妊娠・出産・育児まかせなサイト ピジョンインフォ

Ω 焼きおにぎり一家の思い出つづり Ω
blog.pigeon.info/kohatan/

私・くんたと、夫・焼きおにぎり、長女・こはタン、長男・ヤマピ、次女・みんみの5人家族。平凡な日常です・・・
ようこそ、ゲストさん  | Pigeon.info BLOG TOP | ログイン
お気に入り画像
くんた家・総勢5名。ラクマツくんたと、焼きおにぎりな夫、ひょうきんこはタン(7歳)、貫禄は係長ヤマピ(2歳)、新星みんみ(0歳)です。
by くんた~Ω。
 ブログ内検索
 
 過去記事一覧
 ・ 夏休みの宿題…
 ・ 春のくんた家…
 ・ 近況
 ・ お兄ちゃん
 ・ 物が壊れる我…
 カレンダー表示
 2019年 08月 
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
 
 ・ 2019年10月(0)
 ・ 2019年09月(0)
 ●2019年08月(0)
 ・ 2019年07月(0)
 ・ 2019年06月(0)
 カテゴリ
 ・ パパ・父親(2)
 ・ 保育園・幼稚園(3)
 ・ 子どもの成長(36)
 ・ 家族(5)
 ・ 料理・おべんとう(6)
 ・ 病気・ケガ(27)
 ・ 離乳食(1)
 ・ イベント(11)
 ・ しつけ・教育(1)
 ・ お出かけ(27)
 ・ 子どもの遊び(6)
 ・ 育児アイテム(1)
 ・ 育児(7)
 ・ 妊婦・マタニティ(2)
 ・ 妊娠(2)
 ・ その他(295)
前の10件   次の10件  
本当の卒乳
  | 子どもの成長 | 2007-07-20 23:35 |

いや~祭った祭った。夏祭った。
2日がかりの作戦成功で、無理なく夏祭りに参加できた。

夏祭りの話はさておきである。




職場復帰からしばらくで、枯れてしまった私の乳タンク。
もう、とうの昔から、絞っても一滴も出ない。

しかし実は、こはタンの、チクビを吸うクセはなかなかとれなかったのだ。

寝るときとか、夜泣くときとか、不安なときとか。
ほんのちょっとなんだけど。

飲み物の出ない乳では喉の渇きは潤せないから、お茶を飲みながら吸っていた。

飲み物は出ないけど、素敵なスキンシップだ。
私は、こはタンがいらないと言うまで、吸っていればいいと思っていた。
それが、5歳でも6歳でも。


ところが一昨日の晩、突然こはタンは、乳を吸わずに眠るようになった。

珍しいなと思っていたら、昨日も、そして今日も、こはタンは乳を求めずに眠りについた。

365日欠かしたことのなかった夜泣きも、パタっとなくなった。

「こっちゃん、一人で寝よ~っと。 こっちゃん、お姉ちゃんやもんね~」
なんて、いっちょまえのことを言うようになった。

思えば、最後に吸ったのはいつだったかな。
3日前の夜だろうか。
それが最後になるなんて想像もしてなかったから、全然覚えていない。

2歳10ヶ月と2日の日。
こはタンは本当におっぱいを卒業したのだった。

元々出てない乳だから、こはタンが吸うのをやめたからって張りもしなければ熱くもならない。

予想した時期より少し早いが、お互いにとって本当に理想的な卒乳だったと思える。
寂しいけど、こはタンの大きな一歩を喜ばないとね・・・。


→ 夏祭りにて。
   なぜかハニカミながら、もぐらたたきゲームをするこはタン。



by くんた~Ω。 | トラックバック(0) | コメント(2) |
おちょこま
  | 子どもの成長 | 2007-02-19 15:37 |

こはタン、『ごちそうさま』 のことを

『おちょこま♪』

と言う。

少し前まで、卵のことを かわう と言っていたけど、
いつの間にかちゃんと たまご』 と言うようになってしまった。


ちょっとずつ、数をかぞえられるようにもなってきた。

「に、さん、ご、ろく、はち、じゅう、

やったーーーー!!

