妊娠・出産・育児まかせなサイト ピジョンインフォ

Machako world
blog.pigeon.info/hiromasayou/

人生いろいろあるけれど、あかるく・たのしく・うつくしく~をモットーに♪♪日時計な日々を送っています。                                                                                           しっかりしてるようで実は結構おっちょこちょい(笑) そんなマチャコが 子育て・パパ育て・自分育ての様子を アナタだけに・・・コッソリヒッソリお届けします(*・ω・)ノ                                                               ユウちゃんは6年生、アヤちゃんは4年生、アーちゃんは2歳になりました。で?マチャコは今年も23歳になったとかならないとか~(笑)
ようこそ、ゲストさん  | Pigeon.info BLOG TOP | ログイン
お気に入り画像
***************************      その昔 保育士だったマチャコが【こんな育児で良んですか?良いの良いの~(^m^ 笑)】的な子育て・パパ育て・自分育ての楽しい日々を、おもしろおかしく綴っていければなと。     ***************************      優しく頼れるパパと、ワーキングなママ、そして可愛い2人の娘と。広島での生活綴り♪♪     からの、H26年3月末で仕事を辞め、翌4月には岡山で義母と同居することにっっつ(笑)     そんな時、第3子妊娠発覚!すげー!!マジー?!!マジなんです(^m^)そんな中、なんとワーキングも復活?!!(驚)そしてなんと、義母が倒れて・・・。そんなこんなで、3人姉妹のママになっちゃいました!!働くママ、家事も育児もそして、介護も頑張っています。       ***************************              仕事も家族も友達も、そしてブログも大切に・・・。明るく愛深くいつも暖かく、周囲を生かすことのできる素敵な妻・素敵なママ・素敵な23歳の女性をマジメに目指しているんです(笑)                 ***************************
by マチャコ
 ブログ内検索
 
 過去記事一覧
 ・ 誰でも。
 ・ いかんな。
 ・ じつは。。。…
 ・ じつは。。。…
 ・ じつは。。。…
 カレンダー表示
 2017年 10月 
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
 
 ・ 2017年12月(0)
 ・ 2017年11月(0)
 ●2017年10月(2)
 ・ 2017年09月(5)
 ・ 2017年08月(0)
前の10件   次の10件  
どーも、どーも、どーも。
  | その他 | 2016-10-14 11:08 |

ほほほっ。すっかり放置のマチャコです。
こんにちは。


この放置の間に、ユウちゃんは11歳になり、
アヤちゃんは9歳になりました。





ユウちゃん誕生日記念。





アヤちゃん誕生日記念。


そして、先月末で1歳8ヶ月を迎えたアーちゃんは、
だいぶん日本語が話せるようになってきました。
ほんと、3人目の成長は、早い早い。


っていうか~、すでに上の2人がどうだったかを
忘れているだけのような、違うような(笑)


いたずら盛りで、いろんな事をしでかしてくれます。


例えば、ある日のこと。

机の上に置きっ放しにしていた(置きっ放しにする私が問題?笑。)
クリープの瓶の蓋を開け、ナメナメ(笑)
最終的には、廊下にひっくり返して、ナメナメ(笑)


ママが気づいたときには、時すでに遅し。。。


アーちゃんの手も足も、クリープでべちゃべちゃ。
なにげにしっかりくっつくんですね、クリープって。
廊下も、しっかりべちゃべちゃになって・・・


しまいには、ニチャコニチャコした手と足が気持ち悪くて
アーちゃん、1人で怒ってました(笑)


いや、怒りたいのはこっちですけども!!!(`ー´)!!!

ってことで・・・


『もー!あーちゃん、やったら駄目よ。げんこつ3発じゃ!!』と怒ってそう言ったら
『もー!いちゃい~!!!(痛い。の意)』って、すっごい泣くんです。


いやいや、まだげんこつしてませんけど!!(笑)


その姿につい笑っちゃって、アーちゃんの作戦勝ち。。。


こりゃ、また絶対やるな、2度目があるな。
いや、3度目もあるだろうな。。。

・・・ってそんな感じです。



まっ。 
日々、こんな感じです。一事が万事っ(笑)



by マチャコ | 
入園しました。その2。
  | 保育園・幼稚園 | 2016-04-25 10:24 |

今まで、生後2ヶ月から1年間、ママの職場で育ったアーちゃん。

アーちゃんの辞書には【ひとみしり】という言葉はない!!


