妊娠・出産・育児まかせなサイト ピジョンインフォ

はつくんとまりちゃん、なっちとだんな様
blog.pigeon.info/123456789/

我が家の、子育て親育て。お互いに育ち育てられ・・・
ようこそ、ゲストさん  | Pigeon.info BLOG TOP | ログイン
お気に入り画像
★2007年12月はつくん誕生。★2011年8月まりちゃん誕生★手作りとエコ好きななっち、一応ワーキングマザー★サボテン好きなだんな様。趣味育児?★
by なっち
 ブログ内検索
 
 過去記事一覧
 ・ 長縄大会
 ・ 長縄大会
 ・ 人形劇
 ・ バレンタイン…
 ・ お人形展
 カレンダー表示
 2017年 02月 
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
 
 ・ 2017年04月(0)
 ・ 2017年03月(0)
 ●2017年02月(10)
 ・ 2017年01月(20)
 ・ 2016年12月(27)
 お気に入りブログ
 ・ R.K.S.
 ・ ~坊主日記~ ◆家族の中心で陣取る、BOSS◆ =o゚д゚o=
 ・ 抱きしめたい!!
 ・ テゾーロ日記
 ・ 我が家の天使達☆
 ・ ハルキわんぱく日記
 ・ SMILE FACTORY
 ・ にじにじダイアリー(^ ^ ;
 ・ ひよこ日記
 カテゴリ
 ・ 小学校(109)
 ・ 子どもとお泊り(7)
 ・ おもちゃ・知育玩具(10)
 ・ 祖父・祖母・親戚(48)
 ・ パパ・父親(19)
 ・ 絵本(17)
 ・ ママ・母親(84)
 ・ 保育園・幼稚園(233)
 ・ 母乳・授乳(11)
 ・ 子どもの成長(12)
 ・ 手作り(145)
 ・ 幼児食(5)
 ・ 家族(16)
 ・ 生活(118)
 ・ 料理・おべんとう(32)
 ・ 病気・ケガ(28)
 ・ 離乳食(10)
 ・ イベント(25)
 ・ キッズ(1,278)
 ・ しつけ・教育(31)
 ・ お出かけ(165)
 ・ 子どもの遊び(18)
 ・ 赤ちゃん・ベビー(316)
 ・ 育児アイテム(27)
 ・ 育児(6)
 ・ 出産・赤ちゃん誕生(16)
 ・ 妊婦・マタニティ(69)
 ・ 不妊(98)
 ・ 妊娠(5)
 ・ その他(253)
前の10件  
滲出性中耳炎
  | 病気・ケガ | 2014-08-04 09:24 |

はつくん、七月末に、37度くらいの熱を出してから
ここ最近、パパが怒っても、知らん顔。
後ろから声をかけても、無視。
前に回って、ようやく[何~?いきなり怒らないでよ!!]
「さっきから、いってるじゃないか!きこえないのか?」
「きこえてるけど~!?」

えっと・・前からの声は聞こえているけど
もしかして、後ろからの、パパの低い声
・・・もしや・・・聞こえてない??

なっちの声も、聞き返すことが、増えた。
[何?ママ?もう一度言って!」

発表会での、グランドピアノ、結構いいおと出して
迫力の演奏だったから、大きな音にびっくりしたかな?と思いきや
[そんなに大きく思わなかったよ」

・・・聴力低下??
というわけで、月曜日は、だんなさまが、なっちより仕事早く上がれそう・・
といって、耳鼻科に連れて行ってくれました。
やっぱり、軽度聴力低下。滲出性中耳炎。
とりあえず、2~3週間、内服薬で様子を見てみましょうだって。
ここ1週間くらい、あんまり聞こえてなかったのかな?

