妊娠・出産・育児まかせなサイト ピジョンインフォ

こたママ日記
blog.pigeon.info/again/

3年の不妊治療を経て、ようやく授かった念願の我が子。成長日記、妊婦のときの情報など乗せていきます!
ようこそ、ゲストさん  | Pigeon.info BLOG TOP | ログイン
お気に入り画像
はじめての育児に奮闘ママです
by りお
 ブログ内検索
 
 過去記事一覧
 ・ 絵本が貰える…
 ・ たまひよデビ…
 ・ キャンペーン…
 ・ ④グアム旅行…
 ・ ⑤グアム旅行…
 カレンダー表示
 2018年 05月 
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
 
 ・ 2018年07月(0)
 ・ 2018年06月(0)
 ●2018年05月(8)
 ・ 2018年04月(0)
 ・ 2018年03月(0)
1歳の海外旅行
  | お出かけ | 2018-05-01 18:40 |




1歳1ヶ月の息子を連れて、結婚式をあげた思い出つまるグアムへ5泊6日の旅行に行って参りましたヽ(*´∇`)ノ

旅行記というよりお役立ち情報を数回にわけて載せていきたいと思います!

まず、使用した旅行会社はH.I.S。
比較したのは日本旅行(ややお高め、プラン少なめ)とツーリスト(一番安いが接客が悪かった)、JTB(お高い)。
旅行パッケージに選べるアクティビティがついていて、もともとやりたかったことが含まれていたことを考えると計算したらツーリストが最安値で次にH.I.Sでした。合計で計算すると2万ほど違いました、ツーリストは2歳未満の幼児料金がズバ抜けてお安かった。
ツーリストはよくある一枚物の格安プランでも並び席は追加金が必要ですがアレンジ可能と色々自由がききます、H.I.Sの格安プランは並び席のアレンジが無理なので並び席が良い場合は普通のパッケージプランしか使えません。1歳児連れは間違いなくご夫婦での並び席のほうがいいですよね、お隣にご迷惑かけちゃうので…。

あとはツーリストの格安プランは飛行機の時間がかなり幅があるので、仕事終わった後に出発する方には難しいのが難点です。

そんなこんなで価格比較だけだとツーリスト一択でしたが、残念ながら接客に色々問題があって不満が募りH.I.Sに鞍替え(笑)
いやー、H.I.Sさんは神対応でした。あの接客に2万差額出したと思えば惜しくないと思えるほど、それはまた別の機会にお話するとして(●´∀`)

グアムは大きくはないので、レオパレス以外は何処に宿泊しても便利さでは大差ないと思ってます。
子連れにオススメはニッコーグアム、アウトリガー(今回我が家はここにしました)、リーフホテルですがハガニア寄りのホテルよりかはお高めです。中間価格だとパシフィックあたりがオススメです、立地だと真ん中くらいなのでアウトレットにもKマートにもマイクロネシアモールにも行きやすそうでした。

次に【離乳食問題】。
ここですよね、まず気になるのは。グアムは【肉、乳、卵】の持ち込み禁止!!レトルト離乳食のほとんどは肉そのもの、もしくはチキンエキスが入っているので8割アウトです。
カルシウムを意識して、しらすごはん&鉄分を意識してマグロごはんを多めと、お弁当タイプBIGきんぴら弁当だけチキンエキスも入ってなかったので、こちらを3つくらい持ち込みました。(帰りの機内食、ユナイテッドだったのでベビー分は無いため1つ残しておいてそれを使いました。手荷物チェックのときに飲み物ないかと聞かれたとき、日本語でベビーフード!と物を見せて伝えたらオッケー、レーンに置いてといわれました。)
その他にも意外とおかず系は使ってないものがあったので沢山持っていきました、ビュッフェ系のところではご飯におかず系のをかけてあげられました。

ちなみに卵と乳が禁止とはいえ、肉とは違って加工品のパンはオッケーでした。グアム朝食ロールパンすら甘いので、食べなれたものを1袋持ち込みオススメします。
(アウトリガーのホテル朝食ビュッフェ、プレーンヨーグルト+バナナ+食パンで食べさせてました。納豆がある日もあって、ごはんと混ぜてあげたり…。ロールパンは甘かったのと、ヨーグルトはプレーンが無い日もあったので注意、りんごはまるごと置いてあったのでかじるしかなく子供向けではないです。)

ビーチで食べたり、カフェで食べたりするときはどうしてもお弁当タイプのものの方が便利でした。
それにくわえて現地で購入した色々や果物をあげることで、レパートリーと栄養バランスを考えました。
→現地での離乳食の買い物については次回詳しく

注意点はベビーフード持ち込んだら、申請すること。機内で配られる申請書類に、ベビーフードと記載しておけば色々と安心です。正直、荷物あけられませんでしたけど。何もみられませんでしたけど。何も聞かれすらしませんでしたけど。エキス入りベビーフード持ち込んでてもわからんかったとは思いますけど、ダメなものはダメ。

次に、持ち物ですが…
水遊びオムツはお忘れなく!水着は現地調達でオッケー、Rossとメイシーズで安く売ってます。浮き輪はお高めなので日本でメルカリとかで買っておいたほうが良いかも。空気入れは5ドルほどなので100均一で売ってるので充分なのでそれを持っていくのがおすすめです。あとはレジャーシート、パラソルと椅子借りるのに20ドルくらいですが…1歳児連れでビーチに長くはいられない!海につかってあがってビーチで休憩するのは30分くらいなもんで、それで20ドルは勿体無い!!(´;ω;`)
木の影にレジャーシートひいて、で十分でした。ホテル前のビーチで1~2時間ほど遊んで部屋に戻ってシャワーあびて部屋で離乳食が一番…。

ぶっちゃけプールなら、だいたいどこも椅子もバスタオルもパラソルも無料でついてます。。海→プール→海という節約技も…笑。

そんな感じで長くなってきたので次は、現地で調達できる離乳食や水着などの買い物術について書いていきます!



by りお | トラックバック(0) | コメント(0) |
トラックバックURL :
http://blog.pigeon.info/tb.cgi/again/594790
コメント
名前 :  削除用パスワード : 
URL : 
 カテゴリ
 ・ 日記(1)
 ・ 子どもとお泊り(3)
 ・ 子どもの写真(3)
 ・ おもちゃ・知育玩具(1)
 ・ ひとりでできた(1)
 ・ 絵本(1)
 ・ 子どもの成長(3)
 ・ 生活(3)
 ・ 病気・ケガ(6)
 ・ 離乳食(3)
 ・ イベント(6)
 ・ キッズファッション(4)
 ・ お出かけ(9)
 ・ 子どもの遊び(1)
 ・ 赤ちゃん・ベビー(1)
 ・ 育児アイテム(8)
 ・ 妊婦・マタニティ(1)
 ・ その他(4)
利用規約 |  ブログの開設 |  個人情報の取り扱いについて |  ピジョンインフォについて |  妊娠・出産・育児情報サイト ピジョンインフォ
問い合わせ |  ピジョン株式会社
Copyright(c) PIGEON Corporation All Rights Reserved.