基本、うちの子、小さいときからユウちゃんもアヤちゃんも
どこやかしこに連れて行っていたので、
あまり人見知りしない子でしたが、
それに輪をかけて人見知りしないで育ったアーちゃん。


職場で、たくさんのお客様が来られてもいつもニコニコ。
誰にでも抱かれて、どこかに連れ去られて(←言葉が悪い。笑)も
いつもニコニコ。

どなたもこなたも『抱かせて~』『抱かせて~』と、
『今度は私の番よ~』とアーちゃんの取り合いしても、
いつもニコニコ。

そんなアーちゃんだったので、
保育園が決まって、皆さんが寂しがる寂しがる(笑)


職場の目の前の保育園に行くのだと聞くと
『も~、窓にへばりついて見に行くかもしれん』と冗談が飛び交うほど(笑)


あ、そんなことはどうでも良いね、
アーちゃんの話、アーちゃんの話(笑)


そんな人見知りをしないアーちゃんだったので、
きっと保育園にもウキウキで行くねって、誰もがそう思っていた。


実際、説明会に行ったときも、ママから離れてへっちゃらで遊んでいたし、
知らない先生に抱っこされてもニコニコであっちやこっちや行っていたので
きっと保育園にウキウキで行くねって、ママもそう思っていた。


しかし。。。


入園式の次の日。
ママは仕事が休みだったので、アーちゃんもお休みをさせたその日。

いきなりの家庭訪問。
で、午後2時頃担任の先生が玄関に来られたところから、
アーちゃんの表情が変わる。

どこからどう見ても警戒してる。。。

え?昨日は入園式で、ひとりチョロチョロして、
おもちゃで遊んでたじゃ~ん!!って突っ込みたくなるほど。
保育園の先生って分かってるの??って突っ込みたくなるほど。


ホントに警戒して、ニコリともしない。
直立不動(笑)こんなこと初めてでホントに可笑しい(笑)



さてさて。次の日から登園ですよ。どうなりますことやら。。。




つづく。。。



by マチャコ | 
入園しました。
  | 保育園・幼稚園 | 2016-04-22 10:51 |

さてと~。

やっと出産秘話報告が終わったところで。。。
読んで下さった方の中には、きっとまだ
アーちゃんは、つい3ヶ月前頃産まれた赤ちゃんだと
思っておられる方もいらっしゃると思うけれど(笑)


実際には、もうすぐ1歳3ヶ月。
2ヶ月過ぎから職場復帰して、アーちゃんも同伴させていたので、
職場で育ったようなもの(笑)




 ↑
上。職場復帰1日目。下。丸一年経過後のアーちゃん。



そんなアーちゃん。
この度、保育園にめでたく入園することができました。


1歳児クラスさん。
あひるぐみ】です。
ひよこじゃなくて、あひるなんです(笑)


くー!!!しっくりこない!!(笑)


ちなみに、0歳児クラスさんは【りすぐみ】。


って、こっちもひよこじゃないんかい!!(笑)



ま、ママのど~でも良い【ひよこ】へのこだわりは良しとして(笑)


4月6日(水)が入園式でした。(遅っ。←ママのつぶやき。笑)





まだ始業式前で学校が始まっていなかったユウちゃんアヤちゃんも
『絶対行きたい!!』というので、一緒に。


ちなみに、この保育園というのが、ママの職場の目の前にあります。

目と鼻の先・・・ならぬ、目とまつげくらい近い(笑)

自宅の近くの保育園とも天秤にかけてみて色々悩んだのですが、
今は義母の介護もあり、転倒の危険がある義母を
1人で置いておくことが出来ないので、
デイサービスに送り出してからでないとママは出勤することが出来ず、
アーちゃんの送りもとなると、時間の余裕がなく、
職場近くの保育園のみで入園希望を出しました。