それで、うまく対応できなくて、怒られたりしたこともあったのかな?
ごめんね。早く気がついてあげられなくて
学校の授業は、もう、夏休みで、なかったから、良かったと思うんだけど。
早く治るといいね。



by なっち | トラックバック(0) | コメント(0) |
外来受診
  | 病気・ケガ | 2014-03-27 06:51 |

退院二日目の水曜日。入院していた総合病院の
小児科へ受診。採血&尿検査。
血液検査も泣かずに受けられ。
待ち時間に、小児科病棟に行きたい!というので
お礼の挨拶がてら、ちょっとよって。
自分の個室の前まで行って「ここに入院していたんだよね」
なんて確認。

血液検査で、炎症反応も下がっていて安心。
尿検査もクリアー。
後は、脳波検査を一応やっておいたほうが良いでしょう。と。

痙攣後は、一ヶ月ほどは、脳に負担が掛かっているので
小学校に入学して、生活が落ち着いたら・・とのこと。
脳波検査までは、なんとなく不安でもあるけれど。

でも、はつくんは、日に日に元気に。
まだ、疲れやすいのか、夜8時半ごろから
翌朝7時過ぎまでぐっすり・・

小学校に向け、早寝の習慣をつけておかなくちゃいけないから
早く寝るのは良いんだけど。
小学一年生は10時間ぐらいの睡眠が必要なんだって。

あ~、もうすぐ入学式。
入学式に、無事、いけるように。
保育園を卒業したら、当たり前に、小学校入学式・・忙しいな~
と思っていたけれど。そんな傲慢な考えは間違っていて。
家族みんなが、元気で、入学式の日を迎え
無事に成長してくれる姿を見られることは
本当に、奇跡のような、ありがたいことで、
何にも変えられない、至高の宝なんだと、改めて実感。



by なっち | トラックバック(0) | コメント(0) |
保育園
  | 病気・ケガ | 2014-03-26 06:37 |

退院翌日の火曜日。
保育園で、今のお友達に会えるのは、今週いっぱい。
小学生になると、仲の良かった男の子達は
違う小学校。
同じ小学校に行くのは、女の子達ばかり。
もちろん、仲の良い子(女の子)ばかりなので
心配していないけど。

ただ。Yくん、Kくん、Sくんと、サッカーしたい!
一緒に遊保育園で遊ぶのは、もう、後数日。
お友達に会いたい!と言うので、保育園へ。

まだ疲れているだろうから、病後児保育室へ。
体調が良かったら、お昼ご飯など、普通クラスで
一緒に食べたりできるよう、計らってもらえるように、お話。

でも、先生達が、聞いてみても
「う~ん・・・やっぱり良いや、こっちにいる」と
一人だけの病後室で、遊んでいたらしい。
先生が付きっ切りでいてくれたのと
おもちゃがたくさんあって、居心地がいいのもあったと思うけど
やっぱり疲れていたんだね。サッカーどころじゃなかったね

先生に「はつくん、入院したの?どうなったの?」と聞かれ

「あのねー・・ぼく、ママに抱っこしていてもらって
それで・・・ぼく、わかんないんだけど、ママが落っことしたのかな~?
それで、救急車で、病院行って、入院なったみたい。」

「・・・ママ、救急車で一緒に来てくれた?」
「うーん・・わかんない。ママ、いなかったかも」

お~い!!それじゃ、虐待ですか??
子どもを落っことして、救急車に付き添いもせず・・
「でも、ママは悪くないよ!」・・・余計、虐待で口止めされてるっぽいんですけど・・

でも、はつくんにしてみたら、
痙攣&意識障害の間の記憶はないからね~
もちろん、病後室の先生には、預けるとき
詳細をお話してあるので、笑い話で済んだけど。



by なっち | トラックバック(0) | コメント(0) |
退院まで
  | 病気・ケガ | 2014-03-25 20:19 |

まりちゃんの寝ている間に、はつくんとなっちが
救急車で緊急入院してしまった。

まりちゃんは、あさ、なっちと電話で話し
『おりこうして、朝ごはんしっかり食べて、
エンエンしないで、おばあちゃんと、一緒に来てね』
というと、「うん!」と返事。

ママとにぃにに、会いに行く!と、おばあちゃんと一緒に
喜んで来たけれど。
病室に入ったら、点滴やモニターや・・
色んなものにつながれた、ベッドの上のはつくんを見て
まりちゃん、ドン引き。なっちのところにくっついて。

でも、次第に、いつものはつくんになると
まりちゃんも調子が出てきて。
「ママが良い!ママが良い!!って、エンエン泣いて
おばあちゃんや、パパのこと、困らせなかった?」と聞くと
まじめ腐った顔で「うん!」と。
おばあちゃんが、「夜寝るときと、朝起きたときと、エンエンしちゃったけどね」
種明かしをすると、すご~く、心外そうな顔で
そんなこと、言っちゃだめ!という表情。
というわけで、そのことは、極秘情報。
いずれにせよ、まりちゃんも、
頑張ってくれたことに、違いはありません。

