妊娠・出産・育児まかせなサイト ピジョンインフォ

坊主四重奏(始終騒?)
blog.pigeon.info/koryama/

4坊主の父ちゃんです。たまに私の子育てマインドを「しつけ・教育」カテに綴ったり、工作モノなど手作りカテに載っけてたりしますが、基本的に日記みたいな雑記。
ようこそ、ゲストさん  | Pigeon.info BLOG TOP | ログイン
お気に入り画像
長男、次男、三男、四男の坊主そろい踏み。 家族6人楽しく暮らしてます(^^)。
坊主達にはナイショで書いてるブログなので、坊主達には秘密にしといて下さいね(^^;
by 香里山父ちゃん
 ブログ内検索
 
 過去記事一覧
 ・ 剪定とお出か…
 ・ 車買い換えそ…
 ・ 夏休みの宿題…
 ・ 当ブログも1…
 ・ 夏休みですね…
 カレンダー表示
 2019年 05月 
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
 
 ・ 2019年07月(0)
 ・ 2019年06月(0)
 ●2019年05月(0)
 ・ 2019年04月(0)
 ・ 2019年03月(0)
次の10件  
手作り楽器
  | おもちゃ・知育玩具 | 2010-02-25 08:28 |

年末だったか、楽器を作って遊ぶ内容のNHK番組を見ました。
その時は夜だったので坊主達は寝てしまっており、長男坊主もこれくらいは作って楽しめるようになってるはずだよな~と思いながら見たのですが、年明けに買い物先の駐車場で車のTVを付けるとちょうどその番組の再放送が流れていました。
あいにくの受信状況で映りは悪かったが、坊主達の食いつきも良く、かなり興味を持った様子なので、家でも簡単に作れて音が楽しめる楽器を作ってみせることにしました。

楽器といっても打楽器と弦楽器は比較的簡単に作れるし、遊ぶのも簡単です。
まぁ打楽器は何でも叩いて音が出れば楽しめるものなのでわざわざ作るまでも無くパスするとして、今回はギターとカリンバを作ってみることにしました(まぁ要するに私も作ったこと無いから作ってみたかっただけとも言いますが)。

ギターは弦の、カリンバは鉄の細棒の振動をそれぞれ共鳴箱で響かせるもの。要するに空間を内包した薄い函体であれば何でも良いので、基本的に家にあるもので作れます。
缶ギターの材料は空き缶と木と弦。
カリンバの材料は板とヘアピン。
あとはそれぞれを留めるネジ類です。
全部身の回りや100均で簡単に揃う材料ですね。
丁度トマト水煮3kgの空き缶を確保してあったので、ギターはそれを使ってセミ大人サイズで作りましたが、柄が短い方が子供には使いやすそうなので、また今度手を加るとしましょうかね。

カリンバはひとしきり遊んだ後、幼稚園に持っていきました。
写真とっておくの忘れてたな(^^;

こうやって作って遊べるってことを見せておけば、そのうちに坊主達が自分で作ってみようとまたゴソゴソ始めます。
私は工作坊主が好きなので、工作の本とか幾つか与えていますが、コレを作れとかいう指示は出しません。
坊主達が自分で作りたいから作るっていうのを好ましいと思って見ています。
「作りたいから材料○○をこれくらい頂戴」って言われたら融通してやって、こっちも出来上がりまでワクワクさせてもらいます(^^)。


~~~おまけメモ1
ギターの弦には最初100均で買ってきた釣り糸を使ってみましたが、これが細い上にかなり伸びるので不適。ナイロンはダメですね。
水糸か針金のほうが良い。
ちなみに水糸は家の基礎作ったりするときに現場に張ったりする蛍光色の糸で、凧糸や釣り糸と違って絡まりにくいし、ほとんど伸びない。黄色・ピンク・黄緑と色や太さもある程度選べるので、工作に向いた素材です。
弦楽器はマツヤニのような滑り止めが入手できれば二胡やバイオリンのように弓で弾くこともできるかな?
楽しそうですが、ヤカマシさは倍増することでしょう^^;

~~~おまけメモ2
100均にカリンバの函体に良さげなサイズの木箱が何種類も売ってありました。
あれを使ったら1時間かからずに作れるでしょうね。



by 香里山父ちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) |
牛乳パックで帽子
  | おもちゃ・知育玩具 | 2010-01-28 08:28 |

先日、ちょっと足を伸ばして家族で隣県の児童館まで行ってきました。
そこの工作ネタに出ていた牛乳パック工作の帽子が気に入ったので、昨夜に家で作ってみました。
早速次男坊主が今朝、幼稚園に被って行っちゃいましたんで、写真を撮れていない(^^;