ここに決まらなかったら、待機児童で粘るよ!!くらいの勢いで。

実際、1歳になってすぐに歩き始めて、
逃走を図るアーちゃんの面倒を職場で見ることに、
限界を感じていたので、保育園がすぐに決まってホッとしました。





 ↑
アーちゃん、ママの職場の部屋から脱走中の一コマ(笑)。。。


職場の皆さんが、とても温かい目でアーちゃんのすることを
見守って下さっていたことだけが本当に救いでした。



で。

早速次の日から慣らし保育だったんですが。


『お迎え10時でね。』って。(早っ。←ママのつぶやき。笑)

『仕事をしているので、できるだけ早く普通保育をお願いしたいのですが』と
一応伝えてみたのですが、
『お仕事に連れていけるんですよね~?』とバッサリ!!(笑)

『そうですね。。。あはは。。。』(苦笑)


そして、土日をはさみ。。。


そろそろお給食食べさせてもらえるかしら~?と思ったら、
『お迎え11時で。』って。(まだかっ。←ママのつぶやき)


そんなこんなで、週末の4月15日(金)に
初めて給食を食べて12時前迎え。


4月19日(火)やっとやっとでお昼寝後3時迎え。
(ホントは2時45分頃と言われたけど、
 『3時までが仕事なので・・・』と今度はママが粘り勝ち。笑)



今日から無事に普通保育となりました。


といっても、ママは、自宅ではなく職場に近い方の保育園を選んだので、
毎日3時までの保育となり、お昼寝から起きたらすぐに連れ帰る。


そのうち、どうやらみんなはお昼寝の後おやつを食べているようだと
気づいたときのアーちゃんに、恨まれそうです(笑)



by マチャコ | 
アーちゃん誕生秘話。お姉ちゃん達どうするの?2
  | 出産・赤ちゃん誕生 | 2016-04-01 14:30 |

これのつづき。

出産を間近に控え、
小学生のユウちゃんアヤちゃんをどうするかという悩み。


もちろん学校を休ませない方が良いことは分かってる。

でも、現状では難しく。。。



実家の両親とも話し合い、反対もされつつ。。。

実家の父が、泊まるのが無理だったら
朝晩通ってやることもできるぞ。
とか・・・いろんな案を出してはくれたのだが。。


実家と我が家は70㎞以上離れている。


そんな距離を毎日朝晩往復なんて・・・
しかも、両親ともに仕事もしている。。。

そんなの絶対に無理。

絶対にどこかに無理がくる。


結果。。。


ママが出産した日に、実家から
ユウちゃんアヤちゃんを迎えに来てもらい、
ママの入院中は、ママ実家へ子供達を預け、
その間の学校は休ませることで学校の先生にも了解を頂いて落ち着いた。


そんなこんなで。。。

アーちゃんが産まれた2015年1月27日(火)から
ユウちゃんアヤちゃんはしっかりジイジバアバに甘えて過ごし、
31日(土)午後のママの退院に合わせて
両親が連れて帰ってきてくれました。


子供達は、学校を休めた特別感に大満足(笑)


たんまり溜まった宿題を土日で片付けておりましたとさ。


おわり



by マチャコ | 
アーちゃん誕生秘話。お姉ちゃん達どうするの?1
  | 出産・赤ちゃん誕生 | 2016-03-31 14:13 |

さて。
まだまだ続く、誕生秘話(笑)
今度は家族編です。

2014年4月。
広島を引き上げ、岡山の主人の実家で
義母との同居生活を始めた我が家。


そんな時に授かった小さな命。


そして、その半年後の11月、
義母が軽い脳出血で倒れ、入院。


ママ、出産予定の2ヶ月前のことでした。


幸い、義母の容態は大したことはなく、
ほとんど後遺症もなく回復したのですが・・・
入院してからの数日間ベッドで寝ていたことが原因で、
もともと弱かった足が、歩きづらくなり。。。

転倒の可能性が高く、
全面的な生活介助が必要な状況となりました。


ママが妊婦で、出産も間近。


現状での介護は難しいと義母の病院の方が判断して下さり、
リハビリの病院に一旦転院して、
義母はリハビリに専念する事になりました。


はてさて。。。


そうなると困るのが、小学生ズの2人。

パパは仕事で朝6時には家を出るし、帰ってくるのは夜7時前。
ユウちゃんは3年、アヤちゃんは1年。


冬の、日の短い、寒い時に、わずか数日だとはいえ、
子供たちだけで朝も夕方も留守番させて
自力で学校へ行かせる決断は、ママにはどうしてもできませんでした。


どうしたら良いだろう?


