妊娠・出産・育児まかせなサイト ピジョンインフォ

海の見える喫茶店-Marine View Cafe-
blog.pigeon.info/marineviewcafe/

2005年11月生まれの長男 KAZU & 2009年12月生まれの次男 TOMO のいる毎日をご紹介!                                                        Copyright(c)2005-2010 Marine View Cafe. All Rights Reserved.
ようこそ、ゲストさん  | Pigeon.info BLOG TOP | ログイン
お気に入り画像
ご訪問、ありがとうございます!                       **********             南の島大好きの子育て系主婦「Marine」です。          **********              「ステップごとの刺激と遊び♪  すくすくプレイマット」のブログ  モニターになりました!          よろしくお願いします。
by Marine
 ブログ内検索
 
 過去記事一覧
 ・ 当選しました…
 ・ すくすくプレ…
 ・ すくすくプレ…
 ・ すくすくプレ…
 ・ ステップごと…
 カレンダー表示
 2020年 10月 
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
 
 ・ 2020年12月(0)
 ・ 2020年11月(0)
 ●2020年10月(0)
 ・ 2020年09月(0)
 ・ 2020年08月(0)
前の10件  
なぜか11カ月健診・・・
  | 妊娠 | 2007-02-19 18:30 |

2005年10月28日、10月31日

何事もないかのようにとても穏やかに、
内心は本当に生まれるのかとても不安で
家族中が言い知れぬ緊迫感に包まれる中、
出産予定日が過ぎていきました。

その後、2回ほど11カ月健診がありましたが、
のんびり者の「ぴよ」は
お腹の中でいつものほほんと元気にしていました。
ぴよ」のあまりののんきさに、
このままずっとお腹の中に居続けるのではないかと
思わず錯覚しそうでした。

でも、11月になり、
ようやく生まれてくる決心をしたようで、
徐々に子宮口が開き始め、
いよいよ入院することになりました。
その翌日、とうとう陣痛が始まり、
約5時間後これまでの陣痛に加えて
自然ないきみも始まり、
なんだかこれまでと違ってきた気がしたので、
急いで担当の助産士さんを呼ぶと、
「もう頭が見えています!
 急いで分娩台へ!!!」
・・・と言われても、
もはや1人で歩くこともできず、
スタッフに抱えられながら
分娩台へ上がりました。
あまりに急な予想外の展開に
担当医も、スタッフも間に合わない中、
出産が始まりました。
のんびり屋の「ぴよ」も
最後は『よしっ、生まれてやる!』と奮起したようで、
約20分後に元気に生まれました。
初めて見る我が子はとても目の大きな、
小さな可愛らしい男の子でした。

その後の様子は、トラックバックの
初めまして、「ぴよ」です!
初めまして、「ぴよ」です! その2 
へと続きます。

2005年マタニティ生活-「ぴよ」が生まれるまでのマタニティ生活の記録

今回をもちまして、
約1年前を振り返る
ぴよ」のいるマタニティ生活のシリーズは
終了いたします。
約1年間、いつも温かく見守っていただいて
本当にありがとうございました。



by Marine | トラックバック(2) | コメント(3) |
10カ月健診
  | 妊娠 | 2006-10-31 22:00 |

2005年9月30日、10月7日、14日、21日

とうとう妊娠10カ月、臨月となり、
健診が毎週ありました。
病院のスタッフからも
「これまでよく頑張りましたね。
 もういつ産んでもいいですよ!」
と温かい言葉をかけてもらいました。

30日は初めてのNSTが予定されていましたが、
病院の不手際;(--)で延期となり、
定期健診のみになってしまいました。
この日の超音波検査で
本で見た男の子のおしるし、
「葉っぱ」のような、「動物の足跡」のようなものが
ちらっ、ちらっと一瞬見えた気がしましたが、
この日の担当医さんは何も言いませんでした。

7日はNST、内診、定期健診をしました。
初めてのNST、器具をつけながら
『もう陣痛が始まっていたら、どうしよう!?』
と1人でどきどきしていましたが、
残念ながら出産の兆候は全くなしでした。
主人の強い要望と前回のおしるしのことが気になり、
超音波検査の際にこの日の担当の若い女医さんに
勇気を出して性別を聞いてみました。
すると、先生は「ぴよ」の股間部分に
集中的にプローブを当てながら
「どの先生もおっしゃらないとなると、
 私も自信がありませんが、
 両足の間に『何か』が見えるので、
 多分男の子じゃないかと・・・」
とおっしゃいました。
ようやく「ぴよ」がやんちゃ坊主だと判明しました。

