妊娠・出産・育児まかせなサイト ピジョンインフォ

create of my life☆
blog.pigeon.info/lovelycat5775/

生きれていれば、色々あるのが人生。でも、どんなときでも人生のシナリオは作っていける。どうせなら、楽しいシナリオを書きませんか?
ようこそ、ゲストさん  | Pigeon.info BLOG TOP | ログイン
お気に入り画像
初めまして!平日は保育士、休日はコミュニケーションを教える講師(一般社団法人 言葉のソムリエ協会 認定講師 http://j-vsa.org)やってまーす!人と繋がる大切さを子どもたちにも伝えてる日々です。よろしくお願いします!
by よよだ
 ブログ内検索
 
 過去記事一覧
 ・ 子どもの1年…
 ・ 美容院ごっこ…
 ・ 空想の世界へ…
 ・ KYは明日を作…
 ・ 書き初め☆革…
 カレンダー表示
 2019年 12月 
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
 
 ・ 2020年02月(0)
 ・ 2020年01月(0)
 ●2019年12月(0)
 ・ 2019年11月(0)
 ・ 2019年10月(0)
KYは明日を作る
  | イベント | 2015-01-23 19:29 |

『空気を読む』

自分のいる状況を把握して、その状況に適した言動をすること。



最近はね、空気読めない=KYなんて言葉もありますよね。

空気が読めるようになるのって、いつ頃からなんでしょうかね?

大人になってからでしょうか?



子どもには、できないこと?


答えは・・・・


子どもにもできます。


というわけで、今日は『空気を読む』話をしたいと思います。

遡ること、約4年前。

前の保育園にいた頃の話です。

当時、私は0歳児クラス担任でした。


その隣のクラスは、1歳児クラス。

担任は、ものすごくキツイ先生でした。

A先生としましょう。

大人にも子どもにもキツくて、私はキライな先生でした。

子どもたちがちょっとでもA先生の話を聞かないと怒鳴ってました。

ケンカなんて起きようもんなら、怒鳴り散らすのは当たり前。

次第に、そのクラスの子どもたちは、静かになっていきました。

2歳前後の子どもたちは、まだ言葉がうまくでないのもあって、取り合いになったり、思うようにいかないと叩く、噛みつく、引っ掻く、押し倒すなんて常套手段。

自己主張の固まりなのです。

そんな時期の子どもたちにも関わらず、遊んでてもケンカ1つない。

声も出さない。

そんな子どもたちを見て、A先生は

『うちのクラスは、できる子達』

と評価してました。


私は

『こんな小さいのに、空気を読んでるんだ。』

ってすごくショックでした。

そのクラスの子どもたちは、自分達が怒られないようにするために、自分の身を守るために、自分の気持ちを押し込めていたんですから。

いつでも、A先生の顔色を伺っているようでした。


うちのクラスはというと、0歳児とはいえ1歳過ぎてる子がほとんどだったのもあり、自己主張が出始めてました。

だから、トラブル多いし、噛みつきやら引っ掻きやらも多かったです。


私のクラスと隣の1歳児クラスは、本当に対照的でした。

空気を読むことも、確かに大切。

でも、そればかりしたってうまくは行かない。

自分の気持ちを、表現できることって、本当に幸せなことなんだって、今は思う。


自分の気持ちを押し込めてたって、幸せには絶対なれない。


そうしていって、たどり着く先は・・・・・・・楽しいことなのか?

どうせなら、楽しんでいこうよ!

ってなわけで、今週末に子育てセミナーやっちゃいます☆

詳しくは、↓まで☆

https://www.facebook.com/events/579731818825977/



by よよだ | トラックバック(0) | コメント(0) |
トラックバックURL :
http://blog.pigeon.info/tb.cgi/lovelycat5775/573122
コメント
名前 :  削除用パスワード : 
URL : 
 お気に入りブログ
 ・ 育児日記♪
 カテゴリ
 ・ 絵本(1)
 ・ 保育園・幼稚園(11)
 ・ 子どもの成長(1)
 ・ イベント(3)
 ・ しつけ・教育(4)
 ・ 育児(1)
利用規約 |  ブログの開設 |  個人情報の取り扱いについて |  ピジョンインフォについて |  妊娠・出産・育児情報サイト ピジョンインフォ
問い合わせ |  ピジョン株式会社
Copyright(c) PIGEON Corporation All Rights Reserved.