『その間だけ泊まりに行ってやる』と
実家の父は言ってくれたのですが・・・

ここは義母の家。

義母の入院中、パパは仕事、
そんな風に家主がいない家に
嫁の親が乗り込んで来るのは、
ママとしてもなんか心ぐるしいし、


第一、そんなこと義母には言えない。。。


では、出産後ママが入院をしないというのはどうだろう?
自宅出産する方もいるのだし、なんとかなるかも?

助産院で現状を話し、先生に相談すると、
『まぁ、要望があれば帰らせてあげないことはないけど、
お母ちゃんが大変よー。ご主人ともしっかり話し合ってごらん。』
と、やはり先生も入院しないことには賛成ではありませんでした。

パパや実家の両親に話してみましたが、
やはり産後のママの体を気遣ってくれ
入院しないことは、全員一致で反対でした。


『預かって小学校まで送り迎えしようか?』と
同じ市内に住む姉が、言ってくれたのですが、
同じ市内と言っても北の端と南の端。

普通でも40分くらいかかるのにラッシュ時なら倍かかることも。
その往復だからさらに倍!!

それを朝と夕方、毎日って・・・
それはかなり負担をかけることになる。。。


姉の家にも、小学3年、1年、年中の子供がいる。


ありがたいけれど、いくら何でも
そんな無理はお願いできませんでした。。。



つづく。



by マチャコ | 
アーちゃん誕生秘話。助産院編。3.
  | 出産・赤ちゃん誕生 | 2016-03-30 10:14 |

お腹を1回触られただけで完全ノックアウト(笑)
先生に、すっかり全幅の信頼を寄せちゃったママですが。。。

その期待が、裏切られることはありませんでした。


前にも言ったように、そこの助産院は
70過ぎの先生が一人で切り盛りされています。

赤ちゃんを取り上げるのはもちろんのことですが、
私たちに出して下さる3食の食事も、
そして赤ちゃん服の下着からおむつまでの洗濯も全て先生がお一人で。

毎日の赤ちゃんの沐浴もさせて下さり、ママのおっぱいマッサージも。
体重が増えてないようなら、ミルクも作って持ってきて下さいます。


そんなこんなで入院が集うと結構大変だから、
できるだけ集わないように。。。と、分娩予約を受付ているんだそう。


でも、出産なんて、予定があって予定が立たない様なもの。

私だって、予定日より8日も遅く出産したんですもの。



『でもねぇ、ありがたいことに困ったことは1回もないのよ~。
いつも赤ちゃんが助けてくれるんだと思うわ~。』と先生。


そんな風に考えて下さる先生だから、
ここの助産院がきっと居心地が良いのかもしれません。


料理も、ただただ美味しかったー!!






写真は、ほんの一例。

毎食、沢山の種類のおかずがならび、
ママは、毎食気持ちよいほど完食!!(笑)


そんな居心地の良い助産院での入院生活
4日間はあっという間に終了。
本当はもう1日居ても良かったそうですが。。。


上の子達が待っているので、1日早く退院となりました。


先生が最後に。。。
『うちを選んでくれてありがとうね。
また、もし次があったら、またおいで』って(笑)


次。。。あるかな?(笑)


【助産院編】 おしまい。



by マチャコ | 
アーちゃん誕生秘話。助産院編。2.
  | 出産・赤ちゃん誕生 | 2016-03-29 11:28 |

アーちゃんを出産した助産院ですが。


実は、古い民家でした。
(・・・って、先生のお宅なのに、失礼なヤツ。笑)