と、なぜか10で大喜びする。

最近お気に入りの質問は、

「あなたのお名前は?」
と、
「どうでちゅか?」


時々自分にも聞いて欲しくなるらしく、マイク代わりのオモチャを私に押し付け
「聞いて!」 と言う。

仕方なく 「あなたのお名前は?」 と言ってマイクを向けると、白目をむいて嬉しそうに

「じいちゃん」

と言い、私たちが笑うのを喜んでいる。


そして、保育園で流行っているのか、
「おうべいか」
と、最近よく、意味も分からず連呼する。


あと、誰の口調を真似ているのか、気に入らないことがあって抗議した最後に必ず

「ダメやよ!ね?わかった?」

と、困った顔で言う。


昨日、こはタンが
「はっぱ落ちとるよ」と言うので、見たら、観葉植物が倒れて土がこぼれていた。

私が土を集めながら、「こはタンが倒したの?倒したら、すぐに教えてね」
と言うと、こはタンは私の隣にしゃがんで 「ん?」 と言って私の顔を覗き込んだ。

私がさらに、「こはタン、イタズラして倒しちゃったんでしょ?」
と言うと、さらに 「ん?」と言って首をかしげた。

そんな問答が何回も続き、私は笑い出してしまった。


何も言っても、「ん?」 と言ってしらばっくれる割には、話を逸らしたり逃げたりせずに
私の顔を覗き込んで 「何言ってるのか、わかりません」 という仕草をするのが
おかしく思えてきたのだ。

私が笑うのと喜んでくれるこはタン。
夜は布団の中で、私の体をこちょこちょしてくる。

そんなにくすぐったくないのだけど、やめて~~~ と言って喜ぶと、こはタンも大喜びする。

そして、こはタン的には 『お母ちゃんと遊んであげてる』 という感じらしく、最後は

「おちまい!ねんねの時間やよ!」

と、仕切られてしまうのだった。


ところで、今日から仕事復帰するはずの私がなぜこんな時間にブログ更新できるかというと、
仕事を休んでしまったからだ。

手術の後、恐れていたほどの腹痛も出血も特になく、順調に回復していたと思われたのだが、
一昨日から急に腹が痛み出し、昨日の朝大量に出血し、驚いたから休んだのだ。

よくあることらしいので、休むほどではなかったのかもしれないが、あれ以来毎夜眠れず、
クッキリ二重になるほど心身ともに疲れていたので、休むことにした。

まだ手術から1週間も経っていないのだ。
心も体も、甘やかしていいのだと思う。

→ 夕飯の準備をしていたとき、静かだな~と思って覗いたら、
   ソファーに転がって毛布をかぶってサザエさんを見ていた。末恐ろしいこはタン。



by くんた~Ω。 | トラックバック(0) | コメント(2) |
こはタン2歳5ヶ月
  | 子どもの成長 | 2007-02-17 21:31 |

昨日で、こはタンが2歳5ヶ月になった。
もはや、『2歳半』 と言っても過言ではない。

そして今日、遅くなったけど義実家にお雛様を飾った。

こはタンが生まれてすぐに買って、0歳の雛祭り、1歳の雛祭り、そして今が2歳の雛祭り。
お雛様、3回目のお目見えである。

もうそんなになるのか。

最初の雛祭りのときのこはタンは薄毛真っ只中だったけど、
ピンクの着物を着てニコニコして、とてもかわいかった。

2回目の雛祭りは、最初と同じピンクの着物を着ただけに、
一人で歩いていることに成長を感じたものだ。

今年はちょっとお雛様を怖がっていることに、また成長を感じる。
どんな雛祭りになるだろう。


義実家では、先日亡くなったこは美の分もお仏壇にご飯を供え始めた。

10週のこは美には、仏壇に供えるあの器でも大きすぎていそうだ。



by くんた~Ω。 | トラックバック(0) | コメント(4) |
謝るこはタン
  | 子どもの成長 | 2006-10-24 23:09 |

しょっちゅう、「ごめんねぇ」と言うこはタン。

母が邪魔なときは、「どーいーて!」と言って押しのけ、
「はいはい」と言ってどいたら、「ごめんねぇ」と謝る。

保育園で覚えたのだろう。
謝ることを覚えてくれて嬉しいのだが、どうも最近謝るのがブームらしく、謝るために悪さをする。

私の頭を一発叩いて、私が「痛いよ~!」と言うと、
「ごめんねぇ」と言いながら叩いた場所をなでる。

を、繰り返す。

謝るなら、始めから叩かないでいただきたい。

「許してね?」とでも言わんばかりに真っ直ぐ目を見て、ささやくように「ごめんねぇ?」と言う。
そんなテクニック、どこで覚えたんだか。

しかも、「ごめんねぇ」と言った後、自分で「いいよ」と言う。
それ、私のセリフですけど。

叩いちゃダメ!って強く言ってみても、「ごめんね」って言えばいいと思っているようで、
「ごめんね」を連呼するばかりで、ほとぼりが冷めるとまた、後で謝るために叩きに来るのだ。