おばあちゃんも、だんな様も、大変だったと思うけれど
ありがとう。これで、まりちゃんも一緒に付き添い入院だったら
もっと大変だったと思うんだ。

はつくんの、血液&尿検査、頭のCTいずれも
生命に直結するような重篤な病気はなさそう。
日曜日には37.3度。日曜の夜、痙攣や発熱の無いことを確認のため
もう一晩入院。お見舞いが帰ってしまうと
「疲れた~」と、早々に就寝。
「ねぇ、ママ。ママは、そこにいてくれるでしょ?
ずっと、目を開けてみててくれる?座ってる?
座って無くても、横になっても、ぼくがママ~って呼んだら
すぐいてくれる?」もちろんですとも。

月曜の朝も、熱は36度。
病室に、人が入ってくるたびに、なっちの後ろのカーテンの陰に
隠れるはつくん(笑)。無事退院となりました。
また外来受診で経過の検査予定。とりあえず、次の水曜。

おばあちゃんが、退院するまで、滞在を延ばしてくれて
おかげで、はつくんは嬉しそう。ありがとうございました。
たくさん甘えられて、遊べてはしゃいで。

おばあちゃんが、帰る時は、ものすごくさびしそう。
帰ってしまったら、やっぱり疲れたようで、7時過ぎには、お布団へ。
「ママと一緒のお布団に寝られるね!」
入院中は、付き添いで泊り込んでいたとはいえ
別々のベッドだったからね。いつもどおり、3人で
ひとつの狭い布団にもぐりこみ。あったかい~
まりちゃんも「ママと一緒~~!」
ふたりとも、安心したように、すやすや・・・・

ねぇ、元気で育ってね。お願いよ。はつくん!まりちゃん!



by なっち | トラックバック(0) | コメント(2) |
入院その後
  | 病気・ケガ | 2014-03-24 22:47 |

色々なモニターや、点滴につながれ
意識の戻らないはつくん。
ママの声なら聞こえるはず!無理やりゆすって
目を開けなさい!!何が何でも、たたき起こしたい衝動に
駆られるけれど、『今、ゆっくり必要な休息を
とることが、何より、一番回復につながる』と、
何度も何度も自分に言い聞かせ。

あんなに元気だったはつくんが・・
うるさいくらい、色んなことを話していたはつくんが・・
謝恩会で見せてくれたランドセル姿が、最後のランドセル姿に
なったらどうしよう・・
卒園式、無理にでも休ませれば、こんなことにならなかったのかな??
ほんの24時間前には、熱はおろか、ナンの症状も無かったのに。
弱気になっちゃだめだ。
あんなに元気すぎて困るくらい体力のある、はつくんだもの
絶対に、絶対に、元気になる。
はつくん、今、一生懸命必死で頑張っているのに
母親の私が、弱気になってどうする??大丈夫。大丈夫。だいじょうぶ・・・

深夜1時40分急にむくっと起き上がったはつくん。
『ママ!トイレ!』突然の、いつものはつくんの声。
ベッドから転げ落ちそうになるのを必死で支え。
ふらついて、体を支えないと倒れそう。でも、何とかトイレを済ませ。
ベッドに寝かせると、暗闇の中で目を開けている
「はつくん?」と呼びかけてみると
「あのさ・・・昨日、ぼく、発表会と謝恩会行ったよね。いけてよかった」
「・・・発表会??」
「・・・・あ!卒園式。僕、ちゃんと行ったよね?」
「いったよ!立派に頑張って、すごく素敵だったよ」
「うん!25人、全員出席。」

それから、安心したように、す~っと眠る。
今度は、寝顔がいつものはつくんの寝顔。
寝ている顔でも、意識の無い顔と、普通の寝顔は違う。
それから、2時、5時、8時と目を覚まし。
そのたびに、ママを確認して、ほんの少しづつ話をして。
あ~~、はつくんが戻ってきた。戻ってきてくれた!!