先生は70代前半。
お一人で助産院を経営されています。

先生のお姑さんがされていた助産院を継がれたとのこと。

そして、先生もここで出産されたそうです。
それを聞いて、なんか嬉しかったりもしました。


トイレも、簡易式の洋式トイレで超狭く、
おし●こを採るのも、結構大変でした(笑)


・・・というくらい、設備も決して新しいとはいえません。


初めての出産だったら、不安だったかもしれない(笑)
(って、重ね重ね失礼なヤツ。笑)


ですが、ママは3人目。

無事に産まれてくれれば、
ママにとって設備なんてあまり関係ありませんでした。


初めて先生のところに妊婦検診に行かせてもらったとき、
先生が、ママのお腹を触りながら、お腹の赤ちゃんに
『おお、良いところにちゃんとおるおる。
 頭の位置も良い良い。ほんとに良い子じゃなぁ~。』
と、話しかけてくれたその手の温もりに、
何とも言えない安堵感を感じ、ホッとしたことを鮮明に覚えています。


えー!!触るだけで分かるんだ~と、
助産師さんなんだから、そりゃ~当たり前のことかもしれませんが、
『先生、さすが、神だなぁ~』と、思ったんです。

って・・・我ながら単純。。。(笑)



妊婦検診に行ったときには、診察室にしか入らないので、
さて、実際自分が入院する部屋ってどんな感じなんだろう?と思っていました。


てか、どの部屋で出産するのかも全然知らなくて。


普通の人は、そういうのを見てから決めるんですか?(笑)


なんか、勝手に、全幅の信頼を寄せちゃったわけです。
そして、その信頼は・・・



つづく。



by マチャコ | 
アーちゃん誕生秘話。助産院編。1.
  | 妊婦・マタニティ | 2016-03-25 13:34 |

アーちゃんが産まれた助産院ですが。

ママは、特にこだわりもなく、
実は産むのはどこでも良かったんです。
安くて(出産費用が)、早ければ(妊婦検診の時間が)。


でもパパは。。。

初めからこだわっていました、助産院での出産に。
3人目にして。


それがなぜだかは、今でも不明ですが(笑)


ま、結果的に最初に行った近所の産婦人科は、
半年前に分娩やめました。なところだったので、
どこか出産するところを探さなくてはならなかったのです。


そして、ネットで調べて(もちろんパパが。笑)
口コミを見て選んだのが、ここの助産院でした。


初めてその助産院に電話をしたとき、
『どうしてうちを知ったの?』と言われ
『ネットで調べて。。。』と言ったら
『最近は、そうやって電話してくる人が増えてるんよ~』と先生。

もちろん、助産院のHPがあるわけではなく、
ママ同志のコミュニティー的なところでの評価でした。


先生は、自宅で1人で助産院をされているので、
もしママが初産の妊婦だったら断ろうと思ったそうですが、
3人目の出産ということで『じゃ~、うちに来てみる?』と言って下さいました。


そんな風にしてご縁があった助産院。


本当に本当にママにとってはステキなところでした。



つづく。



by マチャコ | 
アーちゃん誕生秘話。6。(笑)
  | 出産・赤ちゃん誕生 | 2016-03-23 10:42 |

2015年1月27日(火)午前4時18分。

産まれました、アーちゃん。
でてきました、無事に(笑)

って、つづきなんじゃないんかぁ~ぃ!!(笑)


そうそう。
あの後、あれよあれよという間に進み。。。


3時に助産院に到着して、
『どうかな~、これじゃまだまだだけどな~』と言われながら
先生が準備を開始。


子供とパパをママが入院する予定のお部屋に通してくれて
『分娩室には、自由に出入りしたら良いからね~』と言って下さる。


ママは、ひとりで分娩代へ。
子供達も気になって、分娩室へ見に来たり、部屋に帰ったり。


しばらくするとユウちゃん、アヤちゃんは、
お部屋でテレビを見ながら、ベッドでウトウトし始めたらしい。


パパは、暇だからと、隣のファミマへお買い物。。。

って、せめてパパはずっとママのそばにおってくれ~(笑)



