妊娠・出産・育児まかせなサイト ピジョンインフォ

運命の狭間はカナダで
blog.pigeon.info/mawaremigiko/

カナダ・バンクーバーでの子育て日記。バンクーバーでの小市民的生活を紹介しています。
ようこそ、ゲストさん  | Pigeon.info BLOG TOP | ログイン
お気に入り画像
カナダに住み始めて13年。ロス生まれだけど日本人のだんな、バンクーバー生まれの2人の娘、柴犬のハルというバイリンガル達に囲まれた生活です。
by まわれみぎこ
 ブログ内検索
 
 過去記事一覧
 ・ カナダ、算数…
 ・ カナダ、算数…
 ・ 怖い夢
 ・ またまた・・…
 ・ たばこの吸殻…
 カレンダー表示
 2022年 01月 
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
 
 ・ 2022年03月(0)
 ・ 2022年02月(0)
 ●2022年01月(0)
 ・ 2021年12月(0)
 ・ 2021年11月(0)
 お気に入りブログ
 ・ フフフ♪な毎日
 ・ 働くママの奮闘日記
 ・ 龍虎ママのチャレンジクッキング♪
 ・ 正義の味方エイトマンとバルトン星人☆彡(旧 ロスのんびり日記)
 ・ かえるのうた♪
 ・ Garden of hollyhock and maple
 ・ 日々成長
 ・ 中国ド田舎改め大連子育て日記改め南京で小学生日記
 ・ ☆俊タン&ママのきまぐれ日記☆
 ・ 毒吐きママのENJOY!アメリカン育児♪
 ・ ずっとともだち☆inシンガポール
 カテゴリ
 ・ おもちゃ・知育玩具(1)
 ・ ひとりでできた(1)
 ・ パパ・父親(12)
 ・ 絵本(4)
 ・ ママ・母親(24)
 ・ 保育園・幼稚園(23)
 ・ 母乳・授乳(1)
 ・ 子どもの成長(13)
 ・ 手作り(21)
 ・ 幼児食(1)
 ・ 家族(26)
 ・ 生活(30)
 ・ 料理・おべんとう(32)
 ・ 病気・ケガ(12)
 ・ イベント(112)
 ・ キッズファッション(3)
 ・ キッズ(123)
 ・ しつけ・教育(11)
 ・ お出かけ(35)
 ・ 子どもの遊び(12)
 ・ 赤ちゃん・ベビー(4)
 ・ 育児アイテム(2)
 ・ 育児(8)
 ・ その他(211)
家で2ヶ国語をキープするということ
  | しつけ・教育 | 2009-01-09 23:57 |

だんなはアメリカ生まれで、日本で小学校・中学校・高校途中までを過ごし、アメリカ・カナダで幼稚園・小学校を途中まで・高校・大学を過ごしたので、とりあえず英語も日本語もいけます。

私は、日本生まれ・日本育ちなので、日本語はばっちり。でも英語は、あとづけ。

りなは、小さいころから保育園。保育園では英語、家では日本語という生活。プリスクールの時代は、家で過ごす時間が長かったので、日本語を話している時間が長かったけれど、小学1年生の今、学校で過ごす時間も長く、なにより英語で話すほうが好きみたいで、家でも英語で話してる。

けいらは、9月にプリスクールが始まってから、英語が増えた。でもやっぱり日本語のほうが得意。

そんな家族なので、家では、英語も日本語もとびかっています。

だんなは、家では日本語を話すべきだ!といって、りなが英語で話しかけても、かたくなに日本語で返答していました。

12月にもらった成績表には、
“家でも英語で話す時間をもうけて、正確な英語が話せるようにしましょう。”
みたいなことが書かれていた。

そう、確かに日本語をキープしていくのも大事。
でも、ここで生活している以上、英語をきちんと話させるというのも、親の役目。だと思うのよ。

なので、だんなには、
“りなが英語で話したら、英語で返答してやって。間違っていたら、教えてあげて。そうやっていくうちに、りなも正確な英語を身につけられると思うから。”
と提案。
だんなはこれに不服で、
“英語なんてそのうちちゃんと覚えるよ。”
というけれど、私は、日系カナダ人で、カナダに住んでいるけど、英語の下手な人を知っている・・・・。

でも最近は、だんなもりなに英語で話したりするようになった。
彼の心境の変化?

言葉に関しては、家によってまちまち。
家では日本語を強制している、という家もある。
でも強制して、家での子供との会話がなくなっちゃったら、元も子もない。

りなは英語を正確に話したい、という欲求があるよう。
なのに日本語を強制してしまうと、りなの“英語を学ぶ”というオプションを、親がつみとってしまうことになるんじゃないか、と思うのよ。
なので、日本語をキープしつつ、正確な英語も身につける、というちょっと欲張りなことができるように、協力したいな、と思っているのです。

もちろん私はりなには日本語で話してますよ。
そのほうが楽だし♪



by まわれみぎこ | トラックバック(0) | コメント(2) |
トラックバックURL :
http://blog.pigeon.info/tb.cgi/mawaremigiko/254519
コメント
まわれみぎこ さんより
ANYAさんへ
だんなに聞いてみたんだけど、日本に行ったときは国語、カナダに来たときは英語が大変だった、って言ってた。
でも、日本で通っていた学校は私立で、小学校から英語がある学校だったし、畑を耕したり、自由研究を重要視する学校だったから、ちゃんとやっていけたそうです。
カナダやアメリカは、日本と勉強のスタイルが違っていて、やっぱりレポートや自由研究や発表が多いから、その違いについていければ、なんとかなるんじゃない?って言ってる。
中国人の移民の人なんかは、英語はESLでも、数学なんかはとってもできたりするらしいし。(こっちの数学は日本に比べて、遅い気がするよ。)
たぶん、どっちの教育がいいかっていうのは、子供の質による気がするよ、とのこと。
ちなみにうちのだんなは、高校では何とかなった英語が、大学に入ったら、レポートなどが多くて、たちうちできなかったとか。レポートの内容がよくても、文章の書き方が間違っているから、減点っていうことがよくあったみたい。
at 2009-01-19 02:02 削除
ANYA さんより
ちょっと質問なんですが…、旦那様、学校を日本、カナダと通って勉強は日本カナダと違うでしょ?大変だった?
というのも、うちの娘、4月からは日本の小学生。でも中学か高校はアメリカの…と考えてるんだけど時々、日本の小学校だったから勉強についていけず、段々遅れを取り成績はいつもD、Fもあった…という話しを聞くの。

親の選択で子供の人生って大きく変わるでしょ、私も何がベストなのか色々考えてるんだけど…難しいねぇ。
at 2009-01-10 03:54 削除
名前 :  削除用パスワード : 
URL : 
利用規約 |  ブログの開設 |  個人情報の取り扱いについて |  ピジョンインフォについて |  妊娠・出産・育児情報サイト ピジョンインフォ
問い合わせ |  ピジョン株式会社
Copyright(c) PIGEON Corporation All Rights Reserved.