14日、21日もNST、内診、定期健診をしました。
この頃になると、足の付け根が突然つったり、
ようやくお腹が一瞬きゅーと張るようになり、
『いよいよ陣痛か!?』と毎回どきどきしましたが、
変わらず出産の兆候は全くなしでした。

私はこれまでどの検査にも引っかからず、
お腹の痛みも、出血も、張りもなく、
子宮口もしっかりと閉じていました。
ぴよ」も早くから頭位の姿勢で落ち着き、
これまで逆子になったことも、
へその緒が巻きついたことも
一度もありませんでした。
病院のスタッフからの温かい激励もむなしく、
母子共々、妊娠優等生?のまま
無事に10カ月健診が済んでしまいました。
そして・・・
表面上は何事もないかのようにとても穏やかに、
内心は本当に生まれるのかとても不安で、
家族中が言い知れぬ緊迫感に包まれる中、
出産予定日が過ぎていきました。

ということで、このシリーズは
最終回「11カ月健診」へと続きます;(^^;)

2005年マタニティ生活-「ぴよ」が生まれるまでのマタニティ生活の記録



by Marine | トラックバック(0) | コメント(3) |
9カ月健診
  | 妊娠 | 2006-10-16 21:31 |

2005年9月2日、9月13日

妊娠9カ月目を迎え、
実家のそばの総合病院へ転院しました。

2日は初診だったため、
定期健診のみでした。
超音波検査の時に「ぴよ」は
指しゃぶりをしていました。
これまでは個人の産院へ通っていましたが、
今回から年間数千の出産件数を誇る
大きな総合病院への通院が始まりました。
いろいろと話には聞いていましたが、
まさか初日から夏休みに、緊急手術が重なって
診察する担当医が足らなくなり、
いきなり産科の診察がストップ状態になろうとは!?
まだ慣れない病院の雰囲気にストレスばかりがつのって、
本当にぐったり疲れた1日でした。

13日は定期健診に加えて
内診、血液検査、GBS検査をしました。
今回から始まった内診(触診)。
子宮口の開き具合や胎児の下がり具合を診るためのものですが、
なにぶん初めての経験だったので、
あのぐりぐり感はかなり抵抗がありました。

すでにお気づきかもしれませんが、
今回から超音波写真は載せていません。
出産までその後も毎回必ずもらったのですが、
ぴよ」自身が大きくなりすぎたこともあって
上手く説明できるきれいな写真がなくなりました。
あしからず、です;(^^;)

2005年マタニティ生活
-「ぴよ」が生まれるまでのマタニティ生活の記録



by Marine | トラックバック(0) | コメント(4) |
8カ月健診
  | 妊娠 | 2006-09-05 22:43 |

画像:「ぴよ」の超音波写真7
   (「ぴよ」の顔立ちがはっきり分かる写真です)

2005年8月5日、8月19日

妊娠8カ月目を迎え、後期に入ったので、
健診は2週間に一度になりました。

5日は後期に入ってから最初の健診だったため、
定期健診に加えて血液検査もありました。
超音波検査では頭の大きさ(BPD)や足の骨の長さ(FL)、
胴回りをX字に測って計算式に入れ、
初めて「ぴよ」の推定体重を教えてもらいました。
またカブト虫?のようなハート型の心臓や
動脈と静脈を赤と青で色分けしてある血液の流れなども見せてもらい、
ぴよ」が元気であることをしっかり確認することができました。

19日は定期健診のみでした。
性別を教えてもらったというお友達の情報を頼りに
さりげなく「ぴよ」の性別を聞いてみたところ、
「原則、教えてはいけないことになっています!」と
叱られてしまい、結局分からず仕舞いでした。
私は里帰り出産を希望していたので、
実家近くの総合病院の指示により
この定期健診を最後に自宅近くの産院から
予定通り転院することになりました。