でも、こはタンの「ごめんねぇ」は本っ当にかわいい。
ますます叩くようになったら困るから、本人には絶対言わないけど。

こはタンは朝から「あついねぇ、あついねぇ」って言ってるけど、もうかなり寒い金沢なのだった。



by くんた~Ω。 | トラックバック(0) | コメント(4) |
ことば
  | 子どもの成長 | 2006-10-19 00:06 |

こはタン、保育園の入り口にある水槽を指差して、「あかな!」と言った。
『魚』のことだ。

最近ますます言葉が増えてきた。

ミッキーとミニーを、【ミッチー】【ミミー】と言い分けるようになったし。

ワニやカエルのオモチャが怖いらしく、見るたび「こわいね~」と、少し他人事のように小声で
言っている。
怖いオモチャを少し動かしたりすると、ビックリして「こわいよ~!」と言って逃げてくるのだ。

あやすと笑うようになったのが嬉しくて、夫とかわりばんこに何度も何度も笑わせたあの頃が
ついこの間のように感じるのだが。

と、また振り返って立ち止まってしまった。

振り返るのはもっともっと先にしようって、心に決めたのになぁ。
相変わらず、こはタンの成長スピードに付いて行けていない母なのだった。



by くんた~Ω。 | トラックバック(0) | コメント(3) |
こっちゃん
  | 子どもの成長 | 2006-09-26 01:46 |

こはタンはどうやら、保育園では『こっちゃん』と呼ばれているいるらしい。

名前を呼んでも呼んでも振り向かないとき、
「こっちゃん!」
と呼ぶと、最高の笑顔で振り返る。

最近は、なにやら怒ってまくし立てることがある。
こはタンがである。

意味はわからないのだけど、ごちゃごちゃと何か言って、最後に
「~~~の!」
と〆て、上目使いで口をとがらせ、こちらを見るのだ。

叱られているような気持ちになる。

保育園でもやっているようだ。



by くんた~Ω。 | トラックバック(0) | コメント(2) |
夜泣き終了か!?
  | 子どもの成長 | 2006-09-22 00:03 |

先日2歳の誕生日を迎えたこはタン。

生まれたときから3時間以上続けて寝られない子どもなのだが、
2歳の誕生日を機に、夜泣きを卒業しそうな気配がある。

昨夜も、一回しか起きなかった。
続けて5時間ほど寝るようになってきているのだ。

私も朝まで寝られるような日が、もしかしたらもうすぐ来るかもしれない。
むしろそんな日が、今宵、来たりして!!

・・・いや、期待はやめとこう。

成長を感じるといえば、こはタン最近、むやみに泣くことが少なくなっている気がする。
意味があると言うか、意思があるというか。
今更だけど本当に、赤ちゃんじゃなくなったなぁ。


どうも最近こはタンは、保育園の遅い子組で一緒になるお兄ちゃんやお姉ちゃん達から
かなりの影響を受けているようで、すごくいろんな表情を見せてくれる。

『しめしめ』って、何か企んでいるような顔とか、
『あ~あ』って、呆れるような顔とか。

中でも最近、【不機嫌の顔】をするのが流行っているようで、しょっちゅうムスッとする。
先日、保育園で誕生会をしてくれたとき、誕生月のこはタンが主役だから前に出たらしいのだが、
「照れくさかったようで、わざと不機嫌な顔をしていましたよ」と連絡ノートに書いてあった。

今日、私が保育園に迎えに行ったときも、こはタンはまずはそのムッツリ顔で出迎えてくれた。
いつもはとびっきりの笑顔で迎えてくれるのに・・・。

「こはタン、なんで睨むの?」と思わず聞いてしまった。

するとこはタンは、「怒ってると思った?」と言わんばかりに笑顔を見せてくれた。

怒ってるのかと思ったよ。

本当に、急に上手に意思を伝えてくれるようになって、
例えば食事のときこはタンが残したものを
「こはタン、いらないんなら食べちゃうよ?」
と言ってパクっと口に入れてしまったけど、こはタンはまだ食べたかったのに!というとき。

