妊娠・出産・育児まかせなサイト ピジョンインフォ

こぐま日記
blog.pigeon.info/koguma/

4人になったぞこぐま一家。はてさてどうなる?
ようこそ、ゲストさん  | Pigeon.info BLOG TOP | ログイン
お気に入り画像
2005年3月生まれのこぐまクン・2007年7月生まれのチビくまチャン・軽く天然なパパ・時々キレるママの4人家族。ごく一部、閲覧制限させていただいてます。  ('(ェ)'*)♪
by こぐまママ
 ブログ内検索
 
 過去記事一覧
 カレンダー表示
 2022年 01月 
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
 
 ・ 2022年03月(0)
 ・ 2022年02月(0)
 ●2022年01月(0)
 ・ 2021年12月(0)
 ・ 2021年11月(0)
 お気に入りブログ
 ・ Machako world
 ・ uiuiママの子育てその他諸々日記
 ・ (ぴぃぴぃたん+いぷいぷたん)×2 with サタデーナイトフィーバー☆彡
 ・ 気まぐれ日記
 ・ フフフ♪な毎日
 ・ 文武両道
 ・ *:::::*ふぁみり~たいず*:::::*  とらぽこ家の巻
 ・ my homeへの記録(仮)
 ・ ちびぼ~んと一緒♪
 ・ 四つ葉なクローバー
 ・ ゆうとんton
 ・ つれづれにっき
 ・ ☆☆☆。。。
 ・ こねこねこ家はいつもおおさわぎ♪
 ・ ♪ウタウタ ブログ♪
 ・ *はんぶんこ*
 ・ ★ ちょんまげ人生 ★
 カテゴリ
 ・ 保育園・幼稚園(1)
 ・ 子どもの成長(7)
 ・ 手作り(1)
 ・ 家族(3)
 ・ 生活(9)
 ・ 病気・ケガ(16)
 ・ 離乳食(1)
 ・ イベント(14)
 ・ キッズファッション(2)
 ・ お出かけ(18)
 ・ 子どもの遊び(7)
 ・ 赤ちゃん・ベビー(23)
 ・ 育児アイテム(1)
 ・ 育児(18)
 ・ 出産・赤ちゃん誕生(5)
 ・ 妊娠(2)
 ・ その他(42)
前の10件   次の10件  
帰って来ました
  | 病気・ケガ | 2007-09-20 22:18 |

うぅ… 眠い…。

麻酔の影響か、眠いです。

本日14時、子宮内容清掃術というものを受けてきました。
手術は、点滴による全身麻酔だったので、痛みも記憶もありません。

先生たちが、「○○さーん」と呼んだのはうっすら覚えていますが、それ以外は、
記憶が吹っ飛んでます。


手術よりも、午前中に行った、子宮口を開かせる処置が、めちゃめちゃ痛かった!!!!!

私、痛みには強い方だと思うんだけど、思わず「痛いっ!」と叫んで、内診台の上で腰を引いちゃった。

子宮口の中に棒状の物を入れるんだよ。
んで、開いたところから、さらに直径5ミリくらいの器具を入れて、子宮内に残っているものをゴリゴリとかき出すんだな。

ふー… 想像しただけでイヤな汗が出るじゃろ?


取った物は3センチくらいの物で、組織検査に提出。結果待ちです。


術後は問題なく、夕方に退院して来ました。



パソコン開けてると、「何やっとるんじゃ!早く寝ろ!」と怒られそうなので、こっそり携帯から投稿しました。


おやすみなさーい。



by こぐまママ | トラックバック(0) | 
私が突然いなくなったワケ
  | 病気・ケガ | 2007-09-13 11:06 |

6月11日、月曜日。
28週と6日。
あと一ヶ月で産休に入る予定だった。



その日は朝からお腹が張っていた。
後期に入れば、お腹も張りやすくなるかなと、それほど重大には考えていなかった。

体調が悪いなんて自覚はない。
そういえば、一昨日出血したけれど(一応、かかりつけのクリニックに相談・・・出血が続いたり、張るようなら再度連絡するようにと言われた)、
昨日は一日安静に過ごして出血は止まったし、
今日も出血はしていない。