画像は、出産するまで私が一番よく眺めていた写真です。
ぴよ」の顔立ちを想像しながらこの写真を見ていると、
一日も早く「ぴよ」と会いたくて、
出産の怖さや不安よりも勇気が勝って
非常に温かい、前向きな気持ちになれたからです。
今改めて見てみると、
6カ月健診のがいこつ写真と比べて格段に肉づきがよくなり、
今の顔立ちをほとんど想像できるまでになっていますね。

2005年マタニティ生活-「ぴよ」が生まれるまでのマタニティ生活の記録



by Marine | トラックバック(1) | コメント(2) |
7カ月健診
  | 妊娠 | 2006-07-28 15:05 |

画像:「ぴよ」の超音波写真6
   (脳の進化が分かる写真です)

2005年7月22日

この日は定期健診のみの7カ月健診がありました。
この超音波検査から本格的に
BPD(児頭大横径=頭の大きさ)による
成長度を調べるようになりました。
画像は、この回から3回分のもので、
上から見た「ぴよ」の頭の写真です。
最初の頃(一番左の写真)はまだ脳も全くつるつるの状態で
頭蓋骨だけが白く丸く写っていますが、
それから2カ月の間に脳のしわ
(丸い円の中の白くもやもやとしているもの)が
段々と劇的に増えています。
ぴよ」もお腹の中でさまざまな訓練をしながら、
生まれてくるために少しずつ賢くなっていたんですね。

この頃、私も仕事に一区切りつけて、
母親学級などに通いながら
ぴよ」の出産準備を本格的に始めました。
私の職場は女性も多かったせいか、
とても温かく祝福モード一色で送り出していただきました。
そのおかげで「ぴよ」が生まれてきたら、
『みんな、あなたに会える日を心待ちにしていたのよ』と
胸を張って堂々と必ず伝えてあげよう、
ぴよ」にとって何よりも素晴らしい胎教になったと
心から感謝しました。

その反面、いよいよ迫りくる出産の時・・・
いつどんな形で始まるのか、
一体どれくらい大変なものなのか、
全く想像がつかなくて、
ただただ不安と恐怖でいっぱいでしたが、
ぴよ」が元気に生まれてくることだけを信じて、
毎日祈り続けていました。

2005年マタニティ生活-「ぴよ」が生まれるまでのマタニティ生活の記録



by Marine | トラックバック(0) | コメント(3) |
6カ月健診
  | 妊娠 | 2006-07-06 20:13 |

画像:「ぴよ」の超音波写真5
   (頭蓋骨がくっきりのなんだか恐ろしい写真でした;)

2005年6月24日

この日は定期健診のみの6カ月健診がありました。
超音波検査では、いよいよ「ぴよ」の頭蓋骨まで
はっきりと見られるようになりました。
画像の説明ですが、
ぴよ」は真正面を向いていて、
右側の半円部分が頭で
そのままやや斜め左上へと目、鼻、口が続き、
中央の上あたりがちょうどあごの部分で
そこまでが顔になります。
そのまま左半分は
てっきり「ぴよ」の身体なのかと思いきや、
先生曰く、それはただの胎盤だそうです。
この画像の第一印象は、
当たり前ですが、
「人だな」と、
「どうも目が大きいかな」
(=私似?(^^)♪)でした。
実は、この頃会社でクーラーががんがんにかかり始め、
そのせいでのどをやられてしまい、
そのままこじらせて珍しく風邪をひき、
四六時中、夜中も咳が止まらない
寝不足続きの状態でした。
そんなつらい状態を定期健診の血圧の急上昇ぶり
(生まれて初めて最高血圧140を記録!)で
先生にすっかり見破られてしまい、
あっさりせきどめ薬を処方されてしまいました。
本当は妊娠中に薬を飲むことに
すぐ抵抗があったのですが、
私が咳をする度に「ぴよ」が驚き、
つらい思いをさせているかと思うと、
素直に服用して少しでも早く治してしまうのが一番だと
しぶしぶ受け入れることにしました。

妊婦さんへ
妊娠中に体調を崩した際には、
どんな症状でも必ずまずかかりつけの産婦人科で受診しましょう。
知らずにうっかりそのまま内科や皮膚科、耳鼻科や歯科などへ
直接駆け込む人が結構いらっしゃって、
妊娠には適さない薬を処方されてしまう恐れがあるそうです。
あと、先生から聞かれなくても、
必ず忘れずに「妊娠中です!」、「授乳中です!」ははっきりと言いましょう。
自分と子供の身は結局自分でしか守れません!