以前はただひたすら泣いて手がつけられなくなっていたのだが、今のこはタンは
私の口元に手を差し出し、
「ペッ!ペッ!」
と言って、吐き出すことを強く要求するのだ。

悔しさに心をヤラレて取り乱してしまわないなんて、強くなったもんだ。

夜泣き終了かと思ったが、午前0時現在、やはり泣き始めたようだ。
成長を感じさせる部分もありつつ、夜泣きするところはまだまだ愛しい赤ちゃんである。



by くんた~Ω。 | トラックバック(0) | コメント(4) |
2歳になりました!
  | 子どもの成長 | 2006-09-16 00:30 |

節目だからこはタンのことを振り返りたいところだけど、
こはタンのことは節目がなくてもしょっちゅうしょっちゅう振り返っているし、
それに、まだ2年しか経ってないから、これまでの全部のことが昨日のことのようで、
今はまだあらためて振り返るには早すぎるかもしれない。

だから今日は、今のことだけ書いておこうかな。

私はお母さんになったのは初めてで、どんなふうにこはタンを育てたらいいのかわからなくって、
未だに困ってます。
こはタンに寂しい思いをさせてるんじゃないかって、いつも心配です。

甘い母親で、躾も自信ない。
頭も悪くて、何も教えてあげられない。

困ってるし、心配だし、自信ないし、不甲斐ない私だけど、

でも、こはタンのことがとても大切で、大好きだということを、毎日毎日全力で伝えることだけは
とっても頑張っています!!
それだけは、伝わってほしいと思ってます。


大切なこはタン。
2歳の誕生日、おめでとう。

お父さんが叱ると、私に言いつけるような仕草を見せるこはタン。
私が叱ると、お父さんに言いつけるような仕草を見せる。

いつの間にか『マメ!』って言わなくなってしまって、『ダメ!』ってちゃんと言えるようになってしまったこはタン。

いつも虐げているポポちゃんを、突然思い出したように可愛がるこはタン。

水遊びが大好きで、毎晩お風呂を楽しみにしているこはタン。
上がるのを泣いて嫌がるけど、体を拭いて裸で布団に転がったら楽しくて楽しくて、
泣いていたことを忘れてしまう。

未だに夜泣きが激しくて、朝まで寝てくれたことがないこはタン。
2歳にもなったら、朝まで寝てくれる日が来たりするのだろうか。


どんな1年になるんだろう。
3歳の誕生日は、どんなこはタンになっているんだろう。
また笑ってるこはタンの絵を描きたいなぁ。

2歳の1年間は、心がいっぱい成長するんだろうなぁ。
いろんなことがこはタンの中にいっぱい入ってきて、
こはタンの心がグルグルしてしまうこともあるんだろう。

心がグルグルになって、イヤイヤ言うことももっともっと多くなるんだろう。
こはタンがどれだけイヤイヤ言っても、お母さんはこはタン好き好きです。



by くんた~Ω。 | トラックバック(0) | コメント(12) |
完敗
  | 子どもの成長 | 2006-09-05 01:30 |

あれもイヤこれもイヤで、今日一日こはタンから出た言葉は「イヤ」「ダメ」ばっかりである。

そういえば最近「マメ」と言わなくなってしまった。←ちょっと残念。

帰宅して夕飯を作ろうと思ったが、抱っこしろとわめき散らし、ウォンウォンと泣いてすがりつくこはタン。

今日の夕飯は、10日に一度は我が家の食卓に登場する簡単メニューのヤキソバだが、
それだけでは寂しいので、キュウリの酢の物と豆腐とエノキの味噌汁も作る予定だった。

しかしこはタンがパワフルに料理を邪魔するので、危なっかしいから仕方なくサイドメニューを諦めた。

ヤキソバだけになっちゃったよ・・・。

と、寂しくつぶやきつつ、こはタンを足に引きずりながらテーブルにヤキソバを運んだところで、
ヤキソバにモヤシピーマンを入れ忘れたことに気付いた。

ヤキソバを彩るはずだったモヤシとピーマンは、そのままの姿で台所の隅にたたずんでいた。

夕飯はヤキソバだけ という時点で充分寂しいのに、そのヤキソバの中身も寂しくなってしまたし、
取り残されたモヤシとピーマンの背中(?)も妙に寂しかった。

しかもモヤシに至っては、昨日ヤキソバの麺を買ったときに買い忘れたので、
今日の帰りにスーパーに立ち寄ってわざわざ買ったものだった。

麺を買ったときに忘れられたモヤシは、調理の際もやはり忘れられたのだった。

ため息が出たが、気を取り直して「いただきます」をした。
こはタンは麺とニンジンばっかり選んでいたが、比較的喜んで食べてくれたので嬉しかった。

ある程度お腹がいっぱいになると、こはタンはヤキソバでベタベタの手で私にしがみついてきて、
髪を引っ張るわ噛み付くわ引っかくわ頭に登るわで、私は『おかず頭』にされたばかりか、痛くて
仕方がなかった。

