妊娠・出産・育児まかせなサイト ピジョンインフォ

丘の上日記
blog.pigeon.info/kayfromla/

4/23/05生まれの長男(かず)と7/17/06に誕生した長女(なっきー)、パパ、ママ4人の家族日記です。
ようこそ、ゲストさん  | Pigeon.info BLOG TOP | ログイン
お気に入り画像
2006年春、パパの転勤で米国LAにお引越し。年子兄妹の子育てに追われる毎日です。
by KAY
 ブログ内検索
 
 過去記事一覧
 ・ そして又、海…
 ・ もう夏時間に…
 ・ かずの憂い
 ・ 演奏会
 ・ ママの窓
 カレンダー表示
 2019年 12月 
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
 
 ・ 2020年02月(0)
 ・ 2020年01月(0)
 ●2019年12月(0)
 ・ 2019年11月(0)
 ・ 2019年10月(0)
 お気に入りブログ
 ・ ビバ!ダラダラ日記。
 ・ Ω 焼きおにぎり一家の思い出つづり Ω
 ・ にっこりあーたん
 ・ 丘の上日記2
 カテゴリ
 ・ 保育園・幼稚園(18)
 ・ 母乳・授乳(2)
 ・ 子どもの成長(90)
 ・ 幼児食(1)
 ・ 家族(6)
 ・ 生活(192)
 ・ 病気・ケガ(10)
 ・ 離乳食(4)
 ・ イベント(22)
 ・ しつけ・教育(5)
 ・ お出かけ(52)
 ・ 子どもの遊び(34)
 ・ 赤ちゃん・ベビー(8)
 ・ 育児アイテム(3)
 ・ 育児(3)
 ・ 出産・赤ちゃん誕生(6)
 ・ 妊娠(6)
 ・ その他(57)
しゃぶりぐせ
  | 育児アイテム | 2006-11-03 05:15 |

昨夜は帰りの遅いパパを待ちながら、
子供と三人で眠ってしまった。

パパは暗いベッドルームで、なっちゃんに
おっぱいをあげながら寝ているママの姿を見て
一体どう思ったことだろう。
その心中を思うと、恥ずかしくてやるせなくなってしまう。


最近なっちゃんが重たくなってきたこともあり、
ついつい一緒に横になっておっぱいをあげてしまう。

こうしているとうまいことに寝入ってくれることもあり、
ママとしては一挙両得といったところ。
かず君の時は律儀にも背筋をしゃんと伸ばして
授乳をしていたので、よく背中が痛くなったり
肩がこったりしていた。
二人目は少し手をぬくことを覚えた「賢い」ママである。


そんな育児スタイルのせいか、なっちゃんもおっぱいを
飲みたくないのに泣いてママを要求することが
多くなってきたように思う。
ママのおっぱいを口にふくんでいるだけで安心するらしい。

そして同時に目立ってきたのが自分のこぶしや指をなめるくせ。
かず君にもこのくせはあったものの、ここまで頻繁ではなかった。
おっぱいと同じく、自分の手をなめることで安心するようになって
来たのではないか。


そういえば、最近は親指をちゅくちゅくしている赤ちゃんを見かけない。
私の3つ違いの弟も、小さい頃随分と指しゃぶりが盛んで
母親は悩んだらしい。
ここアメリカに来て気になったのは、おしゃぶり (Pacifier)
しゃぶっている子供の多さ。
かなり大きくなっても(2歳くらい?)しゃぶらせているようだ。

日本では、歯並びに影響するかもしれないと賛否両論あるように
認識しているが、こちらでは余り抵抗がなさそうに思える。
実際日本人より皆歯並びが良いようにも見えるし、
本当のところ一体どうなんだろう。

これで子供のぐずぐずがなおればママは大助かりなのだが。


夕方、かず君となっちゃんの大合唱が始まる頃、
出産した病院でもらってきたおしゃぶりを、ついつい
なっちゃんの口に突っ込みたくなる今日この頃。
ついでにかず君にも・・・

