が出てきて、なにやら、ひとことふたことかわしたかと思うと、二人とも、フッときえてしまいました。
(なんだつまらん。これだけのことか)
 さむらいがガッカリしていると、こんどは白っぽい着物の人があらわれ、やっぱり、にわのほうにむかって、
「さいわい、さいわい、さいわい」
と、よびました。
 すると、にわのほうから、
「へーい」
 さっきの茶色の着物の人が出てきて、ふたことみことかわしたかとおもうと、二人とも、フッときえてしまいました。
 そしてこんどは、赤い着物をきた人があらわれ、やっぱり、にわのほうにむかって、
「さいわい、さいわい、さいわい」
と、よびました。
 すると、にわのほうから、
「へーい」
 またまた、さっきの茶色の着物の人が出てきて、みことよことかわしたかとおもうと、二人とも、フッときえてしまいました。
 そして、そのまましずまりかえって、物音ひとつしません。
 そこでさむらいは、
「こんどは、せっしゃがやってみよう」
と、あれはてたにわにむかって、よんでみました。
「さいわい、さいわい、さいわい」
 すると、こわれた石どうろうのかげから、
「へーい」
 茶色の着物の人が出てきたので、さむらいは、そのえりくびをギュッとつかみあげ、
「さっきから、えたいのしれないやつらが、かわるがわる、おまえをよびだして、ヒソヒソとしゃべっておったが、いったいなにものだ?」
「へい、よくぞきいてくだされた。この空家はむかし、たいへんはんじょうしたお店のだんなの家でした。床下には、お宝がドッサリ、つぼに入れられたまま、うずめられてましてな、そりゃあもう、くるしくてなりません。黄色い着物の人は、金の精。白い着物の人は、白銀の精。赤い着物の人は、あかがね(→銅)の精でございます。精たちは、夜な夜なあらわれ、『だれかきてくれんものか?』と、わしにきくのです」
「なるほど。そういうおまえはだれだ?」
「つぼの精にございますだ」
「よし、あとはせっしゃがひきうけた。お宝の精にいうておけ。もうじき、地べたから出して、らくにしてやるからとな」
 あくる朝、近所の人たちがさむらいの身を心配して空家をのぞくと、さむらいは床をはがして、せっせと何やらほりだしていました。
「いいところにきた。おまえらも手伝ってくれ」
 みんなで床下をほってみたら、でてくるでてくる。
 大きなつぼに、金、銀、銅のお金がいっぱいです。
 さむらいは旅をやめて、この家のあるじになって、のんびりくらしたということです。


姫は、このお話の中に出てくる赤い銅の精の役だったのです。
ま~話の内容は子供たちの手によって結構アレンジされてるので、宝物は村の人にあげることになっておりました。優しい子供たちだ。

姫はほんま大好きなお友達と一緒に めっちゃ楽しそうにやってたもんね~。もちろん持って帰ってきたこの衣装を着て、家の中でもやっております(笑)
ほんま楽しい娘だ♪



by みときち | 
利用規約 |  ブログの開設 |  個人情報の取り扱いについて |  ピジョンインフォについて |  妊娠・出産・育児情報サイト ピジョンインフォ
問い合わせ |  ピジョン株式会社
Copyright(c) PIGEON Corporation All Rights Reserved.