2005年マタニティ生活-「ぴよ」が生まれるまでのマタニティ生活の記録



by Marine | トラックバック(1) | コメント(5) |
初めての胎動♪
  | 妊娠 | 2006-06-29 21:54 |

2005年6月4日

朝、ぽこん!とお腹を蹴られて目が覚めました。
『何!?(?_?)』と一瞬訳が分からなかったですが、
すぐにそれが「ぴよ」の胎動だと気づきました。
これまで下腹のあたりをちょこちょことくすぐられる感じは、
妊娠初期からずっとありましたが、
ここまではっきりとした胎動は初めてだったので、
『これが巷で最も嬉しかったとよく聞く胎動なんだ』と
すごく感動しました。
ぴよ」は生まれるまでいつも頭を下にして
ひらがなの「ん」の字をひっくり返したような姿勢で
私のお腹の中にいました。
そのうちもっと胎動が頻繁に激しくなると、
ぴよ」が寝ている時と起きている時の違いが
はっきりと分かったり、
ぴよ」が足(「ん」の字の「~」の部分)を思いっきり伸ばした時に、
ぼこん!と私の右腹に大きなたんこぶのようなものが飛び出るようになりました。
そのこぶを見ていつも私が笑いながら
『もしもし、出てますよ!』と右腹の出っ張った部分をなでると、
ぴよ」はすぐにひょいっと足を引っ込めました。
やがて「ぴよ」の身体がもっと大きくなると、
私のお腹に耳をつけただけで、
ぴよ」の心音がはっきりと聞こえるようになりました(主人談)。
主人にとって直接「ぴよ」を確認できる唯一の手段だったので、
主人は毎日寝る前に欠かさず
私のお腹に耳を当てて「ぴよ」チェックをしていました。
しかし、主人の気配を察すると、
すぐに「ぴよ」は警戒して
さっと自分の気配を上手く消してしまったそうです。
お腹の中の限られたわずかなスペースで、
生まれてくるためのあらゆる準備や
練習を一所懸命にしていた「ぴよ」。
あの足癖の悪さは今や力強い巧みなキック力へ、
あの警戒心は今や人見知り(今のところ兆候なしです)以上の旺盛な好奇心へと
成長しつづけています。
最後に、「胎動」はやはり頑張る妊婦への最も幸せなプレゼントだと思います。

2005年マタニティ生活-「ぴよ」が生まれるまでのマタニティ生活の記録



by Marine | トラックバック(0) | コメント(4) |
5カ月健診
  | 妊娠 | 2006-06-07 19:23 |

画像:「ぴよ」の超音波写真4
   (背骨がくっきりの写真でした;)

2005年5月27日

この日は定期健診のみの5カ月健診がありました。
超音波検査ではようやく形成された骨や心臓を
重点的に確認しました。
上の画像の説明ですが、
ぴよ」は下を向いた状態で、
左上にあるのが頭の左側の部分、
左から右にかけて足を曲げた姿勢で写っています。
ちょうど膝を抱えて、
水の中で浮いているような感じです。
そして、中央の上の方のげじげじのような形は
はっきりと写った背骨です。
ようやく安定期に入り、定期健診にも慣れてきて
劇的に変わっていく「ぴよ」を
冷静に喜んでみられる余裕ができてきました。
お腹もはっきり分かるぐらい膨らみ始め、
確かに「ぴよ」はお腹の中に存在していて、
どんどん大きくなっていることを実感できた頃です。

2005年マタニティ生活-「ぴよ」が生まれるまでのマタニティ生活の記録



by Marine | トラックバック(0) | コメント(3) |
帯祝い その2-自宅で御着帯
  | 妊娠 | 2006-06-06 22:16 |

2005年5月14日

水天宮で安産祈願をした約2週間後の、
妊娠5カ月/16週目の戌の日に
いただいた腹帯(鈴乃緒マーク入り)を自宅で巻き、
記念写真を撮りました。
・・・が、その画像は
残念ながら主人のPCのどこかに
埋もれてしまっているようです。
水天宮からいただいた腹帯は
大切に神棚に飾っておき、
この日から