そんなこと思いつつ。

3時30分を少し過ぎた頃か。

先生は『進まんねぇ~』と言いながら、部屋を出て行った。


『ってか、かなり痛くなってきたよ~先生~』と
小さな声で独り言を言ってみる。

5分くらい1人だった気がする。
もう少し短かったかも?
でも、それくらいに感じた。


『そろそろだれか、帰ってきてくれないかな~』
・・・と思ったのと同時に、ものすごい痛みが来て

パッシャーン と見事な破水。。。


痛みと、ビッチャビチャとで、もうわけわかんな~い(笑)





『お願い~、誰か来て~。パパ~。』と、
またもや小さな声で言ってみる(笑)


と、そこに先生が帰って来た。
『先生~、破水した~。と思う。たぶん』とママが言ったのが早かったか、
『破水したね~』と先生が言ったのが早かったか、
ま、そんなことはどっちゃでもいいか(笑)

分娩台で、ママの私服で横になって寝ていたけれど
先生がいそいそとママの服を脱がせ始め、
出産用の服へと着替えをしてくださった。


そして、産む体勢へと促された。。。

が。。。


ママ『痛くて無理~、先生~無理~』

先生『痛いよな~、じゃ、私が支えてあげるから一緒にするよ~』

先生『せ~の~』

ママ『痛~ぃ!!』


先生『うわ~、もう出てくるわ~。ちょっと、みんなを呼んでくるね』
ママ『は~い。う~ん、痛い~。』


先生が、パパと子供達を呼んで、
分娩室に来たとほぼ同時に


スルスルスルスル~って、

勢いよく飛んで出てきました、アーちゃん。


文字通り、飛んで出てきたところを、先生がキャッチ(笑)
あぶねぇ、これ先生が居なかったら大惨事だったんじゃね?

ぐらいの勢いで飛んで出てきたんです、アーちゃん。


先生も『飛んで産まれた赤ちゃん、久しぶりじゃわ~』と
大笑いされてました。



そして、出てきたと同時に、
『オンギャー、オンギャー』と元気な大きな泣き声。


へその緒がつながったまま、
先生がママの胸にアーちゃんをだっこさせてくれました。



パパも、ユウちゃんも、アヤちゃんも
『すごいな~、アーちゃん、飛んで出てきたなぁ~』と大喜び。


『小さいなぁ~、小さいなぁ~』と良いながら
子供達も、ママとアーちゃんのそばを離れず。


『ママ、結構大きな声だったな~、近所迷惑じゃろ~(笑)』と、笑いながら子供達。
『え?そんなつもりはないけど、そんなに大きな声だった?(笑)』と、ママ。


そんな会話をしながら1時間くらいそのままの体勢だっただろうか。

先生が、『じゃ、そろそろへその緒を切ろうかな』と、
『切ってみる?』とユウちゃんアーちゃんに。
『う~うん、怖い』と、ユウちゃん、アーちゃん。


パパは。。。
そういえば、分娩室には居なかったな(笑)
こんなこと、他で経験できないんだから、してみれば良かったのに。。。


と。そんなこんなで、無事にアーちゃんが産まれたというわけでした。


1年2ヶ月前の出来事です。


2ヶ月またいで・・・やっと。笑)おわり。



by マチャコ | 
アーちゃん誕生秘話。5。(笑)
  | 出産・赤ちゃん誕生 | 2016-03-18 10:29 |

さ~いよいよですよ。
(って、結局つづくんだろ?!みたいな。笑)

これの続き。

27日(火)日付が変わったと同時に
『ググググググググ~』と音がした気がして目が覚めたママ。

お腹がキリキリしてる。
今までは夜中にキリキリして目が覚めても
横になってたら収まって、全然陣痛にまですすまなかったけど、
さて、今日のはどうだろ??と、しばらく様子を見てゴロゴロ。

30分くらいの間隔が、しばらくしたらすぐに10分間隔に。。。


これは来た、絶対に来た!!