日曜の朝、トイレに起きるときに『頭が痛い』と言うけれど
朝食も半分ほど食べ。

前日の出来事は、あまり覚えていない様子だけれど
なっちに話を聞いたりして、確認したり。



by なっち | トラックバック(0) | コメント(0) |
緊急入院
  | 病気・ケガ | 2014-03-23 22:09 |

感動の卒園式&謝恩会の後、帰宅し
ねぐずっていた、まりちゃんを寝かしつけたり
洗濯物や、お夕飯の支度・・と、ばたばた・・・

はつくんは、おばあちゃんに相手をしてもらい、ご機嫌そう
症状も「おのどが痛いだけ」と。
・・でも、朝の熱が気になって、「熱だけ、測ってみよう!」
18時半。はかると、39.9度。

18時45分、はつくん、自分でトイレに行く。
なんとなく、気になって、6歳児のトイレ、普段はついていかないけれど
ついていってみると、トイレを済ませた後、床に座り込む。
「どうしたの?」と聞くと
「年長さんになったら、お写真いっぱい撮ってくれる?」
と言って、ピースサインをして、にっこり。
年長さんになったら??今日卒園してきたんだから年長さんは終わりなんだけど・・
「卒園式の後、お友達とお写真撮れなかったの、気にしているの?」
聞いても、返答無く、ピースして笑っているだけ。
おかしい。「ママ、ちょっと抱っこしていくよ。リビング行くよ」

抱き上げて、リビングに戻り、座ろうとすると、
突然、手足を突っ張らせるはつくん。「どうしたの?はつくん、なんかしてる?」
ふざけている・・・のであって欲しい・・が。
白目を剥いて、けいれん。唇が、見る見る紫色になってゆく。
そのまま、そっと抱きしめていると、2分ほどで痙攣は治まるが
10分ほど待っても意識は戻らず。
今まで、熱性痙攣はおこしたことは無い
6歳になってから、初めての熱性痙攣と言うのも、あんまり聞かない。
だんなさまに、救急車を要請してもらう。
電話中に、また小さな痙攣。
寝ているまりちゃんは、おばあちゃんにお願いし
なっちが救急車に同乗。だんな様は、帰宅時のことを考え
自家用車で、病院へ向かう。まだ、このときは
「熱性痙攣で、救急車内で意識が戻り帰宅」と考えていた

救急車内でも、一向に意識は戻らず。
目は開いているけれど、眼球は空転するばかり。
手を握って、呼びかけて。ママの手を、握り返してと祈る。
7時20分。痙攣から30分経過後に、一度救急車内で意識が戻る。
「いたい所ある?」聞くとのどを指差す。
「頭は痛くない?」と聞くと「ママがいるから大丈夫」とだけ、いい、
そのまま、また意識混濁

総合病院到着。意識が戻らないので、点滴しながら検査
なっちは、待合室で、だんな様と合流。長い一時間
9時半。発作から1時間半が経過。もう、意識は戻ったか・・
呼ばれてはつくんのもとへ。期待むなしく、意識はまだ混濁

単純な熱性痙攣とは、違う可能性もあるから
経過を見よう・・と言うことで、そのまま個室に緊急入院。
部屋に行く前、ベッドから飛び降りようとしたり
意味不明言動があったかと思うと、また昏睡になったり・・

個室に入室し、ベッドにうつるとき、「ママと一緒に
今日は、ここにお泊りします。」と、抱っこでベッドに移すと
「やったー」とつぶやいて、また眠り。

だんな様とおばあちゃんにまりちゃんをお願いし
なっちは、はつくんに付き添って入院。
錯乱状態に急になって、ベッドから飛び降りそうになったりするので
目が離せません。



by なっち | トラックバック(0) | コメント(0) |
RSウイルス
  | 病気・ケガ | 2013-10-30 07:54 |

火曜の夕方から40度のお熱を出したまりちゃん
夜も、ずっとぐずって、なっちにべったり
おっぱいを欲しがって、離れると大泣き
真っ赤な顔をして、泣きすぎて、嘔吐しそうになったり
どうなることかと思ったけれど
解熱剤の使用もあり、朝がたには、けろり。
熱は36.9度。

水曜日は、保育園はあきらめ。
なっちが、一日一緒に。日中は、熱もほとんど上がらず。
おかゆを作ったけれど、おかゆは嫌で、
[カレー食べる!まりちゃん、かれーしゅきなの!」
カレーをしっかり食べ。お咳もほとんど出ず。
緊急の仕事だけ片付けに、
まりちゃんも一緒に職場へちょっと顔を出し。