ピジョン妊婦帯&ささえ帯

出産まで巻き続けました。
腹帯については賛否両論あるようですが、
お腹の保温と胎児を守るために
私自身はとても有効なものだと思いました。

2005年マタニティ生活-「ぴよ」が生まれるまでのマタニティ生活の記録



by Marine | トラックバック(1) | コメント(3) |
帯祝い その1-日本橋の水天宮にて安産祈願
  | 妊娠 | 2006-05-26 18:41 |

画像:水天宮からの授与品

2005年5月2日

この日は、まだ妊娠4カ月/14週目でしたが、
それ以降の戌の日のお日柄がしばらく悪かったため、
日本橋の水天宮で若干早めの安産祈願をしました。
私の両親は都合が悪かったため、
主人と主人の両親の4人で行きました。
幸い晴天に恵まれ、とても暑い日だったので、
私の身体を気遣った義母が私の代わりに
特別ご祈祷の順番待ちをしてくださいました。
時代が変わったということなのでしょうか。
義母の話では
「妊婦さんが具合が悪くなったり、
 お腹の子に何かあってはいけないから。」と、
その日順番待ちしていたのは、
実母や義母だらけだったそうです。
お嫁さんも、お腹の子も大切にされる
ありがたい時代でよかったなぁと感謝しました。
その後、人形町商店街でお土産に人形焼を買い、
さらに亀戸まで足を伸ばして、
亀戸天神社の藤まつりを見ました。
ようやく安定期に入ってほっとした
幸せな一日でした。

<水天宮での参拝>

1.特別ご祈祷や安産腹帯・小布お守りの希望者は、
  申込用紙に住所と妊婦の氏名を記入して、
  受付で申し込みをします。
  (戌の日には臨時の受付ができます)
  帯を持ち込んでご祈祷していただく場合は、
  申込用紙に、氏名と年齢を記入し、
  初穂料を納めます。

2.1.特別ご祈祷していただく人は書記へ進みます。

特別ご祈祷3,000円

名前を短冊に清書していただき、
書記で初穂料を納めます。  

2.2.腹帯・小布お守りのみ購入する人は神札所へ進みます。

安産の腹帯 3,000円
小布お守り 1,500円

神札所で、受付用紙と初穂料を納め、
腹帯または小布お守りを受け取ります。
       
3.特別ご祈祷を希望する人は名前が書かれた短冊を持って
  時間になるまで社殿の前で並んで待ちます。
  時間になったら、社殿の中へ案内されます。    
  特別ご祈祷は30分間隔で、所要時間は10分程度です。

最後に、おまけです。

<子宝いぬ>

社殿の左側に子犬とそれを見つめる母犬の
子宝いぬという像があります。
周囲を取り巻く十二支の内、
自分の干支を撫でるとご利益があると伝えられています。
(でも、みなさん、お腹の子の干支を触っていました)
忘れずに参拝しましょう!

2005年マタニティ生活-「ぴよ」が生まれるまでのマタニティ生活の記録



by Marine | トラックバック(1) | コメント(4) |
前の10件  
 お気に入りブログ
 ・ まだまだ育児奮闘中!
 ・ いないいないばぁっ☆
 ・ **日々是好日**
 ・ LoveLoveBaby
 ・ 電ボ通信
 ・ お兄ちゃん☆みき と 双子の妹★めー と ★なー
 ・ ぴよぴよぴよの育児記
 ・ すくすく日記
 ・ てんてこまいな日々
 ・ ぱんつ星人の一日
 ・ ドタバタ兄弟のゆるゆる育児☆彡
 ・ すくすく成長しようね!
 ・ ぴよたのとと日より
 ・ ☆そな日記☆
 カテゴリ
 ・ ひとりでできた(4)
 ・ 子どもの成長(18)
 ・ 家族(1)
 ・ 離乳食(1)
 ・ イベント(5)
 ・ お出かけ(27)
 ・ 子どもの遊び(1)
 ・ 育児アイテム(2)
 ・ 育児(10)
 ・ 出産・赤ちゃん誕生(4)
 ・ 妊婦・マタニティ(1)
 ・ 妊娠(18)
 ・ その他(16)
利用規約 |  ブログの開設 |  個人情報の取り扱いについて |  ピジョンインフォについて |  妊娠・出産・育児情報サイト ピジョンインフォ
問い合わせ |  ピジョン株式会社
Copyright(c) PIGEON Corporation All Rights Reserved.