そう思って、まずはパパを起こす。
そして、子供達も起こす。

子供達は眠い目をこすりながらも、
出産がもう間のなくとわかり、
ソワソワして、嬉しそうに着替えを始める。


そんなこんなで夜中の1時半頃だったか。
助産院に電話。


でも、ママがめっちゃ余裕の声で電話したもんだから
『う~ん。まだだろうねぇ。もうちょっと様子を見てみて』と言われ、
ちょっと拍子抜けてみたりして(笑)


でも、準備したりしてたら、あっという間に5分間隔。
というわけで、2時半頃にもう一度助産院に電話。

『う~ん、その声じゃ、まだまだと思うけど、まぁ、来てみる?(笑)』
とのことで、全ての準備を完璧に整え、
パパに車を用意してもらって、2時40分助産院へ向けて出発!!

しかし、車の揺れが痛い。
本格的にキリキリくると、歩けない。

でも、時々また治まる(笑)


そんなこんなで、3時。助産院到着。

そして、ママの姿を見て先生またもや
『お母ちゃん、こりゃ、まだまだじゃわ(笑)』と。

『え~、まだまだですか~?結構しんどいけど』と言うと
『そんなこと言えるうちはまだ産まれんよ(笑)』と。


『ま、でもここに入って横になり~』と、ママは分娩台へ。


『お父さんとお姉ちゃん達は、こっちの部屋を暖めてるから』と
ママが入院するお部屋へと通された。


さぁ。始まるのか、始まらないのか(笑)



・・・結果的に。。。つづく(笑)



by マチャコ | 
前の10件   次の10件  
 お気に入りブログ
 ・ ☆もみまん☆道場
 ・ uiuiママの子育てその他諸々日記
 ・ *はんぶんこ*
 ・ flower & blossom
 ・ ふんわり生活
 ・ すくすく成長しようね!
 ・ かあちゃん日記
 ・ こぐま日記
 ・ たいくんとママの日記
 ・ おにぎりはじめました。
 ・ 気まぐれ日記
 ・ LOVE CAFE’de makorin☆ (*^-^)人(^-^*)
 ・ はとまめ日記
 ・ フフフ♪な毎日
 ・ happyになりまっし♪♪
 ・ つれづれにっき
 ・ ♪れおちゃんまんタロウ♪
 ・ ちぃちの不思議な世界
 ・ チックタックん君
 ・ ひねもすのたり のたりかな
 ・ ぴよぴよぴよの育児記
 ・ STAR☆誕生!?
 ・ 極悪怪獣VS鬼母ちゃん
 ・ ナッチ・アヤヤ 物語
 ・ うきうき日記
 ・ my homeへの記録(仮)
 ・ ビバ!ダラダラ日記。
 ・ ☆そな日記☆
 カテゴリ
 ・ 小学校(3)
 ・ 日記(2)
 ・ おもちゃ・知育玩具(1)
 ・ ひとりでできた(9)
 ・ 祖父・祖母・親戚(1)
 ・ パパ・父親(44)
 ・ 絵本(1)
 ・ ママ・母親(82)
 ・ 保育園・幼稚園(58)
 ・ 母乳・授乳(2)
 ・ 子どもの成長(104)
 ・ 手作り(14)
 ・ 幼児食(2)
 ・ 家族(62)
 ・ 生活(45)
 ・ 料理・おべんとう(24)
 ・ 病気・ケガ(149)
 ・ 離乳食(14)
 ・ イベント(131)
 ・ キッズファッション(22)
 ・ キッズ(60)
 ・ しつけ・教育(11)
 ・ お出かけ(109)
 ・ 子どもの遊び(16)
 ・ 赤ちゃん・ベビー(83)
 ・ 育児アイテム(26)
 ・ 育児(22)
 ・ 出産・赤ちゃん誕生(30)
 ・ 妊婦・マタニティ(25)
 ・ 妊娠(6)
 ・ その他(138)
利用規約 |  ブログの開設 |  個人情報の取り扱いについて |  ピジョンインフォについて |  妊娠・出産・育児情報サイト ピジョンインフォ
問い合わせ |  ピジョン株式会社
Copyright(c) PIGEON Corporation All Rights Reserved.