仕事の疲れもあって少々うんざりしてきた私は、景気付けに、昨日買っておいたアイスを食べることを思いついた。

でも今食べたらこはタン欲しがるなぁと思ったが、たまにはいいかと思い、試しに
「アイス食べたい人~」と言ってみたら、今まで「イヤ」と「ダメ」しか言わなかった人が
「ハイ!!」と元気よく手を挙げた。

「じゃあ、アイス食べる人はお椅子にお座りしてください。」

と言うと、ヒョイっと私の腹から降り、スタスタと椅子に座り、ニコニコ顔でテーブルを叩くではないか。

私が散々言った 「ちょっと待って」 にも 「痛いことしないで」 にも全く無反応でマイペースを貫いたこはタン。
まだ言ってることわからないんだなぁと思っていたが

なんのこたぁない。

おそらく全部わかってやっているのだ。

大好きなアイスクリームを手に入れたこはタンは、口の周りをべとべとにしつつ、
大満足の様子で溶かしながら舐めていた。

ああ。
夕飯の後におやつなんて・・・



by くんた~Ω。 | トラックバック(0) | コメント(4) |
カウントダウン、始まりました!
  | 子どもの成長 | 2006-08-16 22:55 |

今日でこはタン、1歳11ヶ月になりました。

ついに2歳へのカウントダウンがスタートしました。早い?

9月に入るまではまだ実感が湧かないが、ともかく2歳があと1ヶ月後に迫ったわけだ。
凄まじい成長を遂げたこはタンのこれまでを、ちょっと振り返ってみた。

初めてお腹の中にいるこはタンの存在を知ったとき、まだこはタンの入っている袋しか見えなかった。
その後、2ミリほどになったこはタンを確認し、感激して何度も何度も超音波の写真を見た。

手足が見えて、それが少しだけ動いているのが見えたとき、愛しくて愛しくて涙が出た。

膝を曲げて納まっていたこはタンを見たとき、心静かに浮かんでいるんだな~と想像して、
ますます愛しかった。

9ヶ月まで逆子だったこはタン。
私の骨盤にお尻をはめて、こっとりと座ってるんだねぇ
こはタンらしいねぇ

と、夫と話して笑っていた。

9ヶ月半ば、奇跡的に逆子が直り、こはタンは普通分娩で生まれてきた。
助産士さんから「超安産だったね」と言われ、耳を疑ったっけ。

命が始まったその瞬間から愛しくて愛しくて、大事なこはタン。
すっかり表情が豊かになり、私のお腹の中でだった面影は今や全くない。


そんなこはタンも来月2歳。新生児から1歳の話ははしょった。
イヤイヤの時期か~。

さっきもお風呂上り、パジャマを選ぶのに一苦労した。
準備したパジャマは着たがらず、投げ飛ばして猛抗議をされた。

自分で引き出しを物色し、「これ~」と言って持って来たのは
アンパンマンのお食事エプロンだった。

裸にエプロンなんて、今どき新妻でもやらない。

あれもイヤ・これもイヤで大騒ぎしたが、結局ウサギのシャツとお花のズボンで納得し、
さっきやっと寝てくれた。

もっと話すようになったら、
「お母さん趣味悪い!ダサい!こんなの着れない!」
とか、言われちゃうのかな。
へこむな。

豆だったのにね。ふふふ。

今日も私と夫は通常通り仕事だったので、今朝もこはタンにはいつも通り保育園に行ってもらった。
しかしまだまだ世間はお盆休みのようだから、保育園もお友達が少なくて寂しいだろうと思い、
少し早めに帰らせてもらって急いでお迎えに行った。

6時に保育園に着いたら、案の定こはタンが最後で、すっかりガランとしていた。
でも保育士さんとマンツーマンで遊んでもらい、おもちゃも使い放題で、それなりに楽しんでいたようだった。

明日からは、お友達たくさんいるかな。



by くんた~Ω。 | トラックバック(0) | コメント(10) |
前の10件   次の10件  
利用規約 |  ブログの開設 |  個人情報の取り扱いについて |  ピジョンインフォについて |  妊娠・出産・育児情報サイト ピジョンインフォ
問い合わせ |  ピジョン株式会社
Copyright(c) PIGEON Corporation All Rights Reserved.