でも、なんか気になるなぁ。


午前中は立ち仕事だけど、極力座るようにしていた。
定期的に張るっていうより、張りっぱなし・・・・


そうだ、明日の火曜日は婦人科の先生の診察日だから、仕事の合間をみて診てもらおうか。
(ちなみに私は病院勤務。総合病院だけど、婦人科は常勤の医師はいない。)
良い考えだと思った。

今、17時。もうすぐ、勤務時間が終わる。なんとか一日乗り越えたぞ。
なんてったって、私の部署は私の代わりのスタッフがいない。
休むわけにはいかないのだ。


しかし、赤ちゃんのことだからやっぱり心配。
助産師である副看護部長にちょっと相談してみた。


「その時期でお腹が張るのは異常だよ。今日、これから診察を受けなさい。
 28週では、お腹の子はまだ肺の機能ができあがっていないんだから・・・
 一生後悔することになるよ!」

・・・えっ?
そんなにおおごと?

「でも、痛みもないですし・・・」

「痛くなったらおしまいだよ!」



完全予約制だから、これから診てもらえるかクリニックに電話してみる。

「○○さんですね。ちょっとお待ちください。
 ・・・・・
 入院の用意をして、すぐに来てください。」

「は?入院?
 えっと・・・今、職場なので、一旦家に戻ってからになるんですけど・・・」

「では、そのままでいいので来て下さい。」


何?なに?なんなの・・・?  



課長に、その旨を伝えて、少し早めに仕事を終え、クリニックへ向かった。
もちろん、自分の運転で。
まだ、その時点でも、張り止めの薬をもらって帰るんだと、それくらいにしか考えていなかった。
むしろ、こんな風に慌てて受診して、何も異常がなければ恥ずかしいな・・・なんて思っていた。


月曜日の午後は休診だった。
インターフォンでスタッフの方を呼ぶ。
『これで異常なければ、本当に申し訳ないな・・・』


こぐまもこのクリニックで出産したので(緊急の帝王切開になったが)、
担当の助産師さんが私を覚えていてくれ、診察介助にはいつも付かないのに、
もう一人の看護師のMさん(実はこの方とは以前一緒に働いていた)と出迎えてくれた。
二人ともとても親切で、私を心配してくれた。

先生方に、経緯を説明。


まずは、お腹からのエコー。
「赤ちゃん元気ですね」

・・・ほっ。何事もないかな?みなさま申し訳ない。

次に内診台に上がり、膣からのエコー。

・・・・あれ・・・?
カーテンの向こうの雰囲気が・・・なんか・・・変わった?
話声は聞こえないんだけど、何か話しているような・・・


診察室に戻り、先生の説明を聞く。
先生が、何と話し始めたのか、もう記憶にないけれど、何か悪いことなんだということは雰囲気で分かった。

いつも丁寧に説明してくれる先生。なのに・・・
どんな内容だったか、思い出せない。・・・というか、次の言葉を聞いてから、先生の声がとても遠くになってしまったのだ。


「子宮口が開きかけています。」


恐怖で涙があふれた。肩が震える。嗚咽がもれる。
助産師さんが肩を抱いてくれた・・・・・・


切迫早産。
子宮口が開きかけている。
一人目は帝王切開だったが、実は子宮口が全開大までいっているので、
始まったら経産婦さんと同じように進行が早いと思われる。
早産とならないように点滴が必要。
また、早い時期に産まれた場合、赤ちゃんの管理ができないので、新生児医療の設備の整った病院に入院する必要がある。



そんな内容だった。


先生が、受け入れ先の病院への紹介状を書いて下さっている間に、ちょっと落ち着いてきた。
転院先の病院へ乗せて行ってもらうために、実家の両親を呼んだ。

「Mさん・・・私、産むまで入院ってこと?」

「うん、そうだよ」




こうして、私の7週間に及んだ入院生活が始まった。



by こぐまママ | トラックバック(0) | 
前の10件   次の10件  
利用規約 |  ブログの開設 |  個人情報の取り扱いについて |  ピジョンインフォについて |  妊娠・出産・育児情報サイト ピジョンインフォ
問い合わせ |  ピジョン株式会社
Copyright(c) PIGEON Corporation All Rights Reserved.