家では、なっちに『いっしょあしょぼ!』と、手を引っ張り。
おもちゃを、なっちの横にせっせと運んでは
「まり、おもちゃたくさん買ってきた!」
はつくんがいないので、おもちゃ全部使い放題。
さらに、ママも独占で、めちゃくちゃご機嫌なまりちゃん。
夕方は、はつくんのお迎えに二人で行き。
[まりちゃん、40度お熱でたから、お休みしたよ!」
とはつくんに言うと、[オレなんか90度でたことある!」と自慢げ
90度って・・・『オレに触れんなよ!やけどするぜ!』ってレベル・・39度でしょ?

それはさておき。お熱が出て24時間たてば
抗体検査ができるので、水曜の夕方小児科へ再受診
夕方から、熱が上がってきて38・5度
検査の結果RSウイルス。

日中のご機嫌さんとは、別人のように
夕方から夜になると熱が上がって、大泣き。

木曜日は、病児保育・・・病気の子を預かってくれる保育室の
隔離室を予約。キャンセル待ち



by なっち | トラックバック(0) | コメント(0) |
風邪
  | 病気・ケガ | 2013-01-30 07:51 |

心配していたインフルエンザは陰性。
と言うわけで、ただの風邪(?)
昨日は、なっちの職場の、なっちの部屋で過ごし。
なっちが部屋を留守にするときは
はじめ、「一緒に行く!」と言ったけれど
さすがに、それは無理・・なので、お話しすると、
はつくん、一人でお部屋で待っていてくれて。
なっちが、部屋で書類仕事のときは
折り紙をしたり、パズルをしたり・・

お昼過ぎには、ソファでお昼寝。
なっちの顔を薄目を開けてみながら
なっちの存在を確認できると、安心したように
眠りに落ちて・・・

お夕方には、大分元気になって、お食事もしっかり食べれて。
でも、夜8時ごろには、「もう眠たい・・」とぐったり。

早めに寝かせたけれど、朝は
7時過ぎに「保育園お休みで良い?」と
聞いてみても、ぐっすり・・・
よ~く眠って目覚めると、すっきり治ってくるから
もう少しかな?眠ったままでの体温は37.2度。

昨日は「元気になったら明日保育園行くけど
弱っていたら、ママと一緒に今日みたいにしたい」
と言っていたので。
今日も、一緒に職場に行って、なっちの部屋で
なっちが仕事が終わるまで、待ってもらう予定

職場の方も、なっちが部屋を留守にする間は
「何かあったら、ここにいるから言ってね!」と
声をかけてくれたり、カップケーキを
差し入れしてくれたり・・ありがとうございました

今回は、緊急事態で、苦肉の策で
職場に連れて行く試みだったのだけど
好待遇に、気に入ってしまって、保育園の休み癖が
つかないと良いな~(笑)

でも、体が弱っているときは、ちゃ~んと怠けて
しっかり体力回復させたほうが良いから
休もうね。週末のマラソン大会は
楽しみにしていたけれど、ちょっと無理かな~?

画像は、以前のもの



by なっち | トラックバック(0) | コメント(0) |
嘔吐下痢。その後
  | 病気・ケガ | 2011-06-01 07:57 |

月曜日から火曜日にかけて、パパ不在
そんなときに・・なっちの下痢は止まらず。
夜中に何度も起き・・その気配を察して
はつくん、寝ぼけながら「ママ~ふぇ~ん」と泣いて
なっちはトイレから「ママいるよ~大丈夫だよ~」と声をかけ
急いで戻ると、ママを探して、お布団の中を動き回り
おかしな体勢で、力尽きてばったり・・行き倒れのはつくんを発見
またお布団の中に戻し・・・

そんなこんなで。ようやく迎えた朝方5時
はつくん、起きたと思ったら、少量嘔吐。そしてまた熟睡。
はつくんは、お熱もないし、下痢も止まってきているし。
お腹も痛くないと言うし、食事も取れるから
もしかしたら、夜、なっちがばたばたしていたせいで
あまり眠れなかったからかも・・ゴメンね
でも、もとはと言えば、はつくんの吐物処理から
感染したと思われるんだけど・・そんなのはつくんには判らないものね