ちなみに元ネタがどなたかは知りませんが、ネット検索すると作り方も含めてけっこうな数がヒットします。
元が厚手の牛乳パックだけあって、わりあいに丈夫なので、遊戯会なんかの被り物のベースとしてなど、結構応用が利きそうですね。

次男坊主が持っていったから、また幼稚園で流行るんじゃないかな(^^;



by 香里山父ちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) |
最近のおもちゃって、ツマラナイ?
  | おもちゃ・知育玩具 | 2008-12-09 08:29 |

クリスマスが近いですね。先日の出先で空き時間を利用して某大型おもちゃ店内を徘徊してきました。
店頭に並んでいたのはキャラクター物がほとんどで、遊び方も予め指示されたものが多く、想像力というか創造力が刺激されるものが少ないように感じました。
積み木もカラフルなイラストが入っていたり、ブロック系でもキャラクター性を前面に出したパッケージものが増えていますが、そうして「手軽にカッコイイものが手に入る」のは良いことなのかどうか、ちょっと考えさせられました。

成型完成品は、オモチャ会社が認める枠組みの中で遊ぶことを前提に作られたもの。
アレコレと触って変化させてみたりといったことがほとんど出来ず、他のものに見立てて遊ぶということもあまり出来ないものです。
これは子供が自分で考えようとしなくなった結果なのか、こういう余計な「おせっかい」が増えたから子供が受け身ばかりで考える事をしなくなってきたのか。卵かニワトリかといった感じですが、やはり気になる所です。

それっぽいカラフルな形でTVなどのシーンを再現できる幾つかのギミックを備えたオモチャ。
子供に与えるとそりゃ喜んで遊びますが、年齢を越えて長く遊ぶものはやっぱり単純で、それでいて自分の工夫次第で新しい面を発見できるようなオモチャではないかと思っています。またそういう体験を通じて、物の見方が一様ではないという事も理解しやすいようにも思うわけで・・・。

まぁ要するに某おもちゃ屋さんには、今の坊主達に私が薦められるようなオモチャがほぼ皆無だったってだけのことですが。
(^^;

~~~

さて、同日に某大学の先生を訪ね、四方山話をしてきました。
その中で理系離れの話になり、最近は工学を志す学生が減って工学系の大学も様々な方針転換を余儀なくされているとのコメントをいただきました。工学系の高校や高専というのはまだ結構な数があるように思いますが、その中で機械工学的な事を学ぶ機会はどんどん減っているようです。
これは少子化のせいばかりとは言えず、単に機械工学では人が集まらない状況になっているとのことでした。
電子情報系や環境系に寄った工学部が多少マシな程度で、全体的に見て工学系離れは急加速してきているのは間違いないようです。

我々の1世代前だと、壊れたものは自分で治すというのが半ば当たり前でしたが、現代では市販品の品質が上がるとともに中身もブラックボックス化が進んできました。おかげで、故障しても自分では治す事が困難で、販売店に持ち込んでも分解修理はかなり高くつきます。
こういう現状があって、機械的構造が目に入る機会自体がかなり減っているように感じるのですが、そうことが若年層の工学への興味に大きく影響しているのだと思います。高品位の完成品が身の回りにあふれている事も、チャレンジしようという気概が育たなくなってきている原因の一つでしょう。
ちなみに前述の先生の話では、学生にタミヤの工作キットを組み立てさせたら半数以上がまともに動かない、ということもあったそうで・・・。

知識記憶を問うテスト主体で育てて実体験の機会は奪ってきたために、物づくりの現場は着実に足元から崩れてきているようです・・・。それでいいのか物づくり大国? 

ちなみにタミヤの工作基本セットなんか、今や普通のおもちゃ屋さんにはほとんど置いていない。
昔は駄菓子屋でモータとかキットとか売っていたものなのに、今じゃほとんど売れないんでしょうね。
今やプラモデルでも接着剤や塗料がいらないものが多いからなぁ・・・。



by 香里山父ちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) |
小さいカッターを与えました。
  | おもちゃ・知育玩具 | 2008-11-19 08:28 |

上坊主達には既に工作道具を幾つか与えてあり、たまにそれらを使って工作もしていますが、手回しドリル以外の刃物はまだ与えてませんでした。
刃物が必要な工作はまだ早いかな、というのがその想いです。
刃物と言うのは、やはりある程度の筋力がついて手元で刃と物をしっかりホールドできるようにならないと、危険が大きいもの。包丁はたまに使わせているので、刃物の危険性事態はある程度は理解しているのですが、もうちょっと精神面でのフォローも必要ですしね。

ちなみに今は紙工作で使うハサミも親の所に取りに来るようにしてます。
これは以前に与えたはさみを大事に使っていなかったから。
3坊主ともちゃんと片付けの場所に戻せて、ゴミも自分で片付けてくれるのなら、ハサミくらいいつでも渡していいんだけどなぁ。

