妊娠・出産・育児まかせなサイト ピジョンインフォ

Ω 焼きおにぎり一家の思い出つづり Ω
blog.pigeon.info/kohatan/

私・くんたと、夫・焼きおにぎり、長女・こはタン、長男・ヤマピ、次女・みんみの5人家族。平凡な日常です・・・
ようこそ、ゲストさん  | Pigeon.info BLOG TOP | ログイン
お気に入り画像
くんた家・総勢5名。ラクマツくんたと、焼きおにぎりな夫、ひょうきんこはタン(7歳)、貫禄は係長ヤマピ(2歳)、新星みんみ(0歳)です。
by くんた~Ω。
 ブログ内検索
 
 過去記事一覧
 ・ 夏休みの宿題…
 ・ 春のくんた家…
 ・ 近況
 ・ お兄ちゃん
 ・ 物が壊れる我…
 カレンダー表示
 2019年 11月 
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
 
 ・ 2020年01月(0)
 ・ 2019年12月(0)
 ●2019年11月(0)
 ・ 2019年10月(0)
 ・ 2019年09月(0)
 カテゴリ
 ・ パパ・父親(2)
 ・ 保育園・幼稚園(3)
 ・ 子どもの成長(36)
 ・ 家族(5)
 ・ 料理・おべんとう(6)
 ・ 病気・ケガ(27)
 ・ 離乳食(1)
 ・ イベント(11)
 ・ しつけ・教育(1)
 ・ お出かけ(27)
 ・ 子どもの遊び(6)
 ・ 育児アイテム(1)
 ・ 育児(7)
 ・ 妊婦・マタニティ(2)
 ・ 妊娠(2)
 ・ その他(295)
フライング入院つづき
  | その他 | 2011-06-30 13:41 |

病院に着いてから診察を受け、まぁ定期的には張っているようだから入院して様子を見ましょうということで病室に通された。

私は、陣痛弱すぎない?という病院側の雰囲気と、早く生まれてくれというオーラをビシビシ出してくる夫の板挟みが苦しく、そうこうしている間に本物の陣痛になるよう、必死で祈った。
嘘から出たマコトというやつを、気合で起こそうと思った。

祈りも空しく、陣痛先生は今日の務めを終えたかのようにあっさりと引いて行った。

病室で退屈をしたこはタンと山ピはひたすら帰りたがり、こはタンに至ってはカーテンで遊んだり廊下を走ったりして夫に叱られ、最後は「暇やし帰りたい」と泣き出す始末である。
私は、「こっちゃんは人一倍、楽しいことが好きやもんねぇ。楽しくないことは嫌いなんやもんねぇ」
と言って、こはタンの頭を撫でた。

どいつもこいつもププッピドゥだ。

そんなわけで3人は早々に帰っていき、私は一人、『なんだかなぁ~』な空気漂う病室で、深く考えないように努めながら、腹に巻かれた機械が拾う胎児の心拍を聞いていた。


翌朝、一旦退院しましょうと言われ、そりゃそうだよなと思いながら夫に知らせると、夫は、それは困ると言うではないか。
入院したからという話で今後の段取りを組んだのだから、生まれるまでそっちにいてくれと言うのだ。

私にも実家があればなぁと思った。
実家みたいな場所で、信頼できる協力者と共に、ゆったりと陣痛を待つことができたなら、どんなにかいいだろう。

深く考えないようにこれまで務めてきたが、ふとそんなふうに思ったらなんとなく泣けてきた。

でもまぁ、あんなに仕事を頑張るなんて私にはできないことで、出世頭であるところが夫のいいところでもあるのだ。
せめて私だけは、生まれてくる子どものことだけを考えてやらなくてはならない。

「ごめんよ、ああは言ったけど、いつでもいいのだよ」と、そっと腹に声をかけた。



by くんた~Ω。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
トラックバックURL :
http://blog.pigeon.info/tb.cgi/kohatan/438319
コメント
名前 :  削除用パスワード : 
URL : 
利用規約 |  ブログの開設 |  個人情報の取り扱いについて |  ピジョンインフォについて |  妊娠・出産・育児情報サイト ピジョンインフォ
問い合わせ |  ピジョン株式会社
Copyright(c) PIGEON Corporation All Rights Reserved.