いやいや、いかん。

ぐっとこらえるママなのである。



by KAY | トラックバック(0) | コメント(7) |
ミノムシ願望
  | 育児アイテム | 2006-10-10 18:39 |

一年前のかず君の育児日記を読みなおすと、
生後3ヶ月のかず君はよくぐずって泣いていたようだ。
特に来客のあと、2~3日は落ち着かなかったと書かれている。

それに対し、なっちゃんは意外と落ち着いている。
勿論ご機嫌の悪い日もあるが、それでも夜起きることは皆無だし、
ぐずっても、たいていは長く続かないように思う。

それでも、お夕食を作らなければならないママには
少しでも早くなっちゃんには寝てもらいたい、と思う時がある。

そんな時の秘密兵器は "swaddler" というもの(写真参照)。
病院ではただブランケットをぐるぐるっとしていたのだが、
その後私が購入したのはマジックテープが三箇所ついていて、
とても簡単になっちゃんをぐるぐる巻きにしてしまえる優れもの。

これにくるまってしまうと、なっちゃんは大概すぅっと寝入ってしまう。
あったかくて、包まれているという安心感 に、
赤ちゃんならずともきっと眠くなってしまうこと間違いない。
この "swaddler" の大人バージョンがあればいいのに、
と思ってしまった。


夏ほど元気がなくなって、自分の世界にこもりたくなる秋。

ぬくぬくしながら夢と現実の境界線を行きつ戻りつ、
うとうとと時を過ごす。


秋は、みんなが何となくミノムシになりたくなる季節である。
(それとも、私だけ?)



by KAY | トラックバック(0) | コメント(9) |
最近思うこと
  | 育児アイテム | 2006-06-17 17:55 |

ここのところ日中とてもお家の中が暑くなる。
風が吹いているとかなり涼しいのだが、無風状態だと辛い!
お昼寝中のかず君の頭は、汗でぺったり。

丘の上は涼しいところなので(確かに朝夕は未だとても涼しい)、
お家にエアコンはなし。

あちこち窓を開けて風を通してみたり、着る物で調節したり、
あとは気力かな。

それでもダメな時は、
かず君を連れて近くのショッピングモールへ避難。
お散歩も兼ねてぷらぷらとウィンドウショッピング。
最近、どうしても可愛い女の子のベビー服に目が行ってしまう。
7月誕生予定のお姫様には、申し訳ないけどかずお兄ちゃんのお古を着てもらおう…
と、考えていた筈なのに、ついつい。

こちらはピンクの、見ているだけで幸せになりそうな女の子のお洋服がいっぱい。
しかもお値段だって幸せになれる価格設定。
でも不思議なのは、何故か新生児用のお洋服でも前開きのものが殆どない
首のすわらない赤ちゃんにどうやって着せるの、と真剣に考えてしまう。


もう一つの疑問。
4月にLAへ移って来てすぐ、かず君の紙おむつ探しを始めた。
が、なかなか良いものがない。
しかもパンツタイプのものは殆どチョイスがない。
(おおかたトレーニング用のものになってしまう。)
知り合いのママさん達に聞くと、1歳だろうが2歳だろうが、
皆まだ子供をごろんさせてテープ式の紙おむつを使っている模様。

びっくり。

よく子供がじっとしているよなぁ。
今更かず君には、無理だろうな。

次に生まれる赤ちゃんにも、出来る限り布おしめを使ってあげたいけど、
今回は毎日お洗濯している余裕あるのかしらん。


それにしても、この暑い中、
ぐっすりと3時間もお昼寝ができる我が蒸す子、
もとい息子はえらい!



by KAY | トラックバック(0) | コメント(5) |
利用規約 |  ブログの開設 |  個人情報の取り扱いについて |  ピジョンインフォについて |  妊娠・出産・育児情報サイト ピジョンインフォ
問い合わせ |  ピジョン株式会社
Copyright(c) PIGEON Corporation All Rights Reserved.