~~~

さて先日、長男坊主が雑誌付録の紙工作を真似て自分で模造品を作ろうと頑張っていました。
お寿司の紙工作で、原型となる付録を手持ちの紙の上において輪郭を写すところから初めて、色もつけてオリジナルの寿司を作っていましたが、薄い紙で作っていたのでちょっと形の安定が悪い。
ああいうのはちょっと厚い紙で作ったほうが出来上がりの見栄えも良いんですが、鋭角のターンも含まれているし、いずれにしても厚紙相手だとハサミじゃちょっと荷が重いことでしょう。
と、その工作を見やりながら「あぁ、そろそろ長男坊主の工作もチャチなハサミじゃてこずるところまで来たんだなぁ」、と感じました。

そこで早速、長男坊主専用として、新たに手に収まるサイズのカッターを1つ与えました。
今度の休みには鉛筆の削り方なども交えつつ、カッターでなぜ物が切れるのかなど指導しようと思ってます。

~~~~

さて、今のところ長男坊主が2年生になるまでは紙工作をメインとして勧めたいと考えています。
紙工作といっても最近は馬鹿にしたモンじゃない。
今は飛び出すカードやペーパークラフトの類を始め、実に色々とネットや書籍形式で紹介されており、回転運動からリンク機構、ベルト駆動、ギア比など、次段階でモーター工作に進むために基礎的な機械構造の学習だって紙ベースで簡単に勧められる時代です。
(ほんと、こんな工作を通じて理系の勉強をさせる技術主体の塾ってこれから人気が出ると思うんだけどなぁ。さすがに自分で脱サラして事業を起こす勇気はないけど(^^;)

長男坊主を上手くそそのかして、2年生の夏休み工作では飛び出す絵本やカラクリ絵本を作らせてみたいと企んでます。
もちろん親としては先回りして勉強し、平面の中でも動きを持たせた工作など考えて作って見せなきゃね(^^;



by 香里山父ちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) |
幾つになっても
  | おもちゃ・知育玩具 | 2008-05-30 08:24 |

大人になっても、いや、大人になったからこそ好きなモノにコストや時間をかけるもの。
私などは100円ショップや東急ハンズなんかに行くと、時間の経つのも忘れてあれこれ見て周ってしまうタチです。

さて、三男坊主も3歳をすぎて「危ないと言われている物には手を出さない」ということをしっかり理解してくれるようになりました。ということでわりと安心して工作にかかることが出来るようになっています。

ということで、たまたま詳しい作り方が載った本が105円で買えたのもあって、ペットボトルロケットを作ってみることにしました。坊主達に傍らで進捗を見守られながら、手持ち材料の流用を考えてボチボチと毎朝1工程づつ進めています。
本通りに作ると決めて、材料準備してから始めれば数時間で完成するのでしょうがね(笑)

本体製作は7割方終わったし、来週末には試射に行けるかな?
明日は用事でお休み、日曜はパラシュート工作を予定です。



by 香里山父ちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) |
次の10件  
 カテゴリ
 ・ 小学校(12)
 ・ 子どもとお泊り(4)
 ・ おもちゃ・知育玩具(15)
 ・ ひとりでできた(1)
 ・ 祖父・祖母・親戚(1)
 ・ 絵本(2)
 ・ ママ・母親(1)
 ・ 保育園・幼稚園(23)
 ・ 母乳・授乳(1)
 ・ 子どもの成長(119)
 ・ 手作り(153)
 ・ 家族(6)
 ・ 生活(3)
 ・ 料理・おべんとう(28)
 ・ 病気・ケガ(23)
 ・ イベント(37)
 ・ しつけ・教育(272)
 ・ お出かけ(23)
 ・ 子どもの遊び(103)
 ・ 育児アイテム(4)
 ・ 出産・赤ちゃん誕生(2)
 ・ 妊婦・マタニティ(2)
 ・ その他(1,130)
利用規約 |  ブログの開設 |  個人情報の取り扱いについて |  ピジョンインフォについて |  妊娠・出産・育児情報サイト ピジョンインフォ
問い合わせ |  ピジョン株式会社
Copyright(c) PIGEON Corporation All Rights Reserved.