妊娠・出産・育児まかせなサイト ピジョンインフォ

ゴリエと愉快な仲間達
blog.pigeon.info/lalala/

不定期更新@実家帰省中
ようこそ、ゲストさん  | Pigeon.info BLOG TOP | ログイン
お気に入り画像
4歳の息子 → ゴリエ      上の写真 →ゴリエ人形1個千円にて発売予定。ぼったくり?
by ら×ら
 ブログ内検索
 
 過去記事一覧
 ・ ううう・・・…
 ・ 旦那が浮気し…
 ・ 優しいお兄ち…
 ・ 5年も経つと…
 ・ 久しぶりの・…
 カレンダー表示
 2019年 10月 
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
 
 ・ 2019年12月(0)
 ・ 2019年11月(0)
 ●2019年10月(0)
 ・ 2019年09月(0)
 ・ 2019年08月(0)
 お気に入りブログ
 ・ ★ ちょんまげ人生 ★
 ・ *はんぶんこ*
 ・ ♪ウタウタ ブログ♪
 ・ ♪お気楽ゴクラク♪
 ・ ☆☆☆。。。
 ・ *:::::*ふぁみり~たいず*:::::*  とらぽこ家の巻
 ・ ハカイダー4人衆
 ・ Natural Flower 花鹿良妻健忘の道
 ・ 文武両道
 ・ お母ちゃんのつぶやき
 ・ ★どすこいゴニ一家の物語★
 ・ 透子の日記
 ・ Ω 焼きおにぎり一家の思い出つづり Ω
 ・ ちびぼ~んと一緒♪
 ・ 財布やさんの裏事情
 ・ ひねもすのたり のたりかな
 カテゴリ
 ・ 祖父・祖母・親戚(13)
 ・ 保育園・幼稚園(4)
 ・ 子どもの成長(12)
 ・ 手作り(1)
 ・ 幼児食(1)
 ・ 家族(2)
 ・ 生活(27)
 ・ 料理・おべんとう(27)
 ・ 病気・ケガ(3)
 ・ イベント(6)
 ・ しつけ・教育(7)
 ・ お出かけ(25)
 ・ 子どもの遊び(11)
 ・ 育児アイテム(1)
 ・ 育児(2)
 ・ 出産・赤ちゃん誕生(1)
 ・ 妊娠(1)
 ・ その他(146)
モーターサイクル・ダイアリーズ
  | しつけ・教育 | 2006-03-07 14:09 |

久しぶりに映画の話。

【モーターサイクル・ダイアリーズ】
2003年のイギリス、アメリカ共同制作。

医学生のエルネストは親友アルベルトとともに南米大陸縦断の旅に出る。
それは、1台の中古バイクにまたがり、金も泊まるあてもない旅。
様々な出会いと別れ、そして初めて目にする過酷な現実。
この旅の記憶が、エルネストの運命を変えた―。

最初はただのつまらないロードムービーでしょ!?と思いつつ、借りてしまったから仕方なく見ることに・・・

   Q,借りたのは誰?
  A,
わ・た・し♪(おい!・笑)

以前も書いたと思うが、私は隠れた名作探しが好きなので、つまらなそうでも借りてみる。
つまらなかったらやっぱりと思うし、逆に少しでも面白いと得した気分。
少しくらいレベルが低くても、元々のハードルが低いからね。
逆に面白そうだと思って借りて、面白いけど思っていた以上でないと、損した気分。

まぁ、そんな事はさておき、見た後は余韻からなかなか抜け出せない作品。
最初は笑える部分もたくさんあるが、見終わった後は心の中を、感動が漣のようにジーーーーンと駆け巡る。
南米の自然や、マチュピチュ遺跡の素晴らしさ、その一方での過酷な現実。
伝説の革命家チェ・ゲバラの運命を変えた真実のストーリー。


最近は昔から好きだったサスペンス、ミステリー、ホラー等のジャンルの作品を多く見たが、やっぱり感動できる作品はいいね。
ちなみに、最近見た中でそれなりに面白かったもの↓
(ほとんど2月中に見たものだけど)

【ロング・エンゲージメント】
2004年フランス映画
戦死したという恋人の生存をかたくなに信じ、当てもなく探し続ける映画。
戦争の悲惨さ、残酷さが伝わってくるが、どことなくソフト。
最後は少し感動。

【ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ 】
2005年アメリカ映画
ダコタ・ファニング可愛い♪そして、予想以上に怖い。

【リチャード・ニクソン暗殺を企てた男】
2004年アメリカ映画
正直すぎる男が精神的に追い詰められ、堕落していく様子が描かれている。

【ブルー・レクイエム】
2004年フランス映画
息子を失った男の切なくも壮絶な復讐の物語。
ただ、それについて詳しく説明されてないので、分からない。(パッケージ読まないと分からなかった)
ハリウッドがすでにリメイク権を獲得、そっちも期待。

【-less [レス]】
2003年、フランス、アメリカ共同制作。
突っ込み所は多々あるが、怖い。
人間の精神的脆さも見えた。

【マシニスト】
2004年スペイン、アメリカ共同制作。
極度の不眠症で1年も眠れず、病的に痩せ衰えた機械工が体験する悪夢のような世界。
最後の大どんでん返しとクリスチャン・ベイルの痩せ過ぎた体が見所。



by ら×ら | トラックバック(0) | コメント(2) |
トラックバックURL :
http://blog.pigeon.info/tb.cgi/lalala/019045
コメント
らら さんより
ともちろりんさん、コメントありがとうございます。
怖さの中に美・・・いいですね!
美しさが怖さをより引き立てるんですよね。

もうご存知だとは思いますが【レス】はホラー映画です。
旦那曰く、日本版【呪怨】の方が怖いんだそうですが、【呪怨】は怖すぎるから、見ちゃダメと、禁止令出されました。
そう言われると余計見たくなるんですが・・・
いない時にでもこっそり見ようかな。

似たタイトルのエス、こちらもとても面白かったです。
ただ、内容が内容だけに、何度も見る気にはなれませんでしたが。
at 2006-03-10 10:52 削除
ともちろりん さんより
私もサスペンス系の洋画が好きです。怖さの中に『美』があるともっといいですね。最後に感動すら覚えるサスペンスも好きです。ブラピの【セブン】は劇場に2度行きましたよ。日本映画では考えられないエンディングに度肝を抜かれ、感動しましたから。

2003年の【レス】という映画。一瞬【エス】か??と思いましたが、調べてみたら内容が全然違うんですね。追い詰められていく様が怖そうで、見てみたくなりました。
at 2006-03-09 10:28 削除
名前 :  削除用パスワード : 
URL : 
利用規約 |  ブログの開設 |  個人情報の取り扱いについて |  ピジョンインフォについて |  妊娠・出産・育児情報サイト ピジョンインフォ
問い合わせ |  ピジョン株式会社
Copyright(c) PIGEON Corporation All Rights Reserved.