昨日一日、なっちは、お腹は空くような気がするんだけど
また下痢がひどくなるのが怖くて、あまり食べられず。
胃腸を休ませたほうがいいのかな?
でも、ベビちゃんのためには、ちゃんと食べたほうがいいような・・
起きて、お仕事している間は、大きくなった子宮が
腸の動きを妨げているのか、あまり下痢は無いのだけど
お夕方になるとお腹が張ってきて。
帰宅後、横になったら、腸が動き出すのがよくわかって、下痢再開
ぎゅるぎゅる~と動くのが、なんと、肋骨の下あたりで聞こえて
腸が、こんなところに押しやられているんだな~って

お腹が張るのが苦しくて、横になっていたら、はつくん心配して
「ママ、お腹痛いの?こうしてこうしてする?」
・・・はつくんがやって見せたのは、なっちがお風呂上りにしている逆子体操・・・
いやいや・・逆子ちゃんのせいでお腹が痛いわけじゃないんだけど・・
心配そうに、あれこれ声をかけたり、お腹をいいこイイコしたり
イタイイタイトンデケしてくれたり・・はつくんなりに理解して
彼の知る限りの知識を総動員して、あれこれ手を尽くしてくれるはつくん。
なっちを寝かせておいてプラレールして遊んでいいよ~と言うのだけど
そんなの絶対いや!みたい。(むしろ放って置いて・・とは言えません)
暫く、ママに付き添っていても、すぐには良くならないので
ついに不安がピークに達したらしく
「ママ、お腹痛いのいや~おきて~おきて~」大泣き。
なっちが起き上がったら、ちょっと安心したようで、にっこり。

二人とも、早く全快するといいね。
今朝は、それでも、少し良くなったみたい。いや、良くなって欲しい・・
残すところ、あと12日となった「安定期」
妊娠初期は、不安だらけだった割りに、つわりも軽くて楽だったけど
今回は「安定期」が・・風邪で熱を出したあと、副鼻腔炎になったり、
切迫早産と言われ続けたりそして、今回の急性胃腸炎・・
なんだか落ち着かない安定期。その分、妊娠後期は順調だといいな~
ベビちゃんに、できるだけ快適な環境を・・と思っているのだけど
なかなか思うように行かなくて、済まない気持ちです



by なっち | トラックバック(0) | コメント(0) |
嘔吐下痢
  | 病気・ケガ | 2011-05-30 08:32 |

はつくん、夜寝ているときでも、もぞもぞ動いて
なっちの枕の横に寝ていたと思ったのが
いつの間にか、足のほうで寝ていたり
お布団から外れて寝ていたり・・
日曜日の早朝3時ごろ、やっぱり今日も
なっちの足元のほうへ、動いていったな~・・と
夢うつつに感じていたら、なにやら、突然生暖かいものが
なっちの足の上に・・ん??え??
はつくん、吐いた??大丈夫??
「電気つけて~!!」でもできるだけ、足を動かさないように
起き上がってみると、はつくん、ちょこんと座って
「きもちわるい~」と。もう一度、少量嘔吐。
泣くことも無く、お腹を痛がることも無く。
だんな様に、はつくんをお風呂場に連れて行ってもらって
なっちは、自分の足とシーツの処理・・

はつくんは、吐いたらスッキリしたようで
その後、着替えてお布団ですやすや・・・
念のためお熱も測ってみたけれど、平熱。
朝にはいつもどおりの寝覚め。おかゆを食べて・・
その後嘔吐は無し。下痢が2~3回出て、もう収まったみたい
食欲も通常通りに有りそうだし。
安心していたら、日曜の夕方頃からなっちのお腹の具合が。
どうやらうつったみたい・・・吐物の処理のとき
手袋しなかったからかな・・
吐かないけれど気持ち悪くて食欲低迷&下痢。なっちにしては珍しい。
体調管理、気をつけないと。



by なっち | トラックバック(0) | コメント(0) |
前の10件  
利用規約 |  ブログの開設 |  個人情報の取り扱いについて |  ピジョンインフォについて |  妊娠・出産・育児情報サイト ピジョンインフォ
問い合わせ |  ピジョン株式会社
Copyright(c) PIGEON Corporation All Rights Reserved.